« 難消化性デキストリン | トップページ | フィギュア全日本選手権 »

アレグラのジェネリックは?

 少し前に、医療用の抗アレルギー薬のアレグラが、
スイッチOTC(薬局で市販される医薬品)になった、という話を書いた。

「アレグラFX新発売」(2012.11.2)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e330.html
 
.

 さて、売れ行きはどうか、というと、まだまだそんなに売れてない
テレビCMも入っていないし、認知度が低いからしょうがないか。
メーカーも、本気出して宣伝いれるのは、多分年明け、
花粉シーズンに入ってからだろうな。

 ちなみに、アレグラFXの箱には
花粉などの季節性アレルギー性鼻炎に使用する場合は、
 早めの服用が効果的です

というようなことを書いている。

 うわ、アレグラは本気で売る気だな、これ。
花粉症に対する薬は、花粉が飛び始める前から服用したほうがいいってのは、
昔から言われていることだけど、
薬局で買う薬は高いので、なかなか難しいと思っている。
(実際、「早めに医師にかかること」って感じで言われることが多かった)

 アレグラFXなら、(比較的)安めの値段設定なので、
ひょっとすると、本気で早めに買わせるつもりなのかも知れない。
いくらなんでもワンシーズン通してOTCだと高すぎると思うんだけど。

「早めに服用してね」というタイプの市販用医薬品では、
これも今年発売になった「アレギサール鼻炎薬」というのもあるんだけど。

http://www.alegysal.jp/

 こっちも1類医薬品で、有効成分はぺミロラストカリウム。
専門的には、ケミカルメディエーター遊離抑制作用がある薬で、
抗アレルギー薬ではあるけど、眠気はほとんどない。
 これは、むしろ早めに服用しないと効果薄いだろ。(汗)

 値段は、30錠(15日分)で1980円。
アレグラFXは14日分で1980円だから、
アレギサールの方がわずかに安いっちゃ安いんだけど、
・・・効果考えると、アレグラの方が上だと思う・・・。

 つまり、アレグラFXの値段設定は、アレジオン10のみならず、
アレギサール鼻炎にも対抗できる、ってこと。
安くして、ガンガン売って、シェアを奪い取ろう、って姿勢が見える。

.

 とはいえ、医療用のアレグラのシェアまで奪ってどうする?とも思うが、
どうも、サノフィ・アベンティスは医療用のアレグラを見切ってる節がある。

今までは特許が残っていて後発品が出てきていないけれども、
そのうち、後発品(ジェネリック医薬品)が出てくると薬価も下がるし、
売り上げも下がる。いつまでも医療用に頼っていられない?

 実は、アレグラのジェネリックに関しては、
オーソライズドジェネリック」という話が出ていた。

  アレグラの特許自体はまだあるんだけれども、
特許が残っているうちに、特定の後発品会社に後発品の販売を認めて、
うまい汁を吸おう、と。大雑把に言うとそういう話。
 特定の後発品会社と契約することで、特許の残っている間は
その会社しか後発品は出せない。ってことは、その会社が
アレグラ後発品のシェアを一人占めできる
 もちろん、特許が切れた後は他社も参入できるんだけど、
後発品って、かなり「早い者勝ち」なところがあるから、難しい。
特に薬局は、一度メーカーを選定してしまうと、変更は難しいから。
(いちいち患者さんに「メーカー変えました」って説明するの面倒)

.

 この「先発メーカー主導の」ジェネリック、早ければ今年の夏には出るか、
と言われていたんだけれども、どうもうやむやになってしまったようだ。
何があって発売されないのかは、詳しくは分からないけど。

 勝手に妄想すると、社内内部で対立があるんじゃないのかな?w
まだまだ、医療用アレグラはドル箱だから、目先の利益を確保したい側と、
将来性を見越して、後発品に移行したい側と。

.

