« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

仕事がんばっておいてね

 私が朝、仕事に行く前には、基本的に家族でお見送りしてくれる。
(たまに、子ども達が来ないこともあるが)

 そんなある日の話。

嫁「チチ、お仕事がんばってね」

 嫁は、いつもこう言ってくれる。ありがたい話だ。
もちろん、本気で思っているんだと思うけど、
子ども達に対して、父親に感謝しなさい、というメッセージにもなってる。
・・・ところが・・・。

娘「お仕事がんばっておいてね~

・・・?ん?

 いつもは、「がんばってね」なのに。すんごい違和感ある。
ワザとやっているのかどうかはよくわかんないけど・・・。
なんか、敬意が足りなくないか、その言い方?w

 極端な話、「お花にお水やっておいてね~」と同じ感覚、というか・・・。

 日本語としてどうなんだろう??
真剣に考えてみたけど、こんがらがってしまって
何がまずいのかもわかんなくなってきた。w

.

 自分なりに考えてみると、
「~ておいてね」と言うのは、「依頼」の意味になるのかな。
それも、かなり「軽~い」依頼。

じゃぁ、「がんばってね」だと依頼ではないのか?というと、
またよくわからんのだけれども。
でも、この文脈だと「依頼」ってニュアンスはないよなぁ・・・。
日本語に詳しい人に教えてもらいたい。w

.

 というわけで、私の結論は、
「お仕事がんばっておいてね~」ってのは、依頼文になっているので、
ある意味、父親に仕事することを依頼している訳で。
なんで上から目線?」みたいな印象を受けてしまう。ってことかな。

 でも、これ、子どもに説明するの難しそうだなぁ。
単なる言い間違いなら別にいいんだけど・・・
次言ったら、ちゃんと厳重注意しなきゃいかんだろうな、これ。w

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いらんトラバ

 8/9の記事に、

「この記事にはいらんスパムコメントやトラバがつくんだろうなぁ」

と書いた。

(記事名を書くと、色々不都合があるので、リンクだけ張っておく)

2012.8.9の記事は下記リンクより。

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/ed-3832.html

.

 結果として言うと、スパムコメントはほとんどこなかった。
やってきたのは、いらんトラバ。

 例の記事を書いてから、10記事を書くまでは、
右側の最近の記事の欄に、「あの記事名」が表示されていた。
推測するに、その言葉に反応されているんだと思う。

1記事あたり、平均10本くらいのトラバが飛んできた。
(トラックバックは承認制なので、全部未承認で終わり。)

うーん、やっぱりそういうことになるのね。
まぁ、迷惑コメントよりは対処が楽だからよかったけど。

 例の記事が「最近の記事」欄から消えてからは、
せいぜい1日2~3の(迷惑)トラバだから、
やっぱり、そういうことなんだろうなぁ。

.

 それにしても、、公開しないし、書きたくもないけれども、
このトラックバックは、非常に人をいらだたせるな。
いったい、誰が何のためにやっているのやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーとマルタン

 水曜日なので、絵本の話。

森のヒーロー、ハリーとマルタン。

アンパンマンの作者、やなせたかしによる絵本。
シリーズものなんだけど、ばらばらに3冊ほどしか読んだことない。

.

http://www.ehonnavi.net/ehon/8620/%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3(1)%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%8D/?utm_medium=kthc

.

 上記リンクは絵本ナビ

.

 このシリーズは、なんか新鮮でいい感じだ。
まぁ、絵はアンパンマンベースなんだが。w

 一番の特徴は、マルタンというキャラの立ち位置だ。
ハリーが正統派の主人公なのに対して、マルタンは少しダーティなヒーロー?。
基本的には、ハリーの仲間、なんだろうけど、
なんか言動に乱暴なところがあって・・・。
ハリーのことを切り捨てるような文脈もあったりするし。

 主役はハリーで、困ったときにマルタンが登場する。
でも、最終的には敵を倒すのはハリーなんだよね。
基本能力はマルタンの方が上だと思うんだけど。

 あと、敵との戦いが一筋縄ではいかないことが多い。
相手が特殊攻撃をしてくることが多くて、
(たいがい、それで一回やられてしまう)、その対策が必要、とか。
なんか、コンピュータゲームみたいな展開だな。w

.

 シリーズ最初からではないものの、レギュラーになる脇役も登場する。
メープル姫は、ヒロイン格・・・なのかなぁ?このキャラも謎が多くてよくわからん。
メープル姫のおつきとして、チューリップ、どんぐり、
てんとう虫のキャラがいるんだけど、ネーミングがね・・・。

 リップちゃん(チューリップ)
 どんぐりコロちゃん(どんぐり)
 てんとうむし子ちゃん(てんとう虫)

 やなせたかし先生のネーミングなんだから、そりゃそうなるんだろうけど、
てんとうむし子ちゃんは、いくらなんでも手抜きじゃないか?w

 さて、このシリーズは一体いつまで続くんだろう?
今のところ、6話までしかないみたいだけど、
話として完結している訳ではないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬価のナゾ??

 保険診療で使われる薬は、国によって、値段が決められている。
これを「薬価」といい、二年に一度、診療報酬改定の時に値段が決められる。
(たいていは、どんどん値下がりしていく)

 新薬の薬価は、またぜんぜん別のお話なので省略するが、
新薬ではない場合は、薬価というのは、
市場での取引価格に準じて変動することになっている。

.

 国が決めている「薬価」というのは、
最終的に保険医療機関(病院や薬局など)が、患者さんに渡す際の値段、だ。
当たり前の話だが、卸やメーカーから仕入れる価格は、それよりも安いのが普通。
原価が売価より高い訳はないだろう。(ただし、一部例外があったりするが)

 で、当然この薬価の差は、医療機関の利益となる。
原価と売価の差が利益ってのは、どの商売でも共通だろう。
この利益を「薬価差益」といい、保険診療の世界では悪者扱いされてきた。
なので、この「薬価差益」を圧縮するために、国は薬価をどんどん下げている。

.

 具体的には、実際の薬の納入価(原価でも卸値でも)を調査して、
薬価を納入価に近づけるように下げていく。
(納入価が上がれば、薬価が上がることもありえる・・・かな?)

 メーカーとしては、多く売るために値段を下げれば下げるだけ、
薬価も下がってしまうので、安易に卸値を下げることはしなくなる。
特に、特許が残っていてジェネリックが出ていない薬では。

 逆に、後発品、ジェネリックは発売当初は値段は均一なんだが、
メーカーの値引き合戦が激しいので、薬価改定で一気に値段が下がることが多い。

.

 さて、以前にも「効果と値段が比例しない」と書いたことがあるけれども、
あくまで「薬価」を決めているのは納入価の実績だけ。

 謎なのは、複数の規格(5mg、10mgとか)がある薬。
基本的には、5mgの薬価は、10mgの半分よりも少し高めに設定されている。

なので、同じメーカーの同じ薬であれば、5mgを2錠よりも、10mg1錠の方が安い。
(もっというと、5mg1錠よりも、10mg0.5錠の方が安い。)

 ただ、医薬品の種類によっては、あまりそうなっていないものもある。

 一番極端な例は、チラーヂンSだろう。

.

