« 「おとーたま」 | トップページ | インフルエンザ注意報 »

先発品への代替調剤を認めて欲しい

 元ネタは、薬局のオモテとウラさんの話。

http://blog.kumagaip.jp/article/51860980.html

 さらに言うなら、日経DIオンラインに掲載されている。
(こっちは、会員じゃないと読めない。)

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201112/522854.html

.

 ようするに、

「レニベース 5mg 0.25錠」という処方があり、
1/4錠は分割するには誤差が大きすぎる(しっかり1/4は難しい)。
かといって、粉砕したとしても、分包機のロスなんかも考えられる。

 なので、「レニベース2.5mg 0.5錠」に変更できないのか?
と、病院に問い合わせたところ、
「病院の採用薬リストにないので無理です」と断られて、
それってどうなの?という話だ。
 どちらのページも、コメントであふれかえっている。

 採用薬にないであろうことは、分かっている訳で。
調剤する薬剤師の手間を省きたい、という理由がゼロではないにしろ、
それは患者さんの待ち時間とイコールな話でもあるし、
何より、誤差やロスが大きくなる分、医師の希望通りの
効果を発揮できるかどうかが、やや疑わしくなる。

 患者さんのために、変更したい、という気持ちなんだけどな。
それを、病院は病院の都合で断る訳だ。

.

 私なら、おそらくジェネリックを勧めると思う。
後発医薬品を使った代替調剤であるならば、規格(mg数)の変更は可能だから。
先発とジェネリックの品質の差よりも、1/4錠の品質の方が信頼できない。

 じゃ、ジェネリックができて、なんで先発品はできないの?ってことになる。

.

 病院側の言い分としては、変更は全て記録しなければならない以上、
マスタの登録が必要になる。採用規格が複数になると、ミスが多くなるので
避けたい、ということなんだが・・・。

 レニベース錠5mgと入力するところを、2.5mgで入力してしまうような
ミスがあると、この方が危険だ、と。

 でも、それなら後発品の代替調剤はどうやっているのか、理解に苦しむ。
そこは、記録していないんだろうか??

.

 他にも、例えば「シナール顆粒」が処方されていて、
「私は錠剤がいい」という人に対して、錠剤に変更することはできない、
なんてこともある。
 町の薬局であれば、柔軟に対応できるはずのことが、
病院の採用薬、という縛りが邪魔で対応できない、ということがある。

 それじゃ、そもそも何のための医薬分業だよ、という話にもなる。

.

 私の提言としては、ベストは全て一般名で処方してもらうこと
それも、剤形は指定しないこと。
 あくまで、「この成分を、1日これくらいの量」とだけ処方してもらい、
後は薬局と患者さんが相談して決める、というスタイルにしたい。

 それなら、「錠剤がいい」とか「粉がよい」とか、
そういう希望にも対応できるし。
 メーカー違いの同じ薬(例えば、ステーブラとウリトスのような)にも
対応しやすくなるし。
 無駄な半錠(リピトール10mgの半錠とか)や、
無駄な2錠服用(アクトス15mgを1回2錠とか)も、
適正に処理できる。

 ただし、逆にあまり在庫を持ちたがらない薬局が、
患者さんを説得して、意味のない変更をするかも知れないが・・・。
(ディオバン160mg1錠を、80mg2錠で出す、とか)
 そういう薬局は、患者さんの側で排除すればいいんじゃないか、と。

 地域にもよるだろうけれども、薬局なんてどこを選んでもいいんだから。
いつまでたっても、自分に合った薬を入れてくれないのであれば、
薬局を変えればいい。
 それは、病院を変えるよりも簡単だろう、と思う。

.

 ただ、一般名処方はやっぱり医師の側のハードルが高いように思う。
それなら、先発→後発や、後発→後発の代替だけではなくて、
先発→先発も含めて、全て代替調剤を可能な仕組みにしてれればいい。
 どうしても変えて欲しくない場合は「変更不可」と書いておけば
いいだけの話だ。

 一昔前であれば、「そんなややこしいこと、とんでもない」という
話も出たかも知れないけれども・・・。
実際、ジェネリックの代替調剤が始まってもうかなりたつ。
最初は「そんなややこしいこと」と言われていたが、
なんとかやってこれている。
 今なら、先発→先発の代替調剤もやってやれないことはないだろう。

 だいたい、融通が利かないのは採用薬リストでがちがちの病院だけだ。
町の診療所なんかは、気軽に変更に応じてくれる医師の方が多い
たいてい、「患者さんがそれでいいなら、いいよ」で通してくれる。
 薬局の都合もない訳ではないけど、患者さんの不利益と重ね合わせて
判断していることもある訳で。

 例えば、卸が閉まっている土曜日に、こちらの採用がない処方せんを持ち込まれて
別規格なら出せるのに、処方元も閉まっていたりすると、もう公式には手が打てない。

 正直に言うと、勝手に変えて、事後承諾をもらう、ということもやっている。
明らかに法律に触れるけれども、患者さんのため、しかたない。
 これを、せめて「法律に触れない」ようにして欲しい、という願いもある。

 薬のことは、薬局と患者さんが相談して決める。
医師には後で報告する。そういう方向でルール決められないだろうか?

|

« 「おとーたま」 | トップページ | インフルエンザ注意報 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

>でも、それなら後発品の代替調剤はどうやっているのか、
>理解に苦しむ。
>そこは、記録していないんだろうか??

