« がんが治った?と言っても。。 | トップページ | やりがちな失敗 »

安心のためのコスト

 ニュースより。

 福島第一原発の事故を受けての放射線の問題で、
首都圏でも、条件を変えての放射線測定のニュースが相次いでいる。
文部科学省が測定しているのだけれども、自治体独自でやるケースだ。

一つだけニュースにリンクしておく。

放射線量が最大3倍

以下、一部引用

福島第1原発事故を受け、川崎市は今月10日から放射線量を独自に測定し
始めたが、14、15日に公表した速報値は通常の大気調査の最大約3倍とな
った。新たな調査は地表により近い場所で測定しているだけに、幼い子ども
を持つ保護者からは「子どもが遊ぶ高さで継続的に測定してほしい」といった
声が上がっている。

引用終わり

.

 とりあえずの私の感想。

首都圏がやばいことになってたら、福島はどうなるのよ??

 なんで、自分のことしか考えられないんだろう・・・。

.

 ここまでの経緯をかいつまんで書くと、
文部科学省が毎日のように発表していた放射線量のデータ。
実は、測定する高さがバラバラという問題があった。

 地表1mで測定しているところもあれば、
もっと高いところで測定しているところもあった。
 放射性物質が降下して、地表に積もっている・・・と考えるなら、
地面に近いほど放射線量は高くなるはず。
また、実際に生活しているのはどこかっていうと、
地面に近いところな訳で。
地上12mのデータって何よ?っていうのはわからんでもない。

.

 引用したニュースでは、地面に近いところでは、3倍の数値がでていた、
ってことなんだけれども・・・。
それでも、0.14μSv/h。健康に影響のあるわけはない。

 ちなみに、世界平均で0.27μSv/hだ。やれやれ。
世界平均よりも低いってことは、放射線が怖い人は
むしろ日本に集まるべきじゃないか?

 もっとも、上記リンクではこの数値を「安全」とは見れないようだけど。

.

 なんというか・・・。地表で計測しても大したことはないってのは、
十分に予測できると思うんだが。
もっと原発に近い地域のことを考えてみればわかるだろうに
これはもう、「安全のため」というよりは「安心のため」だな。
理屈じゃないんだろう。

 しかし、これらの計測にしてもコストがかかっていることを
忘れないでもらいたいと思う。
新規に測定器を購入したような自治体もあるかも知れない。
そうでなくても、間違いなく人手は割いているわけで・・・。

.

 個人(あるいは団体で)測定器を新たに購入して、
子ども達の安全を守る・・・みたいな話もあるけどさ。いやはや。

.

 そんな金があるなら、被災地に送れ!

.

 いや、原発に近い地域でやる分にはこんなこと書かないけど。
首都圏でやるのって、どうなの?
そのコストを、ぜひ、ほかのことに使ってもらいたいと思うけど・・・

.

 結局のところは、国や文部科学省が信用されてないことが
原因のひとつとして考えられる訳で。
もはや、ため息しか出ないな・・・。

|

« がんが治った?と言っても。。 | トップページ | やりがちな失敗 »

('10~)コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/51955333

この記事へのトラックバック一覧です: 安心のためのコスト:

« がんが治った?と言っても。。 | トップページ | やりがちな失敗 »