« 45万ヒット | トップページ | 2歳3ヶ月 »

誰が在宅を望むのか?

 入院から在宅治療への変換が叫ばれて久しい。

 特に、来年4月は、介護と医療のダブル改訂。
診療報酬は、2年に1度の改訂。
介護報酬は、3年に1度。なので、6年に1度、重複することになる。
ここで、一気に在宅に舵を切りたい・・・のかな。国は。

 だいぶ前の話だけれども、ロハスメディカルで
「入院から在宅へ」という考え方について、という記事がでていた。

http://lohasmedical.jp/news/2011/09/21215140.php

.

 少し、引用する。(以下引用)

.

2025年には、昨年度の1.5倍の方が亡くなる。年間死亡者がですね。
ということは、1回入院して1回で亡くなっても、入院患者さんの数は1.5倍だと。

2回入院して2回目に亡くなるとすると、入院患者さんの数は3倍になる。
単純な計算です。3倍になる入院患者さんに対して、
病院・病床を増やそうという気はないですね、国は。

そうなると、従来のままいきますと、病気の人の3分の2が病院に入院できないか、
または入院する期間を3分の1にするか
、このどっちかしかないんです。

.

 引用終わり。(強調は引用者)

 つまり、従来のまま(=入院して病院で亡くなる)だと、
病院がパンクするのは時間の問題。
医療保険としても、病院や病床を増やす余裕はない。

 ここから導かれる解が、「在宅」ということになる。
これは、もちろん従来なら入院してゆっくり治療していた人に、
自宅で療養してもらう、という意味もあるが、
 逆に言うと、今までよりも重症な人を家に送り返す、ということだ。

 そこで、介護保険制度を使って、在宅の支援を行うことが、
急務になっている、わけ。

.

 ここで、こう聞いてみよう。

「あなたは、家族に見守られながら自宅の畳の上で最期を迎えたいですか?」
「それとも、冷たい病院のベッドの上で、最期を迎えたいですか?」

 こう聞くと、ほとんどの人が前者を選ぶんじゃないだろうか。w
つまり、患者さんのためには、在宅医療の方が好ましい、と。

.

 実は、質問自体がかなりアンフェアだ。w

 在宅だからといって、「家族に見守られながら」となるとは限らないし。
(「朝起きたら冷たくなってた」なんてこともあるだろう。)

 そもそも、「冷たい病院のベッド」って、印象操作もいいとこだな。w
ただ、在宅医療に関して、そういうイメージを持っている人も
多いんじゃないかな、と思う。特に、現場を知らない一般国民は。

.

 じゃぁ、こう聞いてみたらどうだろうか?

「あなたは、自分の家族を最期まで在宅で支え、見送る覚悟がありますか?」

.

 患者さんにとっては、「最期は家で」というのは理想かも知れないが、
介護者にとっては、いくら介護保険の支援があったとしても、
かなり負担を強いられるものだ。

 なので、一時は在宅に戻っても、また入院する人が多い。
私は在宅の経験はほとんどないけれども、
慢性疾患ですら、かなり大変そうに思える。
末期がんともなると、家族にどれだけの覚悟が必要か・・・。

.

 ロハスメディカルの記事から、もう少し引用する。

以下、引用。

.

財務省は、どんどん家で死んでもらって、老健でも特養でも在宅でも居住系でも、
どんどんそこで死んでもらって、病院に行かないほうがいい。

 ま、これは一番いいけども、果たしてそうなるかどうか。
家族がそこまで耐えられるかどうか。ということになると、
まあ、私はフランスやアメリカのようには、なかなかいかないんじゃないかなと。

.

 引用終わり(強調は引用者)

 患者としては、自宅で最期を迎えたい。
介護者(家族)としては、やはりかなりの負担を強いられる。
もちろん、表向きに介護者の意見がでてくることは少ないが。
(世間体ってもんがあるから)

 さて、国民全体の総意としては、どちらに動くだろうか?

.

 これは、国民全体としての「死」に関する意識改革が必要になる。
もともとは、「家で死ぬ」ことが当たり前だったが、それが次第に
「病院で死ぬ」ことが当たり前になった。

 その意識を、また元に戻せるかどうか、ということになるのかな?
私が死ぬときには、どうなっているだろうか?
もっとも、病気で死ぬとも限らないから、なんとも言えないが。

 

|

« 45万ヒット | トップページ | 2歳3ヶ月 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53200365

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が在宅を望むのか?:

« 45万ヒット | トップページ | 2歳3ヶ月 »