 チラーヂンS錠25:9.6円
 チラーヂンS錠50:9.6円
 チラーヂンS錠100:11.5円

 25と50が同じ値段って。w
25を2錠服用している人がいれば、50を1錠にすることをオススメする。
値段が半額になる。(もっとも、もともと安いから知れているけど)

.

 それでも、まだ同じ値段ならいいけど、
恐ろしいことに、これが逆転している例を見つけた。
含量の多い(=よく効く)薬の方が、薬価が高いという・・・。
それが、タケダのユニシア配合錠。

 ユニシア配合錠HD(カンデサルタンシレキセチル8mg、アムロジピン5mg) 140.7円
 ユニシア配合錠LD(カンデサルタンシレキセチル8mg、アムロジピン2.5mg) 141.1円

 配合錠のあとのアルファベット「HD」と「LD」は何の意味があるのか、
よく覚えてないけど、多分「H」は「High」、「L」は「Low」だろう。

 アムロジピンの配合量が多い方が安いってどういうことさね。w

.

 まぁ、これは配合錠自体の薬価がそもそも安いということもあるんだけどね。
アムロジピンを配合していないカンデサルタンシレキセチル単独だと、

 ブロプレス錠8mg(カンデサルタンシレキセチル) 140.4円

 ってことで、1円も差がないから。w
実際に患者さんが受け取るときには、薬価は小数点以下どころか、
1の位を五捨五超入(四捨五入の親戚みたいなもん)するから、
どの薬でも(よほどのことがない限りは)値段は変わらんだろう。

.

 でも、なんでこんな逆転現象が起きたんだろう?
タケダが意図的にユニシアHDを安売りしたとは思えないから、
多分、偶然の産物なんだろうけど。

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット不通の理由

 さて、8月半ばから10日ほどネットが使えなかったんだけど、
その理由は・・・
引越し前に、回線の切り替えをやっちゃったため、だな。

 8/15までに工事すれば、何か特典がつく、とかで。
引越しの1週間以上前に、新居にネット環境を作った、と。

.

 私の心積もりでは、前の家と今の家は別なんだから、
両方同時に使えるだろう、と思っていた。事実、少しの間は使えたし。

 でも、電話線も一緒に切り替えたってのが、問題だったのかも。
電話とネット、同じ会社にお願いしていたもんで。
固定電話は、早々に新居に移ることになった。
どうせ、携帯があるから問題ないさ、と思っていたんだけど。

 ただ、使えなかったところを見ると、
電話とネットがセットで切り替えられてしまった・・・んだろう。
電話は同時に使えないのは理解していたけど、
ネットもそうだ、という認識はなかったなぁ。

.

 さて、ネットがない生活。本当に久しぶり。
しかも、嫁も子どもも実家に帰っていて一人なのに、ネットがない。
ものすごく、時間をもてあました。w

 ブログの下書きを書こうにも、ネットの情報がないと書けないことが多い。
(特に、仕事関係の話を書くときは、検索して情報を集めながら書くから)
それでも下書きの草案くらいのメモは書いたけど。w

.

 たぶん、ネットが使えなくて困るのは私より嫁の方が上だろう。
彼女はネットを使うゲームをメインにしているからな。私と違って。

 うちはパソコン2台体制なので、一つがトラブっても大丈夫・・・。
でも、回線自体が死んでしまうと、2台あっても同じことだ。w

 しかも、本は引越し準備のためほとんどがダンボールの中。。
テレビを見る気もおきないし・・・。
かといって、ネカフェまで行く時間はないしなぁ。

.

 こんな時にスマホがあればいいのかも知れないけど、
逆に言うとこんなことでもないとスマホいらない気がして・・・。
自分のパソコンがあって、職場でもネット環境あるし。

 まぁ、自分のネット依存度がかなり高い、ということは分かった。w

.

 そうそう、息子の3歳記念記事を予定していたけど
そして、記事はほとんど書いていたけどアップできていなかったので、
こそっとアップしている。w

「祝・3歳」(2012.8.13)

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1569.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手書きの麻薬処方箋

 まだまだ暑いので・・・怖い話を。

.

 薬局に来た人が、「ここ、この薬あるかなぁ?」と聞いてきた。

.

<処方実例>

オキノーム散 2.5mg 1包 痛い時 14回分

.

 以上。

 年齢から見て、本人ではない様子。看護している家族の方だと思う。
幸い、オキノームは在庫があったので調剤できるんだけど・・・

 新患さん、見たことない医療機関の処方箋。しかも手書き。
これは怖い、怖すぎる。

なぜ怖いかというと、このオキノームというのは
医療用麻薬だから。

 これはもう聞くまでもなく、癌性の疼痛だろう。

.

 麻薬は、非常に管理が厳しい。(当たり前だ)
万が一にも紛失してはならないし(そんなことがあったら知事あての事故届)
薬局の中でも金庫に入れて保管しているし、一回ごとに帳簿で管理している。

 で、手書き処方箋の何が怖いか、というと、改ざんが簡単だ、ということ。
数字をちょちょいと書き換えれば必要以上の麻薬を手に入れることもできる。
さすがに、字が読みにくいなんてことはなかったから助かったけど。
(手書き処方箋は読みにくいものが多い。字がきれいな医師なんて見たことない

 まぁ、在宅で往診するような先生なら、手書きになっても仕方ないとこはあるけど、
ちょっと怖いから、できれば勘弁して欲しいなぁ。。

.

 さて、この患者さん。
いきつけの薬局があったそうだけど、麻薬調剤を断られたらしい。
麻薬を取り扱えない薬局もあるから、それは仕方ないだろう。

 じっくり処方箋を観察して、怪しいところがないか確認。(汗)
で、調剤したところ、「数が少ない」と言われる。(滝汗)

「最近、使う回数が増えているから、この量じゃ足りへん。
 先生、増やすって言ってたけどなぁ?」

 そう来られてはしかたない。疑義照会だ。
まぁ、このケースの場合疑義照会できてむしろよかったとも言える。
(ちゃんと処方元に確認できるから。w)

 この手の「先生が言っていた量と違う」という申し出はしょっちゅうある。
睡眠薬とか、シップとかで多いし、疑義照会も日常茶飯事だけど、
麻薬だとさすがに怖いよ。(泣)
 ただ、患者さんのことを考えるとしない訳にいかないし。

 結局、量を増やしてもらうことになった。

.

