« 錦織が、全豪8強 | トップページ | ジェネリック医薬品を生活保護に勧めるには? »

ぐりとぐらの1ねんかん

 水曜日は絵本の紹介。

「ぐりとぐら」は以前にも紹介したが、
今回はそのシリーズの中の一冊。

「ぐりとぐらの1ねんかん」

http://www.ehonnavi.net/ehon/216/%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%AE1%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%93/

(リンクは絵本ナビ)

 ストーリーらしいものはなくて、
1月から12月をそれぞれ、絵と文で紹介している。

 ぐりとぐらはもちろんだけど、
他にも、くまさんとかぶたさんとか、りすさんとか・・・。
(同じ作者の)どっかの絵本でみたようなキャラがたくさん。

 色々と描き込まれていて、楽しい。

.

 2歳の息子も、「ぐり」と「ぐら」は認識している様子。
青いほうが「ぐり」で、赤いほうが「ぐら」、と。

 5歳の娘は、さすがにもう月の概念くらいはわかっていると思うが。

 さて、この絵本には、全ての絵に「ゆりこ」という小さな文字が書かれている。
(絵の「やまわきゆりこ」のサインなんだろう。)

 本当に、よく見ないと分からないような小さな字で。

 娘と読むときには、どっちが先に「ゆりこ」を見つけるか?といった、
本筋とは余り関係のない遊び方をしていた。w

|

« 錦織が、全豪8強 | トップページ | ジェネリック医薬品を生活保護に勧めるには? »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53817814

この記事へのトラックバック一覧です: ぐりとぐらの1ねんかん:

« 錦織が、全豪8強 | トップページ | ジェネリック医薬品を生活保護に勧めるには? »