« 「インフル予防」トローチ?発売中止 | トップページ | アレジオン10 発売 »

ゆうびんひこうきこうのとり号

 絵本の話。

 といっても、最近借りた本ではなくて、かなり前の本。

ゆうびんひこうきこうのとり号

(例によって、上記リンク先は絵本ナビ)

.

 確か、幼稚園で借りてきた本だと思う。

 簡単にストーリーを説明すると、かつて大活躍した「ゆうびんひこうき」が、
長いこと倉庫に眠っていた。(擬人化されてる)
あるとき、みずから飛び立った。まだまだ動ける、仕事が出来る。
かつて、子ども達にとって憧れの存在だったゆうびんひこうきが、
再びよみがえった、、という話。

.

 この絵本の特色は、、とにかく、リズム感のよさ。これにつきる。
もともとはドイツの絵本を、日本語に和訳しているはずなんだけど・・・。
なんで、五・七調とかにできるんだ?
翻訳した人が、うまくやっているんだろう。
(翻訳者をすごい、と思ったのは初めただ。w)
 元々のドイツ語も、こんな感じなのかな?

 子どもを寝かせるには、最適の絵本だった。w
最後まで起きていることの方が珍しいくらい。
まぁ、それはそれで絵本としてどうか、とも思うが、
親としてはありがたい。

.

 ただ、話が面白くない訳ではない。
このバランスがよかった。
(リズム系の絵本は、話としては面白くないものが多い)
行きつけの図書館にあれば、また借りてみたい。

|

« 「インフル予防」トローチ?発売中止 | トップページ | アレジオン10 発売 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53087111

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうびんひこうきこうのとり号:

« 「インフル予防」トローチ?発売中止 | トップページ | アレジオン10 発売 »