 ここから先は、少し学術的な話。

 この患者さん、基本はNSAIDSで、麻薬は頓服のみで使っているようだ。
で、麻薬の量(回数)が少しずつ増えてきている。
患者さん(というか看護者)が、麻薬に対する抵抗感があるようで、
できるだけ使いたくない、ということを言われたけど・・・。

 実際の話、どうなんだろうね。

私は、むしろ頓服の麻薬の量がどんどん増えるのであれば、
オキシコンチン(これも麻薬)あたりを常用する方がいいと思うんだけど。
でも、その辺の話を患者さんにしてもいいものだろうか?
むしろ、医師に話すべきなのかなぁ?

 実際に在宅の患者さんで、医師や訪問看護士、ケアマネと連携が取れるなら、
もちろん、そういう話はすると思うけれども・・・
あくまで薬局に「普通に」取りに来られている場合、
薬局の薬剤師はどこまで口を出せばいいんだろうか?

 あまり出しゃばりすぎると、医師からクレームが来るかも知れないし。
患者さん個々に、薬局では分からない問題を抱えている結果として、
麻薬を少なめに設定されているのかも知れないので、
なんとも言いづらいところがあるなぁ・・・。

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

面倒くさい隣国

 最近のニュースより。

 韓国との間のいざこざが、ひどいことになっている。
私は、それほど愛国心が強いわけではないし、
いわゆる「嫌韓」な人間でもない。

 それでも、このところの韓国の反応には、
苛立ちを隠せない。はっきり言うと、怒っている。
どちらかというと、ネトウヨに叩かれそうな思想を持っている私でさえ(苦笑)、
今の韓国の態度は我慢がならない。

 明らかに、韓国は、というか、李明博大統領は、やりすぎだ。

.

 ことの発端は、現職大統領の竹島上陸だ。
オリンピックのサッカー3位決定戦まで巻き込んだ騒動になったけど、
オリンピックの話は、竹島がどうこう、というのはあまり関係ない。
あくまで「オリンピックの場で」ふさわしくないことをやらかしたのが問題。
 韓国サッカー協会が謝罪した、なんて話もあるけど。
謝罪したのは、あくまで「問題行動をやらかした」ことに対してだかんね。
その辺、ごっちゃにしてしまうのはよくない。
韓国の人は、そのあたり、ちゃんと理解できているのかな?

.

 決定的にまずかったのが、天皇に対する謝罪要求だ。
これはもう、ケンカを売っているとしか思えない
いや、どちらかといえば天皇制そのものに疑問をもっている私でさえ、
非常に不快な気分になった。
 なんでそんなこと言われなきゃならないわけ??
私を基準にするのもなんだけど、国内の「反韓」感情は
未だかつてないくらいに高まっているだろう。

 ただ、感情に任せていては話は先に進まない訳で・・・。

.

 相手(韓国)は、悪がきのような感じだけれども、
日本が同じレベルで相手するのはまずい。

あくまで、かの国の「幼稚さ、未熟さ」を、第三者(世界)に
アピールする必要がある。
これは、二国間だけでカタがつく問題ではなくなっている。
(というか、二国間でカタをつけると、非常にまずい事態になる)

 国内世論の問題もあるから、弱腰になる訳にもいかないけれども、
あくまで日本の国益を忘れてもらっては困る。
ここで韓国とケンカするメリットは・・・ほとんどないんじゃないか?
韓国としても、本気で日本とケンカしても何もいいことがないだろう。

.

 例えば、スワップの700億ドルにしても、通貨安定は日本のためでもある。
ウォンが暴落すると、結果的に日本企業にもダメージが大きい。
(ウォン安→韓国企業の輸出が伸びる→円高の日本が韓国に勝てない)

 それはそれ、これはこれ。物事は切り分けて考えるべき。

.

 最終的には、竹島問題は宙に浮いたままでもよいから、
韓国側の「言い過ぎた」という反省が欲しい。感情的には。
でも、本気で対立しても何もいいことはないんだよなぁ・・・。

 韓国が非常識なのは、今に始まったことじゃないから(苦笑)、
他の国は日本の味方をしてくれるかな?
でも、あの国は敵に回すと非常に面倒くさいからな。w

.

 国際司法裁判所に提訴、なんていっても、
最初から韓国がのってくる訳のない話なんで、
単なるパフォーマンスにすぎないんだけどね。

 でも、日本は平和だなぁ・・・。
あれだけのことを言われても、反韓デモが起きない。
ひょっとしたら起きてるのかも知れないけど、
少なくとも大きく報道はされていないよなぁ。

.

 これ、どうやって始末つけるんだろうね?
経済交流があるから、どうせ本気でやりあえる訳はないんだけど。
お互いにトップが替わったら、自然とよくなるんじゃないかな?甘いかな?

.

 竹島に関しては・・・難しいねぇ。
というか、領土問題というのが難しい問題なんだろう。
どうしても感情論になってしまいがちで、合理的な解決方法が
受け入れられにくいから。

 まぁ、韓国の人が竹島にもっている想いってのは、
日本人が尖閣にもっている想いと似たようなものだろうな、と想像できる。
正しいかどうかは別にして、「わが国固有の領土だ」と硬く信じている訳だから。

 お互いの立場や、感情を少しでも理解しようとするのは、
悪いことじゃないと思うんだけど、どうだろうか?

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪桐蔭が、春夏連覇

 昨日で甲子園は終わり。
今年は、オリンピックと重なったこともあり、ほとんど見ていない。
まぁ、子どもがいたり、仕事してたりしてたら、
基本的に見られないんだけどね。

 結果として、大阪桐蔭が史上7校目の春夏連覇を達成した。

.

 決勝戦は、大阪桐蔭vs光星学院。
春のセンバツの決勝戦と同じ顔合わせ。これは史上初らしい。
結果は大阪桐蔭の藤浪が2安打完封して、春夏連覇。

 光星学院も、夏-春-夏と3期連続の準優勝。これも史上初だろ。w

 実際、大会を通じても大阪桐蔭が「西の横綱」だとすれば、
光星学院は「東の横綱」のような風格だった。
どちらも別格のような強さを誇った。
東北も強くなったなぁ・・・。

.

 ただ、今大会で最も注目を浴びたのは、とんでもない奪三振記録を作った、
桐光学園の2年生、松井だろう。
大会前は、それほど注目されていなかったと思うけど・・・
奪三振が1回戦22(新記録)、2回戦19、3回戦12、準々決勝で15.
「12」が少なく見える投手って何者??
 これで2年生ってんだから。来年が楽しみ。

 もっとも、最激戦区の神奈川だから・・・。甲子園に出るのも一苦労なんだが。
実際、大阪桐蔭も府大会の決勝の方がきわどい勝負をしていた。
また、岩手県大会で高校生史上最速の「160km/h」を出した
花巻東の大谷は、県大会の決勝で負けて甲子園に出られなかったし。

 高校野球ファンとしては、来年、もう一度みてみたい。
そして、板東英二のもつ夏の甲子園奪三振記録を塗り替えて欲しい。w
まぁ、板東の記録は延長18回の再試合含め7試合の記録。
松井は、4試合で68というとんでもない記録。
あと2試合できていれば、確実に歴代1位だっただろう。

.

