« うっかりペネロペ | トップページ | 11年連続はならず »

4番目のDPP-4阻害薬

 新薬の話。

 この秋に新発売になった医療用医薬品。
正直、パッとした薬はないなぁ、、という印象だ。

 ネキシウム(一般名:エソメプラゾール)は世界的には売れている薬。
たぶん、日本でもそれなりに売れるだろうけれども、
所詮、オメプラール他(一般名:オメプラゾール)の光学異性体に過ぎないし。

 ボノテオ/リカルボン(一般名:ミノドロン酸)のマンスリー製剤は、
便利といえば便利だけど、目新しさはない。

.

 その中でも、「これはきついな」と思わせてくれたのが、
国内4番目のDPP-4阻害薬となるトラゼンタ(一般名:リナグリプチン)だ。

.

 いや、薬自体は全く悪くない。むしろ、よい薬だと思う

DPP-4阻害薬は、糖尿病治療薬として新たなポジションを確立しつつあるし、
そもそも腎障害を起こしやすい糖尿病患者さんにとって、
腎障害を気にせずにすむ、胆汁排泄型の薬剤というのは、使いやすい。
4番目とはいえ、ちゃんとセールスポイントを持っている。

 問題は・・・保険適応だ。

.

 今どき、「単独療法」しか使えないっていうのはきつすぎる。

.

 DPP-4阻害薬は、なぜか薬によって適応範囲が異なっていた。
正確には、「併用できる薬の範囲」がばらばらだった。

以前、このブログでも言及したことがある。

エクアとアクトスの併用」(2010/7/25)

.

 現在では、かなり解消されていて、
ジャヌビア/グラクティブは全種類併用OK
ネシーナは、インスリンとの併用こそ認められていないが、経口薬は全てOK.
エクアは・・・まだSU剤だけのようだけど。

 そんな中、新薬とはいえトラゼンタは、どの薬との併用もNGなんだから。

.

 糖尿病の治療は、数種類の薬を併用する患者さんも多い。
さらに言うなら、トラゼンタは「腎障害に強い」薬。
腎障害を起こしている患者さんは、糖尿が進行している可能性も高く、
なおさら併用療法が多いのではないか?

 仮に、全くの新患さんで、トラゼンタ単独で治療を開始したとして、
それだけで血糖コントロールがうまくいかなかった場合は?
他剤との併用が認められていない以上、トラゼンタに
他剤を追加することができない。他の薬に変更する必要がある。
・・・それなら、最初から他の薬の方がいいんじゃないか?

.

 新薬というのは、発売後1年間は、処方日数が原則として14日まで
というルールがある。
1ヶ月どことか、2,3ヶ月の長期処方が当たり前となっている昨今では、
この「14日しばり」のルールは非常に厳しく、
病院での採用は実質一年経たないと難しい・・・。
ただでさえ、そんなしばりがあるのに、トラゼンタはさらに厳しいハンデがあるわけで。

 せめて、併用療法を保険適応にしてから発売してくれれば。
・・・と思ったところで気が付いた。これ、最初から計算づくなのかも?

 どうせ発売後1年は大して売れる訳はない(14日しばりのため)んだから、
適応は少なくても、発売だけは早めにしておいて
併用療法の適応拡大はゆっくりやろう、という腹なんじゃないか?

 発売当初からの併用療法の適応を考えると、発売自体が遅くなってしまい、
結果として「14日しばり」が外れるのが遅くなってしまう。

なら、「試験が足りなくて単独療法しかできないけどとりあえず発売」しちゃって、
あとでゆっくり適応拡大すれば、「14日しばり」が外れる頃には
ちゃんと適応拡大して使いやすくなっている、という計算なのかも。

 適応拡大は、どう考えても既定路線のはずだからなぁ。
なるほど、MRがあんまりやる気ないのはそのせいかも。w

.

 別にルール違反という訳ではないし、そもそも私の勝手な邪推にすぎないかも
知れないんだけれども・・・。なんていうか・・・。

未完成(ベータ版)で発表して、ユーザーにデバッグやらせるソフト
みたいな感じがしてならないんだが。w

・・・念のため。もう一度。薬自体は、よいものだと思います。はい。

 

|

« うっかりペネロペ | トップページ | 11年連続はならず »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
為になる薬の話や育児の話を、いつも楽しく拝見させて頂いております。

特に薬の話は、私自身がDCMを患い多くの薬を処方されていまして、関心と興味を持って見ております。
また、私自身が育児中でありまして、絵本の話も参考にさせてもらっています。

それでは、また立ち寄らせていただきます。

投稿: 監督 | 2011-09-29 11:08

何で糖尿病薬には併用薬の縛りがあるのかが長年の疑問です。

トラゼンタに関しては食事・運動療法で効果が得られない=すでに薬物療法を行っている場合と裏読みして併用OKとするのはダメでしょうかね(汗)

基本注意にもSU薬との併用についても書いてありますし、メーカーとしても併用について考慮してあるのかなと思いますが

投稿: マサ | 2011-09-30 13:03

>監督さん

 コメントありがとうございます。
話があちこちにとびまくる雑多なブログですが、
よろしくお願いします。
 育児系の話は、基本的に自己満足の世界なんで、
読者がいると少し緊張するかも。(苦笑)

>マサさん

 なんで、縛りがあるんでしょうねぇ・・・。
歴史があるのかも知れませんが、私はわかりません。
現状、無意味としか言いようがないですね。

 実際の審査がどうなるかは、また別の問題です。
案外、スルーしてくれそうな気もしています。
ただし、レセプト請求の電子化が進んでいるので、
コンピュータが「機械的にはじく」可能性が
あるんですよね。

 今までの感覚だと、そこまで厳しく審査されないと
思っていますが、やってみないとわからないですね。
都道府県により、地域差もありそうです。

投稿: kitten | 2011-09-30 22:59

トラゼンタに期待していましたが他薬との併用がNGという事なら魅力半減です。
食後高血糖を防ぐお薬と是非併用したかったのですがー。

投稿: やまんば@糖尿病 | 2012-07-31 14:21

 もう発売から1年近く経つんですけど、
まだ他薬との併用について認められたという話は聞きませんね。
いずれ、認められるとは思うんですが・・・
そうでないと使いにくいことこの上ないですし。

・・・実は、今年の9月にもう1剤この系統の薬(DPP4阻害)が
発売予定なんですが・・・、これもトラゼンタほどではないにせよ、
それなりに縛りがあります。
 

投稿: kitten | 2012-07-31 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/52847322

この記事へのトラックバック一覧です: 4番目のDPP-4阻害薬:

« うっかりペネロペ | トップページ | 11年連続はならず »