« 大阪桐蔭がセンバツ優勝 | トップページ | 後期高齢者医療制度「廃止」が白紙に? »

診療報酬改訂でぐだぐだ

 4月。桜の季節。

しかし今年は、2年に1度の診療報酬改訂の季節でもある。
今週は、色々と大変だった。

.

 新しい制度にレセコンが追いついていないので四苦八苦。
追いついていないのはレセコンだけじゃなく、人もそうだけど。
まぁ、この辺もぼちぼち書くけど。

 今回は、レセコンについて。

.

 レセコン、、と書いても分かるのは医療関係者だけだろう。
レセプトコンピューターの略、でいいのかな。

 レセプト=診療報酬明細。
どんな治療をして、どれくらいの保険点数(ようするに費用)がついて、
どれくらいを患者さん、あるいは保険に請求するかを計算するコンピュータ。

 この「診療報酬」のルールが、2年に1回変わる。4月1日から。
当然、レセコンもそれにあわせてバージョンアップしなければならない。

.

 ところが、これが毎回のようにどたばた、ぐだぐだになる。
私の薬局で使っているレセコンの場合・・・
3/28(3日前!)にバージョンアップのプログラムが届き、
バージョンアップしたところ、色々と不具合が発生。
3/30に緊急バージョンアップが入る。

 もちろん、本番となる4月に入ってからも、色々と不具合は続く。(苦笑)
まぁ、なんとかなりそうなメドはたってきたけれども。

 レセコンといっても、一社のみが出しているわけではない。
多数のレセコンメーカーが存在するが、おそらく、どこの会社のものも
この時期がぐだぐだになるのは大差ないと思われる。

 問い合わせの電話かけても、つながる気がしないし。
向こう側は、問い合わせや苦情の電話が鳴り止まないんだろうな。

.

 なんでこんなことになるのか?
これはもう、スケジュールに無理があるからとしか言いようがない。

 去年のうちから、色々と情報(というか噂?)が飛び交うけれども、
最終的に中医協が厚生労働相に答申を出すのが2月半ば。
(これで、事実上ほぼ決定する。)
 といっても、ここから4月まで50日もない訳で。
そんな短期間で対応できるようにバージョンアップしなきゃならない。

 しかも、薬価(薬の値段)の改定の数字が出るのが3月に入ってから。
新しいルールの実際の運用方法などは、その都度疑義解釈資料が出てくる。
ちなみに、調剤の場合は3月末にQ&Aが出た。w

.

 ある程度、前情報があるとはいえ、
実質1ヶ月足らずで対応しなきゃいけない訳で・・・。
どこのメーカーも突貫工事にならざるを得ないだろう。
 当然、ぐだぐだになる、と。

 なんとか日程を早められないのかなぁ、とも思うが、
これはもう、どうしようもない。

 医療費は、国家予算とも密接に関わってくるわけで、
「来年度予算」の枠組みで、厚生労働省と財務省が折衝を重ねて、
全体としての改定率(ようは、トータルでどれくらい増やすか、減らすか)が
決まるのは、12月になるのが普通。
 そこから、細かい点数を決めていくわけだから、どうしても2月になってしまう、と。
予算に関係しているから、前もって決めていくわけにもいかないし。

.

 レセコンメーカーの方も大変なのはよくわかる・・・けど、
もう少し対応法を考えることもできるんじゃないかなぁ?と思う。

 例えば、電話がなりやまないにしても、
おそらくは同じような質問や、同じような苦情が集中すると思う。
それをリアルタイムで解決法を提示できればよいのではないか?

 FAXをガンガン流すのは通信費もかかるし、
先方の迷惑になる可能性もある。

 リアルタイムで、Q&Aをどんどん更新していくウェブページみたいなのを
開設してみてはどうか、、って思うんだけど。
まぁ、どれだけみてくれるかわからんってのはあるだろうけど、
どうせ電話してもなかなかつながらないんだし。。

 そりゃ、個別に全部対応してくれりゃ、それでも構わんけど、
その作戦は明らかにマンパワーが足りていない気がするぞ。

.

 ・・・まぁ、どうやっても、ぐだぐだはぐだぐだかも知れないが。
2年に1回、同じぐだぐだを繰り返すのは、もう飽きてきたというか。
日程に無理がある以上、完璧なものを作るってのは厳しいだろうから、
せめてサポート体制を充実させて欲しい。

|

« 大阪桐蔭がセンバツ優勝 | トップページ | 後期高齢者医療制度「廃止」が白紙に? »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/54407906

この記事へのトラックバック一覧です: 診療報酬改訂でぐだぐだ:

« 大阪桐蔭がセンバツ優勝 | トップページ | 後期高齢者医療制度「廃止」が白紙に? »