 前回、アレグラFXの記事を書いた時に、「また後日」と書いたのは
この辺の話だったんだけど・・・

 実は、アレグラのジェネリックはよくわかんないことになりつつある。
特許の問題がややこしくてよくわからないんだけど、
サノフィからの訴訟を覚悟の上で、数社ほど製造承認を取っている。

 で、実際に薬価収載までしたのが、エルメッドエーザイと小林化工の2社
(大正薬品、(テバ?)は見送った。)
2社といっても、製造ラインは小林化工のみ。
エルメッドエーザイの商品も、小林が作っている。
(後発品では、こういうことがよくある。)

.

 ところが、薬価収載しておきながら、まだ実際に販売はしていない
同時期に薬価収載されたのジェネリックは先週末に新発売になったけれども、
アレグラ(フェキソフェナジン)のみ、まだ発売されていない。

・・・これって、かなり異例のことだ。

 少なくとも、まだ販売していないのは確実。
エルメッドエーザイは担当者に聞いても「薬価収載のみ」という話だし、
小林化工の方も、サイトで新発売情報が出ていない。

 薬価収載までしたんなら、発売すると思うんだが・・・
ぎりぎりまで、訴訟がどうなるかを見極めるつもりなのかな?

 もっとも、もう一つ「安定供給できるのか?」っていう問題もありそう。
アレグラの後発品発売、となるとかなりの量が動くはずだ。
特に、花粉シーズンになると。

 それだけの量を、2社(製造ラインは1本)で果たしてさばけるか?
正直、きついんじゃないのかな。
欠品とか品薄になったら、サノフィより先に得意先に怒られるだろ。w

 という訳で、アレグラのジェネリックに関しては、
まだまだ予断を許さない状況が続いている。
これ、本気で発売する気なのかなぁ・・?
わからん。

.

 実は、もうちょっとすっきり分かってからこの記事書くつもりだったけど、
残念ながら時間切れとなった。年内には書いてしまいたかったので。
アレグラのジェネリックに関しては、また書こうと思う。

.

<2013.1.17追記>

 どうやら、ジェネリックが発売されるようです。
「アレグラのジェネリックが発売に!?」
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-65da.html

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« 難消化性デキストリン | トップページ | フィギュア全日本選手権 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

2013年の杉花粉の飛散量は,例年以上に多いみたいですから 動向に注目ですね(*_*)
裏側の金に絡んだドロドロ状況は,いただけないですがね~(^_^;)

投稿: すみぱん | 2012-12-23 03:57

 正直、特許がどうこう言われても、現場ではわかんないんですよね。
特許上の問題があろうとも、商品として存在するのなら、
・・・使いますよ、そりゃ。
 なんとなく、ですけど、このまま発売を見送るんじゃないのかな、と思っています。

投稿: kitten | 2012-12-24 23:19

はじめまして。いつもブログを拝見させていただいてます。ジェネリックって処方されていても気づかないことがあるのですが、患者さんからジェネリックにしてくださいとか、先発さんのお薬にしてくださいとか言われたりしますか?私はどちらも言う勇気がなくて、処方されたままになって少し心配なのですが・・。急な質問でごめんなさい!!!

投稿: みょん | 2012-12-26 17:06

>みょんさん

 ジェネリックにしてください、は、時々言われます。
というか、今のルールでは、基本的には薬局側から、
「ジェネリック希望しますか?」と聞かなきゃいけません。

 聞いてこないってことは、薬局の怠慢です。
もしくは、全てジェネリックで処方されているか、
ジェネリックのない薬しか処方されていない、
ようするに、薬局で変更のしようのない処方の場合、かな。

 そういうことなんで、患者さんから言っていただけると、
聞く手間が省けて助かります。w

投稿: kitten | 2012-12-27 00:08

さっそくお返事をいただいありがとうございます!そうなんですね。。。お薬に事に関しては自分が処方してもらわない限りなかなか関わることがないので知識も全くありません((+_+))これからもブログを楽しませてもらいます。またいろいろご質問させてください!!

投稿: みょん | 2012-12-27 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/56360007

この記事へのトラックバック一覧です: アレグラのジェネリックは?:

« 難消化性デキストリン | トップページ | フィギュア全日本選手権 »