 話題性は松井の方が上だったように思うけど、
大阪桐蔭の藤浪も、十分、化け物の一員だ。
準決勝、決勝、と最後の2試合(連投)を、共に二安打完封とか。
それも、決勝の相手は三季連続決勝進出の光星学院なのに・・・。

 かつての横浜の松坂のようなとんでもない安定感だ。
まるで打たれる気がしない、という意味で。

 これはそのまま、プロに行くんだろうなぁ。
実際、藤浪が一番「強い」印象があるし。

 高校生最速は、花巻東の大谷。
異様な奪三振率は、桐光学園の松井。
でも、一番強いのは、大阪桐蔭の藤浪、ってことなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日に引越し

 昨日は、結婚式をあげて9年目になる、結婚記念日。
そして、引越しという一大イベントがあった。

.

 ちなみに、結婚記念日に引越しが重なったのは偶然ではない。
あえて重ねた、というのが正しい。
いや、そのほうが覚えやすいかな、と。

 我が家には、結婚記念日が2回ある。
入籍した日、5/31と、式を挙げた8/22。

 で、新しい家の購入の契約をしたのが、5/31だった。
(これは、偶然の産物)

 実は、前の持ち主との兼ね合い等もあって、
引越しの日付がなかなか決められなかったんだけど、
いい加減に決めないと、落ち着かない、予定が立たない、ということで。
えいやっと8/22に決めた。
 土日にすると料金が高くなりそうだし、その辺であれば休みやすいし、と。

.

 引越しした理由は色々ある。
一番大きいのは、子供のため、かな。
前の家だと、小学校までの距離がかなりあったので。
あとは、あんまりいい噂を聞かなかった、とか。
 新居でも、実は小学校までの距離は結構あるんだけど、
それでもかなりマシになるし。

 私の実家のそば、というのも大きかった。
嫁が今後働きはじめたときに、実家のそばだとサポートも期待しやすい。
今までも近かったけど、今度は子供が歩いていける距離だから、
学校帰りに寄ることもできる、という。

 もう一つの事情が、経済的な都合。
前のマンションは、色々あってローンの借り換えができなかった。
借りた当初もそんなに金利が高かった訳ではないんだけど、今よりは高いし。
月々のローンの返済が、少し厳しくなりつつあった、というのがあった。
 新しくローンを組みなおせば、月々の負担はかなり軽減される。

 とはいえ、「生活が苦しいから、新たにマンションを買って借金しよう」
っていうのは、自分を納得させるのにかなり時間がかかったが。w
ローンの借り換えが簡単にできれば、こんな手は使わなくてもよかったんだけど。

.

 それでも、前の部屋よりも広くなり、庭もついて、設備もよくなっている。
(その分、景色はよろしくなくなったが。w)

 部屋割りも直前まで(引越し2週間前)まで色々考えていたが、
結局は子供部屋を(小さいとはいえ)2部屋という大盤振る舞いで、
夫婦の寝室は子供部屋よりも小さく、日当たりも悪いという・・・。

.

 こうなった原因は、部屋の大きさ的に、大きな寝室を作れなかったこと。
今までは、一部屋にダブルベッド+シングルベッドをくっつけて、
家族4人で寝る、というスタイルを取っていたが、
 新居では、このダブル+シングルが入る部屋がなかった。
これは、部屋の構造と、収納の多さに原因がある。
収納が多いのはいいんだけれども、収納をベッドで潰すわけにいかないので。

 ベッドをあきらめてみんなで布団で雑魚寝、、という手もあったんだけど、
せっかくのベッドを廃棄するのはもったいないし、
どうせいずれは個人の部屋で、ベッドで寝るんだろうから、
急遽二段ベッド(分離可能)を購入して、子供と別に寝ることにした。

 正直、ちゃんと子供だけで眠れるかどうかは怪しいところだ。w
寝るときだけ添い寝、くらいですめばいいけど。
でもまぁ、ちゃんとそういう習慣がついてくれれば、
それはそれで親としても楽なので。

 下の息子(3歳)は、多分大丈夫だと思う。
無理でも、力尽きたところをベッドに放り込めばいいだけ。
もともと、一人で寝ることを苦にしないから。
 むしろ、上の娘(5歳)の方がちょっと心配。
基本、絵本を読んであげて寝かせていたからなぁ。
今のところ、本人がやる気なので本人に任せてみる。
でも、しばらくは添い寝することになりそうかな。

.

 引越し自体は、ほとんど嫁任せ。大変だったと思う。
こっちも仕事が色々と詰まってて・・・と言い訳してみる。

 当日は、友人(かぐらさん)夫婦の手伝いもあり、
かろうじてなんとかなった。
 どう考えても、助っ人の方が当事者よりも働いているような。w
あまりにもノープランだったかなぁ、と反省。

.

 夜は、金の豚で食べ放題&飲み放題。(私は飲んでない)
子どもナシで外食&酒なんて、何年ぶりの話だろう。
たまには、そういうのもいいよね。たまには。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しばらく夏休み

現在、パソコンがネットにつながらなくなっています。
この記事は携帯からアップしています。
多分、復旧には時間かかりそうなので、しばらくブログは休みます。
再開は、23日くらいを予定してます。
その間、コメント欄も管理できませんので、ご了承ください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝・3歳

 下の息子は、今日で3歳。
8月13日生まれってのは、お盆直前な訳で。
私はたいてい仕事している訳で。
そして、嫁と子ども達は帰省していることが多い訳で・・・。

 なんかかわいそうだけど、私がいることが少ないんだろうなぁ。これからも。
まぁ、その分、嫁の実家でたくさん祝ってもらえるんだろうけど。w

.

 最近の成長の記録。

1.オムツは取れそう

 トイレトレーニングは順調。
この夏で一気に進んだ。ちゃんと自分で言えるようになったし。
オムツの中でするのが、気持ち悪いと思ってきているようだ。
オムツをしていても、ちゃんとトイレに行きたがってくれる。

 ただ、そもそもトイレの回数が多いんだけど・・・。
子どもだからしょうがない?

.

2.言葉も少しずつ

 ほとんど理解できないことはないんだけど、
まだ、ところどころ意味が取れなかったりする。
ただ、こっちの言っていることはほとんど理解できているはず。

.

3.健康

 いたって健康。こけて怪我をすることは時々あるけど。w
本当に丈夫な子だなぁ・・・。こんなに健康体でいいんだろうか?

.

4.遊びは?

 トミカ好きは相変わらず。
ブロックや積み木で遊ぶことも多いかな?
車が好きだなぁ。見るのも乗るのも。

 実際に車を見ては、車種を答えてくれる。
プリウスとかデミオとか・・・。正直、あまり車に興味のない私より、
よっぽどよく知っている。w

.

