« 絵本について | トップページ | 安心のためのコスト »

がんが治った?と言っても。。

 世の中には、「○○でがんが治った!?」というような宣伝文句をよくある。
実際には、どんなもんなんだろう??

 全くの捏造なら論外として、そうでなくてもどこまで信用していいやら・・・。
そういう研究が発表された。

.

国立がん研究所の調査報告なんだが・・・

がんの自己申告の正確さについて

がんの患者さんに対して、アンケートを行ったらどうなるか?
自己申告がどれくらいあてになるのか?という話だ。
近年は、がんは告知するのが一般的だけれども、
実際にアンケートをとるとどうなるのか?

以下、一部引用

何らかのがんにかかった人全体のうち、アンケート調査でも「がん」にかかった
と自己申告していた人は、53%でした。また、「がん」にかかったと自己申告し
ていた人のうち、本当にがんにかかっていた人は60%でした。
これを言い換えれば、47%の人はがんにかかってもそれを知らないか
言いたくないなど、何らかの理由で「がん」にかかったことを自己申告しない

また、40%の人はがんではなかったのに「がん」にかかったと誤って申告した
ことになります。

引用終わり。

 ようは、アンケート側は実は追跡調査ができるので、
「本当にガンにかかったかどうか」がわかるんだけれども、
それを知らない患者さん側が、どのように答えるか?という話だ。

 本当はがんにかかっているのに、そう答えない人もいるし、
がんにかかっていないのに、「がんにかかった」と言う人もいる。
それも、相当な数にのぼる、と。

.

 理由は色々あってわからないんだけれども、
この結果から考えるに、

「がんに対する自己申告なんざ、ほとんどあてにならない」ということが判る。
自己申告を元にしている研究も、あてにならんってことだな。

 そう考えると、

「○○を摂取してがんが治った!」なんて話は、
そもそも、本当にがんになっていたのか、から疑う必要が出てくる訳で。
他人の体験談なんて、もともとあてにならないもんだけれどもね。

 捏造ではなくても、本人が(勝手に)がんだと信じ込んでいるケースが
かなりの割合である、となると、もはや何を信じていいのかわからんな。(苦笑)

 体験談ではなく、ちゃんとした症例報告が必要ってことか。
本当に効果があるものがあったとしても、これは一筋縄ではいきそうにない。

|

« 絵本について | トップページ | 安心のためのコスト »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/51937272

この記事へのトラックバック一覧です: がんが治った?と言っても。。:

« 絵本について | トップページ | 安心のためのコスト »