« 「まおゆう魔王勇者」 | トップページ | 福島2号機からキセノン検出 »

そらいろのたね

 月初めの水曜日は、確定拠出年金データ・・・
だけど、まだデータをまとめてないので来週に回す。w

.

 というわけで、水曜日恒例の絵本。

 今回は、「そらいろのたね」を紹介する。
例によってリンクは絵本ナビ

.

 作者は、なかがわりえこ と おおむらゆりこ

「ぐりとぐら」のコンビだ。発行日が1967年って・・・すごいな。
40年以上前の絵本なんだけど、今読んでもそれほど違和感がない。
(せいぜい、子どもの名前がイマドキじゃない、程度)

.

 話は、ゆうじという男の子が、森のきつねと宝物をとりかえっこする。
そらいろのたねをもらってゆうじくんは、水をやると、
そこからそらいろの家が生えてきて、どんどん大きくなって、やがて豪邸に。

 そこで、きつねが帰ってきて、「やっぱり返して」と・・・。

.

 まぁ、わかりやすい話だと思う。
やっぱり、たねをうえたら家がはえてくる、という発想がすごい。
子ども受けするに決まっている。

 でも、実はポイントはもうひとつあって・・・

.

 こっそりと、ぐりとぐらが出演していること

 だろうな。
子どもは目ざとく見つけたわ、これは。

よく見ると、いろいろとキャラを使いまわしてるっぽいなぁ・・・。
話の関係性はそんなに見えないんだけど。

|

« 「まおゆう魔王勇者」 | トップページ | 福島2号機からキセノン検出 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53132962

この記事へのトラックバック一覧です: そらいろのたね:

« 「まおゆう魔王勇者」 | トップページ | 福島2号機からキセノン検出 »