« 産科医療保障制度をどうにかすべき | トップページ | 祝・3歳 »

オリンピック後半戦

 ロンドンオリンピックも終盤。

まだ終わっていない競技でもいくつかあるけれども、
(ボクシングとかレスリングとか陸上マラソンとか400リレーとか)
後半戦を振り返ってみる。

 まずはサッカー。
男子がベスト4に残ったが、メキシコ、韓国に連敗して4位。
なんか、流れ的にメキシコに負けた時点で韓国にも勝てなさそうだった。

 案の定韓国にも負けて4位。うーん、一番すごかったのは初戦のスペイン戦か。
準々決勝のエジプト戦もよかったと思うけど。
結局、6試合戦いきるだけの準備はできていなかった、ってことだろう。
もっとも、それは3位決定戦の韓国にしても同じことだと思うが、
あとは、気迫の差、かなぁ。
 準決勝でブラジル相手に完敗して3位決定戦に進むのと、
メキシコ相手に逆転負けして3位決定戦の進むのとで、
やっぱり気持ちの入りようは違うだろう。

.

 なでしこは、決勝戦でアメリカに負けて銀メダル。
私が今回のオリンピックで唯一、早朝に起きて生中継を見た試合だ。
(前日は午後9時過ぎ就寝)

 結果として負けは負けなんだけど、アメリカとの差はほとんどなかった。
ワールドカップの決勝は、10回やったら9回はアメリカが勝つ試合だった。
最初の1回が日本に来ただけ、という印象。

 でも、今回の決勝は、10回やったら5回、少なくとも3,4回は勝てただろう。
ハンドを見逃されたのは仕方ないにせよ、
途中出場の岩渕が、GKとの1対1を外したのが痛かった。
いや、あそこまでもっていった岩渕がすごいんだけど・・・。

 相手のGK、ソロがすごすぎたな。
生半可なシュートじゃ入らないから、際どいとこ狙うしかないし、
そうすると枠に入らなくなるし・・・という。

 とはいえ、銀メダルでも立派なもんだ。
今まで女子サッカーはメダルとったことなかったんだから。
これで、名実共に世界トップレベルといっていいだろう。
去年のワールドカップはまぐれじゃない。

 澤は、もう代表引退だろう。
とはいえ、今回の代表はキャプテン宮間がよくまとめていた。
たとえ澤がいなくても、日本は大丈夫だ。

.

 実は、この女子サッカー決勝戦の裏でやっていたのが、
女子バレーボール準決勝。
日本女子は中国を準々決勝で破って、24年ぶりのベスト4に進んでいた。
そして、準決勝でブラジルに完敗した。(苦笑)

 今日、韓国との3位決定戦を制して、銅メダル獲得。28年ぶりって、
ロサンゼルス以来ってことかよ・・・。中田久美がセッターやってた頃だな。

.

 今日の試合はテレビで見てたけど・・・うーん。あんまりピリッとしなかった。
韓国にミスが多くて助けられていたし。
迫田の攻撃は迫力があったけど、センター陣がなぁ。ブロック0て。w
 ただ、韓国には世界最終予選で負けていたから、楽観はできなかった。
ただ、今日の試合では日本の方が少し上だったな。

 でも、日本の今大会のベストゲームは準々決勝の中国戦だったと思う。
あのゲームは本当に素晴らしかったなぁ。

 韓国とは今大会いろいろあったし(政治的にも色々あるし)、
正直、最後に勝ててうれしい。
負けっぱなしだと気分悪くなるからな。
サッカーの借りをバレーで返した、と。w

.

 卓球団体。男子は準々決勝で敗れてメダルならず。
正直、情けないんじゃないか?もうちょっといけると思ったけど。

 女子は、準決勝でシンガポールに勝ち、メダル確定。
決勝では中国にこてんぱんにされたけど、まぁ予想通り。
中国が強すぎるので、2位を目指すしかなかった。w

 日本国中みんなが子どもの頃から知っている福原愛が、
ついにオリンピックのメダリストかぁ・・・。
天才少女がそのまま結果を残すってなかなかないよ。

.

 競泳のメドレーリレー。男女ともメダル獲得。
北島にとって、おそらく最後のオリンピックメダルなんだろうなぁ。
女子も強かった。男女とも、自由形に強い選手がいないんだけど、
自由形は何とでもなるんだろう。w

.

 今大会、生中継で見ていて一番興奮したのは、
フェンシング、男子フルーレ団体だ。
メダルのかかった準決勝のドイツ戦。
最終戦でドイツに逆転を許すが、一進一退の攻防。

 フェンシング、よくルールは分からないけど、得点制はわかりやすい。w
残り10秒で2点差をつけられた時には、もうダメだ、と思ったが、
ここから太田のすさまじい粘り。
 残り6秒で1点返し、残り1秒でついに同点。

 延長一本勝負も、厳しい勝負が続く。
これ、ハイライトではカットされてるところが多いんだけど、
2度ほど相手にポイントが表示されて、
その都度ビデオ判定で取り消される、という・・・恐ろしい展開。
 最後のポイントもお互いにガッツポーズを出してビデオ判定。
本当に、生きた心地がしなかった。
あれほど何回も「負け」を覚悟した試合はないだろう。
(応援していただけだけど。w)

 こうして振り返ってみると、団体競技や、リレーのメダルが光るなぁ。
個人ではなかなか上位に進出できなくても、
団体競技になると、メダルに手が届く。
 団結、絆の力、というとテレビ向けな感じがするけど、
本当に、そんな感じ。そういうコメントも多いし。

.

 今、この記事を書いている時点で、メダル総数はアテネの時と並んでいる。
あとメダルが期待できる種目が1,2あるから、ひょっとすると
メダル数最大を更新できるかも。

 金メダルが少ないのは残念だけど、
それも日本らしくていいような気がしてきたぞ。w
柔道で一つ、体操で一つ、女子レスリングで三つかぁ。
 柔道の一つは少なすぎるし、体操でももう二つくらい取れたかな?

 でも、オリンピックでしか見られないようなマイナー競技の活躍も光る。
バドミントンもそうだし、アーチェリーも銀メダル2つ。
金メダルこそ少ないけど、全体として、すごくいい感じで終われそうだ。


 
 

|

« 産科医療保障制度をどうにかすべき | トップページ | 祝・3歳 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

なかなかオリンピックから感動もらいましたねconfident 3階連覇金メダルの人もいてpunch

投稿: すみぱん | 2012-08-12 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/55402839

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック後半戦:

« 産科医療保障制度をどうにかすべき | トップページ | 祝・3歳 »