« 原発事故、冷温停止状態と宣言 | トップページ | 金正日総書記が死去 »

ステーブラからウリトスに

 疑義照会実例。
・・・でも、学術的な要素はほとんどなくて、90%以上ネタだ。(苦笑)

 毎日受ける処方箋枚数が少ないこともあるけれども・・・。
そもそも、このブログで取り上げる疑義照会からして、かなりレアケース。
実際は、もっともっとしょうもないものが多い。
(日数が違うとか、用法がおかしいとか、明らかに出し忘れとか)

 処方実例から。

患者さんは80代の女性
.

ウリトス錠0.1mg 1錠
夕食後 14日分

以上

.

 もちろん、これだけじゃ疑義照会になりようがない。
ウリトスは、過活動膀胱に出ている。
ようは、頻尿に効く薬。尿の回数を減らす、という薬だ。
 通常は1日2回だけれども、高齢でもあるし、
主に悩まされているのは夜間頻尿、となれば夜だけでよいとも判断できる。
ここまでは問題ない。

 問題は、前回の処方が「ステーブラ錠0.1mg 1錠」だったことだ。
ステーブラからウリトスに変更。一目みて、「なんじゃこれは??」と思った。

 患者さんに事情を聞いてみたところ・・・

1.頻尿の症状は落ち着いている。特に調子が悪いということはない。
2.はっきりと原因が分からないが、肩こり、頭痛がするようになった。
3.医師は、「では薬を変えてみましょう」と言った。

.

 ・・・。正直、このまま投薬してもいいんじゃないか、とは思ったが。
実は、もう一件聞く必要のあることがあったため(いつも出ている睡眠薬が出てなかった)
ついでに確認してみた。

 何が問題かっていうと、「ステーブラ」と「ウリトス」ってメーカーが違うだけで、
全く同じ成分。同じ薬だ。ちなみに、この医師は両方とも処方する。
正直言うとちょっと勘弁して欲しいところもあるんだけれども、(在庫管理の問題)
病院のように採用薬ががちがちに決められている訳ではないからなぁ。
 いつもはウリトスを処方していても、他からの転院とかで、
以前にステーブラを服用していたんなら、そのまま出すことは考えられるし・・・。

.

 で、疑義照会。
「ステーブラとウリトスは、同じ薬なんですが、それでよろしいでしょうか?
 念のため、確認お願いします。」

 事務員経由で確認したが、予想通り「処方箋どおり、ウリトスでお願いします」
まぁ、そうくるかな、と思っていたが。

.

 医師の処方意図を好意的に解釈してみる。

 一応、肩こり、頭痛という訴えが出てきているが、大したことはない様子。
でも、本人は少し気にしている。はっきり書くならば、患者さん本人が
薬(ステーブラ)の副作用を疑っている、という感じ。

 ただし、普通に考えてこの手の薬にそういう副作用は考えられない
おそらく、患者さんの気のせいじゃないかな?もしくは、偶然。

 なので、あえて(無意味に)薬を変えることで、対処したフリをして、
患者さんの気分を変えることで、治療しようとしている
(ある意味、プラセボ効果を狙っている、ともいえる)

 まぁ、同じ薬といっても、製剤の作り方まで100%同じではないから、
添加物の違いやら、なんやらでも作用の違いはないとは言い切れないし。

.

 ただ、悪意をもって解釈してみると・・・

ウリトスのメーカーから接待を受けたから、ウリトスに変えてあげた。
効果同じだし。

.

 十中八九、後者だろうな。(苦笑)
もしくは、ステーブラのメーカーが何か医師の不興を買うようなことをしたか。

 もっとも、前者の理由ではない、とも言い切れないんだけど。

 でも、これ、万一患者さんにちゃんと調べられたら、
「同じ薬でメーカー変えた」のがばれてしまうんだけどな。
教えてしまうとプラセボ効果がなくなってしまうし。w
 かなり高齢の患者さんだから、それはないだろう、と読んでいるのかも知れない。

 

|

« 原発事故、冷温停止状態と宣言 | トップページ | 金正日総書記が死去 »

疑義照会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53500424

この記事へのトラックバック一覧です: ステーブラからウリトスに:

« 原発事故、冷温停止状態と宣言 | トップページ | 金正日総書記が死去 »