« 安倍さんが自民党総裁に | トップページ | 錠剤とカプセル(後編) »

医療費抑制は、薬局だけでは無理

 国民医療費が増え続けている。

 もっとも、減ることはありえないので、どうやって増加額を抑制できるか、の問題だが、
それもなかなか効果が見えてこないようだ。

「医療費減らず最高37兆円に」(日経新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2703B_X20C12A9EE8000/

.

以下、一部引用

.

医療費が右肩上がりで増えている。厚生労働省は27日、国民が1年間に使った
医療費の総額を示す国民医療費が、2010年度は前年度比3.9%増の37兆4202億円
になったと発表した。厚労省は価格の低い後発医薬品の利用促進や入院日数の短縮
など医療費抑制策に取り組んでいるが、膨張に歯止めがかからない。

(中略)

例えば、医薬品に占める後発薬の割合を12年度に30%にする目標を立て、
直近では25%程度になっている。財務省の試算では後発薬のシェアが20%
から30%になれば、年間4800億円の医療費削減につながる。
ところが、10年度の薬局で調剤した薬代は5.5%増の6.1兆円だった。

(以下略)

.

 引用終わり

 後発品のシェアが20%から30%になれば、医療費削減が4800億円と試算。
いま、25%。これが30%になれば、半分の2400億円が減る、としよう。

 2010年度の薬局調剤の薬代は6.1兆円。2400億円って、たった4%
さらに言うなら、10年度は、昨年比5.5%増えている訳で・・・。
すでにこの時点で「焼け石に水」と言わざるを得ないな。

 ちりも積もれば山となる、と信じて後発品を勧めてはいるけれど、
絶望的な気分になる。

.

 医療費の抑制は、薬局だけでなんとかなるようなもんじゃない
マクロでみてもそうだけど、ミクロな例を一つ紹介しよう。

 高尿酸血症の治療薬として、フェブリク錠が発売された。去年の話だ。
最近、それまで「ザイロリック錠」を処方されている患者さんが、
フェブリクに変更になった。

 ところが、その患者さんは、ずっとザイロリックの後発品を調剤していた。


ザイロリック(アロプリノール)100mg 2錠が、
フェブリク20mg1錠になって、値段がどうかわったか?

アロプリノール(後発品)2錠 5.6円×2=11.2円(1点/日)
フェブリク20mg      1錠 56.4円×1=56.4円(6点/日)

 薬価だけで言うと、実質6倍の値段に跳ね上がった訳だ。
これは、「なんでそんなに高くなるの?」とかなり文句を言われた。

(新しくいい薬が出たから、くらいの説明しかなかったらしい。)

でも、薬局ではどうしようもない。フェブリクには当然後発品がないし。
大きな病院で疑義照会もできそうにないので、
次回、もう一度医師と相談して、としか言えなかった。

 似たようなケースは多々あると思う。

.

 一般名処方が進められて、後発品を調剤する機会も増えている。
でも、後発品のない新薬を処方されると、薬局では何も出来ない
本気で医療費抑制を考えるのであれば、
後発品のない先発医薬品の処方を抑制する必要があるだろう

 薬局で安い薬を選ぼうにも、そもそも高い新薬を処方されたら
薬局にはなす術がないんだから。

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ

|

« 安倍さんが自民党総裁に | トップページ | 錠剤とカプセル(後編) »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

結局、厚生労働省のズボラさが、ここでも露呈するだけなんですよね-_-#-_-#-_-#

投稿: すみぱん | 2012-09-28 20:29

正直、元の試算が間違えてるんじゃないか?という気がします。かなり甘い見積もりなんじゃないかと。

投稿: kitten | 2012-09-29 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/55764199

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費抑制は、薬局だけでは無理:

« 安倍さんが自民党総裁に | トップページ | 錠剤とカプセル(後編) »