 とにかく、この子は愛想がよいので、何処いっても人気者だ。
知らない人相手にも、ちゃんと「こんにちは!」と挨拶できるし。
小学生くらいの子ども達にちゃっかり混ざって遊んでもらうこともあり。
人見知りってないのかな、この子は。

.

 ただ・・・上の娘の3歳の記録と比べてみると・・・

「祝・3歳」(2009.9.5)

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-1569.html

 うーん、言葉の数が圧倒的に違うような気がする。
まぁ、他の子と比べてもしょうがないんだけどさ。
むしろ、上の子が頭よすぎるのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック後半戦

 ロンドンオリンピックも終盤。

まだ終わっていない競技でもいくつかあるけれども、
(ボクシングとかレスリングとか陸上マラソンとか400リレーとか)
後半戦を振り返ってみる。

 まずはサッカー。
男子がベスト4に残ったが、メキシコ、韓国に連敗して4位。
なんか、流れ的にメキシコに負けた時点で韓国にも勝てなさそうだった。

 案の定韓国にも負けて4位。うーん、一番すごかったのは初戦のスペイン戦か。
準々決勝のエジプト戦もよかったと思うけど。
結局、6試合戦いきるだけの準備はできていなかった、ってことだろう。
もっとも、それは3位決定戦の韓国にしても同じことだと思うが、
あとは、気迫の差、かなぁ。
 準決勝でブラジル相手に完敗して3位決定戦に進むのと、
メキシコ相手に逆転負けして3位決定戦の進むのとで、
やっぱり気持ちの入りようは違うだろう。

.

 なでしこは、決勝戦でアメリカに負けて銀メダル。
私が今回のオリンピックで唯一、早朝に起きて生中継を見た試合だ。
(前日は午後9時過ぎ就寝)

 結果として負けは負けなんだけど、アメリカとの差はほとんどなかった。
ワールドカップの決勝は、10回やったら9回はアメリカが勝つ試合だった。
最初の1回が日本に来ただけ、という印象。

 でも、今回の決勝は、10回やったら5回、少なくとも3,4回は勝てただろう。
ハンドを見逃されたのは仕方ないにせよ、
途中出場の岩渕が、GKとの1対1を外したのが痛かった。
いや、あそこまでもっていった岩渕がすごいんだけど・・・。

 相手のGK、ソロがすごすぎたな。
生半可なシュートじゃ入らないから、際どいとこ狙うしかないし、
そうすると枠に入らなくなるし・・・という。

 とはいえ、銀メダルでも立派なもんだ。
今まで女子サッカーはメダルとったことなかったんだから。
これで、名実共に世界トップレベルといっていいだろう。
去年のワールドカップはまぐれじゃない。

 澤は、もう代表引退だろう。
とはいえ、今回の代表はキャプテン宮間がよくまとめていた。
たとえ澤がいなくても、日本は大丈夫だ。

.

 実は、この女子サッカー決勝戦の裏でやっていたのが、
女子バレーボール準決勝。
日本女子は中国を準々決勝で破って、24年ぶりのベスト4に進んでいた。
そして、準決勝でブラジルに完敗した。(苦笑)

 今日、韓国との3位決定戦を制して、銅メダル獲得。28年ぶりって、
ロサンゼルス以来ってことかよ・・・。中田久美がセッターやってた頃だな。

.

 今日の試合はテレビで見てたけど・・・うーん。あんまりピリッとしなかった。
韓国にミスが多くて助けられていたし。
迫田の攻撃は迫力があったけど、センター陣がなぁ。ブロック0て。w
 ただ、韓国には世界最終予選で負けていたから、楽観はできなかった。
ただ、今日の試合では日本の方が少し上だったな。

 でも、日本の今大会のベストゲームは準々決勝の中国戦だったと思う。
あのゲームは本当に素晴らしかったなぁ。

 韓国とは今大会いろいろあったし(政治的にも色々あるし)、
正直、最後に勝ててうれしい。
負けっぱなしだと気分悪くなるからな。
サッカーの借りをバレーで返した、と。w

.

 卓球団体。男子は準々決勝で敗れてメダルならず。
正直、情けないんじゃないか?もうちょっといけると思ったけど。

 女子は、準決勝でシンガポールに勝ち、メダル確定。
決勝では中国にこてんぱんにされたけど、まぁ予想通り。
中国が強すぎるので、2位を目指すしかなかった。w

 日本国中みんなが子どもの頃から知っている福原愛が、
ついにオリンピックのメダリストかぁ・・・。
天才少女がそのまま結果を残すってなかなかないよ。

.

 競泳のメドレーリレー。男女ともメダル獲得。
北島にとって、おそらく最後のオリンピックメダルなんだろうなぁ。
女子も強かった。男女とも、自由形に強い選手がいないんだけど、
自由形は何とでもなるんだろう。w

.

 今大会、生中継で見ていて一番興奮したのは、
フェンシング、男子フルーレ団体だ。
メダルのかかった準決勝のドイツ戦。
最終戦でドイツに逆転を許すが、一進一退の攻防。

 フェンシング、よくルールは分からないけど、得点制はわかりやすい。w
残り10秒で2点差をつけられた時には、もうダメだ、と思ったが、
ここから太田のすさまじい粘り。
 残り6秒で1点返し、残り1秒でついに同点。

 延長一本勝負も、厳しい勝負が続く。
これ、ハイライトではカットされてるところが多いんだけど、
2度ほど相手にポイントが表示されて、
その都度ビデオ判定で取り消される、という・・・恐ろしい展開。
 最後のポイントもお互いにガッツポーズを出してビデオ判定。
本当に、生きた心地がしなかった。
あれほど何回も「負け」を覚悟した試合はないだろう。
(応援していただけだけど。w)

 こうして振り返ってみると、団体競技や、リレーのメダルが光るなぁ。
個人ではなかなか上位に進出できなくても、
団体競技になると、メダルに手が届く。
 団結、絆の力、というとテレビ向けな感じがするけど、
本当に、そんな感じ。そういうコメントも多いし。

.

 今、この記事を書いている時点で、メダル総数はアテネの時と並んでいる。
あとメダルが期待できる種目が1,2あるから、ひょっとすると
メダル数最大を更新できるかも。

 金メダルが少ないのは残念だけど、
それも日本らしくていいような気がしてきたぞ。w
柔道で一つ、体操で一つ、女子レスリングで三つかぁ。
 柔道の一つは少なすぎるし、体操でももう二つくらい取れたかな?

 でも、オリンピックでしか見られないようなマイナー競技の活躍も光る。
バドミントンもそうだし、アーチェリーも銀メダル2つ。
金メダルこそ少ないけど、全体として、すごくいい感じで終われそうだ。


 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

産科医療保障制度をどうにかすべき

 産科医療保障制度という制度がある。
できたのは、3年くらい前だったように思う。
確か、下の息子(いま3歳)は、この制度に加入した記憶があるので。

http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

 どういう制度かというと、

「制度に加入している分娩機関で生まれた赤ちゃんが、
 分娩に関連して重度脳性まひとなり、所定の用件を満たした場合に、
 赤ちゃんとご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、
 脳性まひ発症の原因分析を行い、再発防止に努める」

 という制度。

.

