« 巨人軍の内紛 | トップページ | 大阪ダブル選挙 »

10%強の差を考えてみた。

 元ネタはニュースなんだけれども、

 それを基にした小ネタ。(というか、ばかっぽい考察。w)

.

 Yahooニュースより。

「交際相手なし、過去最高」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000601-san-soci

以下、一部引用

.

18~34歳の未婚者のうち、「異性の交際相手がいない」とする
男性が61・4%女性が49・5%と、いずれも過去最高となったことが
25日、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。

引用終わり。

 記事の元ネタになっている調査にも、リンクはっておく。

http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou14_s/doukou14_s.asp

 結構、細かいところを気にすると面白い。w

.

 さて、今日の話のネタとするのは、「異性の交際相手がいない」割合の
男女差について。

 なんで、10%以上も差があるの?を考察してみた。

.

 まず、同年代で同数の男性と女性がいて、
一人の男性が、一人の女性と必ず一対一で対応する、とするならば、
この「交際相手いない」割合は、一致するはずである。

 例えば、高校で一クラス40人、男子20人、女子20人とする。
必ず同じクラスの子と交際する、とするならば、「交際相手がいる」人数は、
男女で一致するはずだ。当然、逆もしかり。

 この、「同年代で1対1で対応する状況」を「理想」とするならば、
なぜ、理想状態から離れてしまっているのか?

.

 まず考えられるのは、そもそも男女同数でない、と。
出生の時点では、男子か女子よりもわずかに生まれやすい。
調査年代だと、だいたい男女比が51:49くらいになると思う。
(もうちょっと年を取ると、男の方が死にやすいので男女比は逆転する。)

 なので、これだけでも男子の方が余りやすい。
=交際相手がいない率が高くなる。

・・・でも、これで差がでるのってせいぜい2%じゃないかな?

.

 次に考えられるのが、この調査対象外の人と交際している可能性。

 つまり、35歳以上の異性、あるいは18歳未満の異性と交際していれば、
それだけ数値がずれることになる。

 まだまだ、男性の方が年上のカップルが多いと思われるので、
ここでも少し差が出る・・・かとは思う。
ただ、常に男性の方が年上という訳でもないし。
さらに言うなら、18歳未満と交際している人間だっているだろう。
 とんとん、とまではいかないだろうけれども、
これだけで残りの9%を説明できるとは、ちょっと思えない。

.

 では、残された可能性は?

 同性愛・・・は否定しておこう。w
何しろ設問が「異性との交際」であるからして。

.

「調査対象外の人と交際している」の別バージョンとして・・・
交際相手が独身でない場合」もありえるな。(汗)

 これも、感覚的には「既婚男性ー未婚女性」の組み合わせの方が
多そうだけれども・・・。この組み合わせで何%もあったらちょっと怖い。
いや、あるかも知れないけど、「既婚女性ー未婚男性」の組み合わせとの
差が問題になるわけだし・・・。

.

 ここまでのパターンでは、どうも10%差が納得できない。
そこで、もう一つのパターンを考えてみた。

複数の異性と交際している場合」これも、ありえなくはないな。
特に、イケメンな男子が二股(あるいはそれ以上)をやると、
交際相手のいない男子があぶれる。w

 これも、二股(以上)をかける女性よりは、男性の方が多い気がする。

.

 実際のところ、これらの複合によっておこるんだろうけれども・・・。

 ところが、もう一つの可能性がある。
実は、これが決定版になると・・・思っていたんだけれども。

「交際」と言っても、「恋人」とは限らない。w

「なんじゃそれ?」ってなるけれども、実はそうなんだ。
設問を見ると、「交際相手がいる」「いない」ではなくて、

「婚約者がいる」「恋人として交際している異性がいる」
「友人として交際している異性がいる」「交際している異性はいない」

の4択なのね。w

.

 そうなると、そもそも一対一の原則が崩れてしまう。
あくまで「友人」として交際しているんだったら。
もっとも、どういう状況をさすのか、かなり疑問だが。w

 ここでも、男女差は出るだろう。
「異性の友人」が多いのは、どちらかというと女性の方だ。
男性の方が、積極性にかける、ということでもある。

 なぁんだ、そういうことか。

.

 ・・・と思ってちゃんと元データを当たると・・・、

うーーーん・・・。「恋人」で男女差8%。「友人」で3%差がついていた。
友人でもっと差がつくのかと思ったが、そうでもないらしい。

.

 結論として、この交際している異性のいない「男女差」の内訳は、

「そもそも男女比が違う」で、2%差。
「友人として交際している」で、3%差。

 残りの6%強を、
「対象年齢外の相手とつきあっている」
「二股(以上)をかけている。かけられている」
「相手が独身でない」

 で説明しなきゃいけない訳か。(苦笑)
「対象年齢外」での男女差を3%くらいにみつもると、
あまりよろしくない二股や不倫の差が3%くらい?

 恋愛に関しては、やっぱり男の方がキタナイ気がする。w

|

« 巨人軍の内紛 | トップページ | 大阪ダブル選挙 »

('10~11)日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53335189

この記事へのトラックバック一覧です: 10%強の差を考えてみた。:

« 巨人軍の内紛 | トップページ | 大阪ダブル選挙 »