« バレーボール男子、五輪出場を逃す | トップページ | 間 »

認知症を見分けられるか?

 仕事の話。

.

 とあるお客さん(70代くらいのご夫婦)が、血糖測定機を求めてこられた。
糖尿のインシュリン注射を行う際に、自分で血糖値を測定する必要があるのだが、
その血糖測定機をもっていないので、買いたい、とのことだった。

 お客さん、というのは、ウチに処方箋を持ってきている訳ではない、ということ。
薬をもっていたが、それは別の薬局で調剤されているようだった。

 血糖測定機はそこそこ高価であり、また急を要することも少ないので、
ウチの薬局では基本的に在庫していない。言われたら「取り寄せ」る。

.

 ただ、普通はインシュリン注射をしている患者さんであれば、
血糖測定用の機材は、病院から渡されているのが普通。

 たまに、薬局にセンサーだけ買いにくる人とかいたけど、
あれは一体どういうことなんだろうか・・・。使いすぎるのかな。
まぁ、インシュリン導入前に血糖測定だけする人、なんてのもいるけど。

.

 「病院でもらわれていませんか?」と聞いてみたのだが、
なんだか要領をえない。
「とにかく、血糖測定機が必要なんだ」と言われるだけで。
この辺で、私の頭の中は「???」って感じ。
 まぁ、いると言うのであれば売ることはできなくはないけれども、
(もちろん、そのほうが店にはありがたい)、
なんか、おかしい気がする。

 幸い、薬を持ってこられていたので、処方元の先生は分かった。
なので、ちょっと状況確認のために電話をいれてみた。
「血糖測定器をお買い求めに来られているんですが・・・」

 すると、しばらく待たされた後、処方医が直接電話にでた。

医師「あぁ、そのご夫婦ね、二人とも認知症だから。
   近いうちに、話の分かる家族の人に来てもらうことになってる。
   何を話しても、多分理解されないし、すぐに忘れてしまうから。」

・・・。

 いや、話がかみ合わないな、とは思っていたけれども、
お年寄りにはよくあるレベル、くらいに考えていたが、
実は予想以上に話のわからない方たちだったようだ。

医師「とにかく、こっちで処理するから余計なものを売ったりしないで。
    本人さんには、病院でなんとかするから、とだけ伝えて」

.

 というわけで、一応事なきを得たわけだけど・・・。
これ、下手すれば発注だけして取りに来ないケースだった訳ね。
つーか、しょうがないとはいえ、認知症の二人を野放しにするなよ。(苦笑)

 実は、薬局では認知症の方を相手にすることは少ないので、
そういう意味では経験が少ない。
特に認知症の進んでいる方は、ご家族の方やヘルパーが
薬を取りに来ることが圧倒的に多いから。

 なので、意外になれていなかったりする。
この辺、介護職の人や、医療系でも病院や診療所なら、
もっともっと鍛えられているんだろうけど。

 まぁ、それでも「なんとなくおかしいかな?」くらいのセンサーは
なくはないんだけど・・・。もう少し感度を磨いておく必要があるかも。
在宅とかいくようになれば、イヤでも鍛えられるんだろうけど。

.

 ちなみに、認知症でも軽度の方であれば、ごく普通に薬局に来ることはある。
なぜ「認知症」と分かるか、というと、認知症の薬が出ているから。
今ある認知症の薬というのは、だいたいが「進行を遅らせる薬」なので、
初期のうちから服用しているほうが効果が高いといわれている。

 昔は、自分で取りに来る人なんていなかったけどね・・・。
「私の薬(アリセプト)、ジェネリックにして」ってちゃんと言える人もいたりして。w

 

|

« バレーボール男子、五輪出場を逃す | トップページ | 間 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

今のご時世もあってか老老介護も多いから、こんな患者さんも居るんでしょうねdespair 話がズレますが先日の 親は生活保護で自分は年収何千万円の芸能人じゃないが、親の面倒みない子供も多いしねweep

投稿: すみぱん | 2012-06-13 13:02

 色々と問題があるんでしょうねぇ・・・。
親の面倒をみないというか、みれないというか。

 認知症に関しては、医学の進歩を強く希望します。
願わくば、自分が高齢者になったときに、
ちゃんと治療法がありますように・・・。

投稿: kitten | 2012-06-13 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/54943696

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症を見分けられるか?:

« バレーボール男子、五輪出場を逃す | トップページ | 間 »