 わかりにくいので、私の認識で解説。

 分娩の際の重度脳性マヒというのは、一定の確率(すごく低いけど)でおこる。
でも、おこってしまった場合には家族にえらく経済的負担がかかるんだけど、
その補償というのは、今までロクになかった。

 分娩機関(たいていは病院)に原因があるとして訴訟するにしても時間がかるし、
そもそも、訴訟してしまうとかえって原因究明は難しくなることがある。
病院側も、訴訟に負けたら莫大なお金を払わなくちゃいけない、となったら、
情報開示は積極的にはしてくれないだろうし、
そもそも病院側に過失がなくても起こりうる話だったりすると、救いようがない。

 そこで、この制度は、「保険」にしてしまった訳だ。
とりあえず、分娩一人につき、3万円ずつ集める。
で、不幸にも脳性マヒの子供が出てきたら、とりあえず原因は無視して、
その家族に3000万円補償する。(つまり、訴訟ではなくしてしまう)

 で、原因究明は、金のからまない形でしましょうよ?ということだ。

.

 3万円って誰が負担するの?というと、これはこの制度が始まったと同時に、
「出産育児一時金」が3万円値上げされている
正確には、この制度を利用したら3万円上乗せしてくれる、かな。
つまり、妊婦さんの負担は、ほぼゼロだ。

 もっとも、出産育児一時金は健康保険の方からお金が出ている訳で、
その大元は保険料だったり、税金だったりする訳だけどね。

.

 実質、負担なしで補償が受けられるんなら、問題ないよね、と。
実際、この制度が始まった時は私も支持していた。
不毛な犯人探しになりがちな医療訴訟よりも、
こういった制度がある方がよほど建設的じゃないか、と。

 ただ、当初から「補償の要件が厳しすぎるんじゃね?」という声はあったと思うが。

.

 で、実際に制度が始まってどうなっているか。
yosyan先生が、財務状況を調べ上げて長々と記事にしてくれた。

新小児科医のつぶやき「医療機能評価機構の定期ウォッチング その3」
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20120808

.

 まぁ、リンク先を読んでもらうほうがはるかに正確なんだけど、
この事業の大きな問題が書いてある。
一番の問題は、

「途方もない額の黒字」

ってことだ。

 おおまかに書くと、年間300億円以上の保険金を集めながら、
実際に補償で給付された額は、せいぜい数十億円にすぎない。
事務経費なんかを差し引いていっても、剰余金が200億円/年は発生する。

 ようは、事業主体がぼろ儲けしているってことだ。
 
.

 普通に考えて今後の対応策は二つ。

1.保険料を下げる。
2.補償額を上げる、または対象を広げる。

 補償対象を今のままにするんだったら、掛け金は3分の1でいいんじゃね?
ふつーに考えて。

 まぁ、いずれこの制度は見直すらしいけど、見直すのは平成26年からになりそう。
しばらくはこのよくわからん大黒字状態が続くんだろう。

.

 ただし、この制度、民間の損保会社なんかも微妙に絡んできているので、
実際に剰余金がどういう扱いになるのか、よくわからないところもあるが、
最終的には、「医療機能評価機構」に入ってくるらしい。

 一応「公益法人」なんだけど、年間200億円の黒字出して、その金をどうするの?
個人的には、「3分の1で十分なら、2万円返せ!」と言いたいところだけど。w
 
 まぁ、実際に負担しているのは健康保険だろうから、
実績に応じて、健康保険の方にお金を戻すのがスジじゃないかな
健康保険の方は常にお金が足りなくて困っているだろうし、
余裕があるのであれば、それこそ保険料に反映してくれたらありがたい。

 少なくとも、制度始まってから、見直されるまでの5年間x200億で1000億。
それだけの金が「余る」ことは、ほぼ確実なんで。
・・・こんな「ウマい」商売、ありえないよなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ED治療薬の偽造品?

 ヤフーニュースより。

「ED治療薬、偽造品の疑い・・・ネット薬局は95%不正サイト」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000558-san-soci

.

以下、一部引用

日本人向けのインターネット薬局の実態を調査したところ、95%が不正サイト
だったことが分かった。こうしたネット薬局から入手する医薬品は偽造品だったり
品質が劣化したりしている可能性が高い。

(中略)

処方箋医薬品を販売、または販売を促すサイトは1836あり、そのうち95%は
処方箋の提出を求めないで販売したり、犯罪組織などから医薬品を輸入したり
している不正なサイトだった。
こうしたサイトから取り寄せた偽造ED治療薬について異物・微生物検査をした
ところ、約半分から黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの病原菌が検出された。

.

引用終わり

この調査自体は、ED治療薬を販売している会社が行ったもの。
95%が不正って・・・残りの不正じゃない5%がどんなサイトか気になるな。w

実際、かなり昔からED治療薬は偽物が出回っていると言われている。

この記事では、実際に成分が含まれているかどうかまでは書かれていない。
(調べていない訳はないだろうけど)

.

 ただ、記事には重篤な健康被害を起こした例もある、とある。
安易にネットでの個人輸入なんてのは、やめておいた方がいい。
効かないくらいならまだしも、健康被害があってはひどすぎるから。
 まぁ、薬が薬だからこそっと購入したい気持ちは分かるけどさ。

.

 粗悪品が多いのは、それでも売れるだけの理由があるんだけど、
実際問題として、粗悪品でも効果は十分あることが多い。
極端な話、薬効成分が一切入っていなくても、
この手の薬はプラセボ効果だけでかなりの効果を発揮するので

 薬効成分自体は、器質的な問題を解決するんだけど、
薬を服用することによる精神状態の変化(ようするにプラセボ効果)が、
EDの治療に一役買っているのは間違いないだろう。

 なので、薬効自体が少々悪くても、使っている人は気づかない可能性が高い。
だから粗悪品でも売れるんだろうなぁ・・・。
まぁ、粗悪品つかまされたからと言って、訴えることもできないだろうから、
という理由の方が大きいだろうけど。

.

 さて、あえて医薬品名を書かないで記事を書いてみたものの・・・
多分、この記事にはいらんスパムコメントやトラバがつくんだろうなぁ。w
(承認しないので表示されないが。w)

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定拠出年金記録

 基本的に、月の初めの水曜日には、その月の確定拠出年金の記録。

・・・なんだけど、今月みたいに1日が水曜日だったりすると、
まだデータがそろっていないので、次週に回したりする。
まぁ、そこまで厳密に正確なデータを残す必要はないんだけど。

 という訳で、確定拠出年金の8/1時点での記録。

.

