« 医療費削減を評価する体制を | トップページ | 35歳・・・。 »

全原発停止まであとわずか

 今週はじめ、関西電力の高浜電子力発電所3号機が定期点検のため原子炉停止。
これで、関西電力の原発は全て止まったことになる。

.

 日本で動いている原発は残り2基のみ。それも、春には定期点検に入ってしまう。
再稼動がなければ、今年の夏は「原発ゼロ」で向かえることになりそうだ。

.

 もはや、原子力発電には頼りたくない
原発推進派、反対派もあるだろうけれども、
全体としてみたときに、今は反対派の方が多いだろう。

 ただ、「脱原発」という流れだが、
「今年の春から全廃」と覚悟を決めている人はどれくらいいるだろうか?

 菅さん(前首相)は、事故後、将来的に原発を0にすると言っていたが、
それにしたって、「将来的に」の話。
「来年から」とは思っていなかったはずだ。

.

 去年の節電対策は主に関東、東日本が中心だったが、
今年はむしろ、関西の方が厳しくなりそうだ
関西電力は、原子力への依存度が高かったから。

.

 実際のところ、原発が全部止まっても今のところ問題はない。
今後、夏にかけてどのような事態が発生するのか、それが問題。
また、「今年」はそれでいいとして、ここで一切原発を動かさないとして、
「今後10年~20年」はどうなるのか?
 そのあたりの(できるだけ中立な)シミュレーションが必要だ。

 私の個人的な意見は、原発は段階的に縮小して、いずれゼロにする。
その間、省エネと共に代替エネルギーの開発に努める・・・
というソフトランディングなもの。

 いや、原発止まって誰も困らないならそれでいいんだよ?
でもね、日本経済に与える影響はどうなの?
電気代は間違いなく上がるだろうし、化石燃料に頼る訳だから、
地球温暖化対策に逆行することになる。
 原発を止めたとところで、原発にかかるコストはゼロにならない。
廃炉まで何十年もかかるし、残る放射性廃棄物の管理もある。
そのコストを負担しながら、他で発電量を上げる必要がある。

 もっとも、再稼動したところで結局はいずれ廃炉にするのなら、
「ツケ」を将来世代に回しているだけ、といえばその通りなんだけど。

.

 もう一つ、このまま再稼動を認めないのはいくらなんでも、
電力会社に不利すぎるんじゃないだろうか?

 原発事故を受けて、やれ安全対策だ、なんだとコストをかけさせておきながら、
やっぱり動かしちゃダメ」ってのは、普通に考えてひどくねーか?(苦笑)

.

 産業界は、少なくとも「いきなりの原発ゼロ」には絶対反対だろう。
消費者はどうだろう?原発から遠いところに住んでいる人は、
生活が苦しくなってくると「再稼動容認」に転ぶ可能性は高いと思う。

 あとは、原発の地元の問題だ。
「何があっても絶対反対」って言い続けるのは、子供すぎる。
もちろん、いろんな意見があるだろうけれども、
「どの条件なら、再稼動を認めるか?」という現実的な議論も、
もう少しあってもいいと思う。
 原理主義的な反対の声だけでは、世論の風向きによって
あっと言う間に孤立する可能性があるんだから。

.

 原発が全て止まる日は、もう間近に迫っている。
まずは、今年。次に、2-3年。最後に今後2ー30年先を見据えた話を、
聞いてみたいもんだ。
 もっとも、これだけ政治が迷走していては、それだけ長期的な展望を語ることに
説得力も何もあったもんじゃない、ってのはあるが。

|

« 医療費削減を評価する体制を | トップページ | 35歳・・・。 »

('10~)コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/54046590

この記事へのトラックバック一覧です: 全原発停止まであとわずか:

« 医療費削減を評価する体制を | トップページ | 35歳・・・。 »