« 確定拠出年金記録 | トップページ | ピアノの練習 »

続・ジェネリックメーカーの選択基準

 ジェネリック医薬品について、木曜日短期集中連載。

今回は、先週の続き、、というか、おまけ。
ジェネリックメーカーの選択基準について。

.

 基本的に、品質は選択基準にはなりにくい、という話だけど、
全く基準にならないか、というとそんなことはない。

 一部の薬ではあるけれども、先発品よりもメリットがあるものもある。

.

 例えば、保管方法。

 緑内障の目薬で、先発品は冷蔵庫に保管する義務があるけれども、
ジェネリックメーカーでは、常温保存でよいものもある。

 これは、明らかにメリットとなる。

.

 去年の秋に発売されたアリセプトOD錠のジェネリック医薬品では、
メーカーによっては「バラ錠」を販売したところがある。

 絶対という訳ではないけど、「バラ錠」を販売したってことは、
一包化した時の安定性はある程度保証されているんだろう。

(アリセプトのジェネリックは、これが決め手でメーカーが決まった。)

.

 あと、直接患者さんには関係しないけれども、
薬局での保管方法が、先発よりもジェネリックの方が楽なものもある。

.

 また、品質、というとちょっと違うけれども、
」という問題もある。

 例えば、ガスターD錠はミント味で評判がよいけれども、
これがジェネリックになると「おいしくない」なんて話も聞く。(苦笑)

 口腔内崩壊錠であるOD錠は、水なしで服用できるので
味をつけているものもあるが、先発とは味が異なる場合が多い。
これ、ちゃんと伝えておかないと戸惑うことになる。

.

 錠剤よりも味が問題になるのは、小児用の散剤だ。

 有名なのは、クラリスロマイシンのドライシロップ。
これ、ジェネリックメーカーの方が、先発よりもおいしい(=のみやすい)
と言われたこともあった。

 あった、と過去形なのは、その後、先発品も味を改良してきて、
かなり、のみやすくなっているので。
ジェネリックとの競争で、よりよい薬になっている、と言えなくもない。

.

 タミフルのドライシロップは、ジェネリックの発売は当分先だろうけれども、
もし、ジェネリックが出たとして、これの採用基準は絶対に「味」になる。

 というのは、タミフルのドライシロップは、「かなり」服用しにくい部類に入る。
これ、「おいしい」ジェネリックを作ってくれれば、相当シェア取れるぞ。w
まぁ、あと10年は先の話になるだろうけど。

 あとこれは、ジェネリックに限った話ではないんだけれども・・・。

 採用した後で「これはきつい」と思うのが、「包装(箱)の大きさ」だ。
前もってわかっていれば、採用しなかったのに、というものもある。w

 多数の在庫をかかえることになると、収納場所に困る。
収納しやすい箱であれば、とてもありがたい。

.

 一つだけ、名指しで批判してやろう。
リマプロストアルファデクス「F」だ。こいつの箱の大きさはハンパじゃない

http://www.fuji-pharma.jp/productpicture/210

(一番下に箱の写真がある。PTPシートの大きさと比較してみよう)
メーカー指定されない限り、この会社のジェネリックは採用したくない。

 先発品の方が圧倒的に収納し易いんだもんなぁ。。

 もっとも、箱の大きさに悩まされるのは、後発品に限った話じゃないが・・・。
こういう「現場(薬局)での使いやすさ」というものを、もうちょっと考えて欲しいもんだ。

|

« 確定拠出年金記録 | トップページ | ピアノの練習 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/53922336

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ジェネリックメーカーの選択基準:

« 確定拠出年金記録 | トップページ | ピアノの練習 »