2012年8月の記録。

 100p=一ヶ月の拠出金額として、記録する。
(先月+拠出金+収益=今月)

          先月  拠出金  今月  収益
海外株式    5424       +50      5437     -37
海外債券    2087       +10      2058     -39
国内株式     1778       +30      1700    -108
国内債券       1483       +10      1497      +4
合計            10772     +100     10693    -179

 先月から落ち込んでるけど・・・思ったより落ちてないなぁ。
もっと大暴落しているかと思ったんだが。w

なるほど、データを見てみると、拠出日前後はもう少し落ち込んでいたけど、
逆に8月1日だと少し回復してきてたようだ。

.

 実はこのパターン、一番ありがたい。
拠出日前後だけ、暴落してる」というパターン。
暴落、というとイメージ悪いけれども、
別の言い方で言うと「安売りされている」ってことだから。
買う瞬間だけ安いのが一番ありがたい。w

 この逆は、ちょっとつらいなぁ。拠出日前後だけ高騰してるとか、最悪。

 タイミングをみて買うことも売ることもできないんだから、
(仕組み的にはともかく、自分のスキル的に難しい)
これは本当に「運」次第ってことだ。

.

 とはいえ、まだまだマイナスなのでしばらく動けないことに変わりはない。
海外の株価は回復しているんだけど、為替相場がね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレトレーニング

 下の息子はもうすぐ3歳。

ただいま、トイレトレーニング中。
一進一退を繰り返していたけれど、ここのところ好調。
外出中や寝るときはオムツにしているけれども、
オムツをしているときでも「トイレ行きたい」というようになってきた。

.

 上の娘の時は・・・もはやあんまり記憶にないけど、
3歳になる頃には完全にオムツが外れていたように思う。
やっぱり、息子の方が少し遅いかな?
まぁ、この調子なら、この夏に完全にとれそうだけど。

.

 さて、外出中、しかも私と一緒じゃないとできないトレーニングがある。
外の男子トイレ(小)。これ、男子トイレに入れない母親には無理だ。

 少し前に挑戦したときには見事に失敗したけれども、
つい最近、ようやく初成功。以降、成功を続けている。

 (小)に関しては、普通の洋式トイレよりもやりやすいかも知れない。
ただ、練習できるチャンスがそんなにないのが難点。
子供用の便器があればいいんだけど、そうでないと高さがギリギリだったり。

 やり方はわかっただろうけど、あとは細かいところだなぁ。
とりあえず、便器を持つのはヤメれ。(苦笑)
あとは、ちんちんの角度調節とかも自分でして欲しい。

 そういえば、家のトイレで小を立ってできるのはどれくらいからなんだろう?
まだ、身長が足りていない気がする。
外されると困るから、座ってやった方が安全っちゃそうなんだけど。

.

 この辺は、父親でしか対応できないところ。
逆に、女の子のトイレはやっぱり父親には厳しいかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい方法ないかな?

仕事の話。ほとんど愚痴

.

 一般名処方の話は以前に何回か書いたけれども、
ここんとこ、それでまた悩まされている。

「どうすれば、スムーズに業務をこなせるか?」
これに、解決の糸口すら見えてこない。

.

 今までは、代替調剤しかなかった。
処方箋は、とりあえずそのままレセコンに入力して、
先発品希望の人はそのままで、後発品希望の人は、代替で入力。
その際は、「先発品→後発品」と変換できるようなリストがあればよかった。

 この基本に、一般名処方が入り込んで、訳わかんなくなってきた。
いや、私はたいていなんとかなるが、ついていけないスタッフもいる。

 私が「何とかなっている」理由は単純で、
「どの患者さんが何を服用しているか(ある程度)覚えているため」だ。
でもこれ、常勤の薬剤師ならともかく、パートさんに要求するのは無理だ。

 問題は、今が制度の過渡期だからってことだろうけど。

.

 4月からは、処方箋だけが一般名に変わって、中身は変わってない人が多い。
そうなったときに、たとえば一般名を処方箋にかかれて、
調剤できる薬が先発2種、後発2種くらいになることがままある。

 問答無用でこっちが決めて、変えていいなら話はものすごく簡単なんだけど・・・。

 前と同じ調剤をしようとすると、これが病院によって採用薬が違うから。
「この病院のこの一般名は、基本的にこれを出していた」というルールがある。
一番わかりやすく、アムロジピン製剤とすると。

A病院のアムロジピン製剤は、後発メーカー指定(変更可)のもの。
B病院のアムロジピン製剤は、ノルバスク。
C医院のアムロジピン製剤は、アムロジン。
D医院のアムロジピン製剤は、なんでもあり。(患者さんによって変わる)

 このすべてが一般名処方で書かれてくると、もう訳がわかんなくなる。
いま、仮に4つの医療機関にしたけれども、実際はもっと多い訳で。

.

 仮にアムロジピンだけを例にあげたけど、こんな薬がたくさんある。

 調剤する側はともかく、入力する側が簡単に対応できない
すべての医療機関の過去の採用薬一覧なんて用意できるはずもないし、
あったところで使いこなせる訳もないし。
 かといって患者さんの意向を無視する訳にもいかないし・・・。
患者さんの意向を聞きたくても(FAXとか買い物とかで)聞けないこともあるし。

 薬局側で「えいやっ」と全部決めてよければ話は楽だ。
先発なら「ノルバスク」、後発なら「アムロジピン○○」と決めてしまって、
その他の処方は、容赦なく変更してしまう。
・・・としても、全ての医療機関が一般名処方きってくる訳じゃないし
アムロジンで変更不可押されたらお手上げになってしまうし、
OD錠もからんでくるし・・・。

.

 先日、こんな事例があった。
新患さんで、代理の人が来ていて、お薬手帳を持っていなくて、処方が

「(般)アムロジピン錠5mg 1錠」

 もう、「お手上げ」としか言いようがないな。w

 代理の人(奥様)に確認したところ、ずっと服用している薬。
ジェネリックではないと思う、とのこと。

 この時点でアムロジンかノルバスクの2択
でも「名前はノルバスクだと思うけど、なんか見た目が違う・・・」と
もしや?と思って「ノルバスクOD錠」を見せたところ、
「たぶん、これをのんでたと思う」と。

.

 じゃぁこれで調剤できるか、というとそうはいかない。

(般)アムロジピン錠で、ノルバスクOD錠は調剤できないと思われる。
普通錠→OD錠は厳密には剤形変更になるし、
剤形変更が認められるのは後発品を調剤する場合だけだから。

 これ、今までの薬局はどうやっていたんだろう?w
何も言わずにノルバスクODで出していたのかな?
もしくは、今回からいきなり一般名に変わっているのか?

 この場合なら、「(般)アムロジピン口腔内崩壊錠5mg」と
書いてもらわないと、ノルバスクODは出せないと思うぞ。

 で、念のため疑義照会した上で調剤した。

.