現時点では記録しないといけないということにはなっていないようですね(記録しないといけないのであればもっと後発医薬品変更不可が多いはず)疑義解釈資料かなにかで見た記憶があります。

後発医薬品の規格変更、類似する剤形への変更は認められてからまだ2年しかたっていません。この2年薬剤師はどう対応したのでしょうか?私自身の周りではあまり規格変更、類似する剤形への変更は見ておりません。「後発品で問題なかったのだから」というのはまだ早いかと感じますねえ。

>町の診療所なんかは、気軽に変更に応じてくれる医師の方が多い。

これは単に規模の差でしょう。全部自分で把握できるからってだけだと思います。というか患者に来てもらってなんぼですので患者の言うことはまず聞きますよね、個人医院の先生は。

いずれにしても今後、薬剤師が代替調剤の実績ををつめば先発品→先発品の代替も可能になるとは思うのですが、代替したけりゃ後発医薬品使ってねってことで「後発医薬品使用の促進ということであえて先発品の代替調剤は変更不可」というのもあるかも。

投稿: とおりすがり | 2011-12-24 16:51

>とおりすがりさま

 コメントありがとうございます。

>現時点では記録しないといけないということにはなっていないようですね

 では逆に、この手の規格変更は「記録しなくてはいけない」と決まっている、っていうことなんでしょうか。


 実際にどれくらい代替調剤されているのか、って分かりませんよね。
私はガンガンやっているのですが、他の薬局がどうかはわかりませんし。
 個人的には、規格違いで可能であれば8割以上で変更できてます。
ペンタサ250mg12錠→メサラジン500mg6錠とか
ノルバスク5mg半錠→アムロジピン2.5mg1錠とか。
たいてい、喜ばれますね。

>これは単に規模の差でしょう。全部自分で把握できるからってだけだと思います。というか患者に来てもらってなんぼですので患者の言うことはまず聞きますよね、個人医院の先生は。

 規模の問題ってのは、薬局と病院でもそうですよね。
薬局だって「患者さんに選んでもらってナンボ」なんで、
患者さんの意向は全面的に尊重したいです。
 病院の門前だと、また感覚が違うのかも知れませんね。

>代替したけりゃ後発品

 これはあるでしょうねぇ。
今でも規格変更は「値段が高くなると不可」ですから。
ただ、後発品がない医薬品でも変更できるようにして欲しいですね。

 この手の話は、昔からずーーっとあるので、
いい加減、なんとかしたいんですけどねぇ・・・。

投稿: kitten | 2011-12-24 17:49

平成18年度診療報酬疑義解釈より

(問5)実際に薬剤変更が行われた場合、処方医の属する医療機関はカルテの薬剤名の記載を変更する必要があるのか。

(答) 保険薬局から薬剤を変更した旨報告があるため、その内容を適切に診療録に反映することが望ましい。

>では逆に、この手の規格変更は「記録しなくてはいけない」
>と決まっている、っていうことなんでしょうか。

あくまで努力規定となっているようですね。
まともな病院ならカルテに反映していると思いますが。。。

投稿: とおりすがり | 2011-12-24 20:12

よく見たらこの疑義解釈資料は後発医薬品の話ですね。

(先発品の)規格変更は要するに代替調剤という扱いではなく処方変更という扱いになるんじゃないでしょうか。
だとするなら記録は必要ですよね!?(たぶん)。

投稿: とおりすがり | 2011-12-24 20:20

 疑義照会の内容を、病院側が記録しているのかどうかは、
かなり疑問がありますね。

 いえ、ちゃんとしてる病院もあるんですけど、
とてもそうは思えないところもあったりするんで。
(同じミスを繰り返すとこ、とか。)

 もっとも、薬局の側にも似たような話はあるので、
どっちもどっちかも知れませんが。

投稿: kitten | 2011-12-28 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53544736

この記事へのトラックバック一覧です: 先発品への代替調剤を認めて欲しい:

» 薬剤師的話題(2011.12.23):6×8は正解でも8×6はバッテン? 他 [薬局のオモテとウラ]
▽ 卵白リゾチーム製剤「ノイチーム」に関する承認事項の一部変更申請について | エーザイ株式会社 「ノイチーム」の承認事項の一部である「歯槽膿漏症(炎症型)」および「小手術時の術中術後出血(歯科、泌尿器科領域)」については、臨床試験の実施は困難と判断し、当…... [続きを読む]

受信: 2011-12-23 23:46

« 「おとーたま」 | トップページ | インフルエンザ注意報 »