 でもこれ、代理の人がよくわかっていなかったら完全に詰んでるぞ。
お薬手帳をもってきてくれていればぜんぜん違うんだけどなぁ。
特に、新しい病院、新しい薬局に行くときは、必ず持ってて欲しい。

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリンピック前半戦終了

 オリンピックが始まって1週間。

日本は、メダルラッシュに沸いている・・・って言っていいのかな。
確かにメダルラッシュなんだけど、金メダルが少ないんだよな。
銅メダルばっかで。

 この記事を書いている段階で、メダル総数は日本は世界3位。
銅メダル数だけなら1位だ。あらゆる意味で、日本は世界の3番手、と言える。w

.

 原因は、柔道の不振と、好調の競泳だろう。
期待された北島がここまでメダル取れていないけど、
連日のようにメダルが取れている。(金はまだないけど)

 日本選手全体の力が上がっているんだろうなぁ。
前回までは、「入賞するかどうか、ギリギリ」の選手が多かったけど、
今回は「メダル取れるかどうかギリギリ」の選手が多いんだろう。

 まだ、メドレーリレーが残っている。メダル取れるかな?

.

 男子体操団体は銀。これは、ミスが云々というよりも、中国が強すぎだ
あの国にノーミスでいかれたら、日本はノーミスでも勝てないんじゃないかな?

 個人総合では、内村が金。これは、内村が強すぎる。w
技のレベルを落としても、まだ大差での1位なんだから。

 山室が怪我をしてしまったのが残念。個人総合で期待してたんだけど。
いや、代役の田中兄もいいところまで行ったんだけど、ミスが出てしまい
メダルには届かず。

 あとは、種目別が残っているな。
内村のゆかはどうだろう?大技を失敗しなければメダルは確実だろう。
平行棒は、田中兄弟が二人残っている。二人いれば、どっちか何とかならんか?w

.

 バレーボールはあまり報道されていないなぁ。見てもないし。
決勝トーナメントには進めるだろうけど、メダルはどうかな?

 サッカーは男女とも、決勝トーナメントの戦いが始まる。
どちらも2戦目に決勝トーナメント進出を決めていて、
3戦目に主力を温存する、というまるで強豪国のような戦いぶり。w

 肝心なのは次、準々決勝だ。ここで負けたら意味がない。

.

 卓球は個人では惜しくもメダルに届かなかったけど、団体は十分期待できそう。
バドミントンは、女子ダブルスで決勝まで進んだので、メダル確定している。
 いや、もともと強い二人なんだけどね、
「無気力試合」で4ペアが失格になった影響はもちろんある。
本来なら準決勝で格上のペアとあたるはずだったのを回避できたので。

.

 しかし、あの無気力試合はなぁ・・・。
私個人の感想でいうと、あれはルールが悪いよ。
負けたほうが有利になるような状況を生むルールにすれば、
そりゃああなっても全然おかしくない。

 だって、4年に1度のオリンピックよ?

 実際、あれ、もうちょっとうまく負けてれば問題にならなかったと思う。
「少し」手を抜くくらいなら、ばれなかったはずだから。
(実際、日本にもその疑惑はかけられた。)

 どこをどう見てもやる気ない戦いになってしまったのは、
「お互いに」負けにいったからだ。負けることに全力を尽くさないと
負けられないから、あんなひどいことになってしまった訳で。

.

 なでしこの「2位狙い」も問題にされてるけどね。
個人的には、私はあれはちょっと怒っている。
みてて、あんなにつまらない試合はなかった。
まぁ、最初からやる気なかった訳はないんだけどさ。

 でも、とりあえずバドミントンほどの問題にならないのは・・・
そりゃもう、サッカーの歴史がそうだから、ってことかなぁ。
過去にも、似たようなことはいっぱいあった訳で、
サッカーにおいては、ある程度許容されているってことだろう。

 お互いが引き分けを望んで引き分けた場合には、
色々言われることがあるけどね、今回のケースはそうじゃないし。
 また、線引きが難しい、と言うこともある。
今回のバドミントンの「無気力試合」はサッカーで言うと
オウンゴール争いのようなものだった。
サッカーでの順位調節といっても、オウンゴールまでやらかすと
さすがに問題になると思う。w

 
.

 サッカーはワールドカップまで含めて「グループリーグ」に
長い歴史があるから、そうそうルールは変わらないだろうけど、
バドミントンはそういう訳じゃないから・・・ルール変えるべきだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析

 4ヶ月に1回のアクセス解析。
今回は2012年4月~7月の記録。

4ヶ月のアクセス数合計は・・・146557.訪問者数は84094
その前の4ヶ月が115143/68026.
前回に引き続き、今回も大幅に増えている。

 例年なら4月から7月ってのはアクセス数が減るんだけど、
今年は逆に増えている。そんなにスマッシュヒットな記事を書いた記憶はないんだが。

.

 ブックマーク/URL直接入力で来ている人は17729(12963)
訪問周期10日以内の訪問者数は、580(475)
()内は4ヶ月前の数字。

 なんとなく気になったので、1年前、2年前の数字と比べてみた。

.

          2012年4月~7月 2011年4月~7月 2010年4月~7月
アクセス数          146557            96798         26028
訪問者数            84094            53575        16080
ブクマ               17729            10668        2808
周期10日以内         580               370         116

.

 何がきっかけでアクセス数が増えているのかはわかんないけど、
時期的には震災前。2011年1月にぐっと伸びている。
初めて1日1000アクセスを記録した時期だなぁ。
今となっては毎日が1000アクセス以上だけど。

 なるほど、そう解析してみるとこの時期でアクセス数が多かった記事、ってーと
「トランス脂肪酸」関係の記事になるのかな。
あれで読者数が増えた・・・という仮説が成り立つのか。

 今回の4ヶ月では、やっぱり薬剤師ブログタイムズの影響があるのかも。
ここの特徴として、しょうもない記事が多いながらもほぼ毎日更新なので、
一旦読者がつくと、それなりに見続けてくれる・・・ような気がすること。w

 ココログランキングでは、376位~771位。1000位以内はキープできてる。

.

 検索ワードベスト10

一般名処方     1674
クラビット点眼液  1545
オゼックス      1440
アレジオン      1190
スルピリド      1153
前期高齢者    1108
負担割合      1095
お薬手帳      1060
副作用        1050
疑義照会      987

・・・うん、ほぼ完全に調剤薬局の薬剤師のブログだね。w
OTCは、あえていうとアレジオンくらい?
4月の調剤報酬改定にからんだ話題が、よく検索されているのかな。

 正直、まさか「一般名処方」が1位とは思わんかったからびっくりした。
30位に「生活保護」なんてのが入ってる。時代かなぁ?
あと、62位に「レバ刺し」。健康情報系では、75位に「トランス脂肪酸」
びっくりしたのが、「モノグルコシルヘスペリジン」が85位にいること。
商品名(スタイリースパークリング)よりもはるかに順位が高い。w

.

 検索ワード総数は、13438.
そりゃ、記事数が増えるにしたがって増えていくんだろうな。
単純に文章量が多いから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »