« 発表会 | トップページ | タダより安いものはない? »

息子(3歳)と二人でスケートに。

 下の息子の話。

 発表会(日曜日)の翌日。幼稚園は振替休日で休み。
なので、上の娘はここぞとばかり、幼稚園の友達とキッザニアに行く予定を入れていた。
人気があるとこなので、平日でないと行きにくいらしい。

 前回行った時は、3歳の息子もついていったけれども、
嫁によるとこの子が少し・・・邪魔だったようだ。w
3歳から、だから入場料は取られる割に、小さいからそれほど楽しめない、
また気まぐれに振り回される、と。

 なので、今回は連れて行かないことになっていた。

.

 じゃぁ、どうするか。保育園に行ってもらうという手もあったんだけど、
お姉ちゃんが外に遊びに行くのに、弟は保育園って、どうよ。w
さすがに、それにクレームつけないほど彼も幼くないんじゃないかと思う。
(気にせずに行ったかも知れないけどさ。)

 なので、私が(無理やり)休みを取っていた。
で、息子と二人で、娘とは別の場所に遊びに行こう、と。
これなら、きょうだいで不公平ということもないだろう。

 で、どこに行くか・・・。色々考えて、調べてみたんだけれども。
まず、前提条件として、寒い。これだけで屋外はちょっと嫌だ。
なので、室内で遊べるところがいいかなぁ、と思って探してみたが・・・

 見事に、月曜日休みのところが多いこと多いこと。(苦笑)
行ってみてもいいかな?と思うところがことごとく休みだった。

 さらに、どうも雨が降るらしいという天気予報。
これじゃぁ、動物園とかも厳しいなぁ・・・。

.

 という訳で、私の中では最終的に2択になった。

「ボウリング」

「アイススケート」

 外出して、普段はしない遊び、ということで。
ただ、アイススケートはちょっと厳しいかなぁ、と思っていた。
なんでもできる娘でさえ、初めていったのは4歳の時だ。

「スケートにいってみた」(2011.3.21)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-d0ce.html

.

 なので、ボウリングもありかなぁ、と。
アミューズメントパーク(ゲーセン?)みたいなとこもいいかも、と。
うちの子は、そういう場所でお金使って遊んだことはほとんどないから。
 もっとも、あくまで「特別」ということにしておかないと、
毎回おねだりされても困る。だから、場所は変える必要があった。

 最終的に、ボウリングを却下したのは、
これ、息子と二人だけで行ったら娘が怒るんじゃないかな、と。w
娘だって行ったことないからな。

 その点、スケートなら娘といったことあるから。
本人に聞いてみても、前向きな感じだったので、意を決して行ってみた。

.

 実は、行くまでも時間がかかる。車ないし。
もっとも、たどりつくまでの往復も、子供との大事な時間。
私と二人でなきゃ、バスや電車に乗ることはないから。

 まず、バスで泉大津駅まで出る。そこで南海電車に乗り、羽衣まで。
羽衣で、高師浜線に乗り換える。

 泉大津駅で通過するラピート(関空特急)を見て興奮する息子。
乗りたいと叫ぶけれども、そもそも止まってもくれないから。w

.

 高師浜線。大阪府内では、非常に珍しい単線の路線。
ワンマンカー(車掌なし)、二両編成。私も、乗ったのは今回が初めてだった。w

 駅についたが、普通の住宅地の中に、いきなり駅があった。
駅前?そんなもんはない。w
住宅地を歩くこと200m。目的地、りんスポ(大阪府立臨海スポーツセンター)に到着。

 つい最近、存続が決まった、ってニュースになっていたと思う。
施設が老朽化していて改装が必要なんだけど、大阪府にお金がない。
で、改装費用の半分を寄付で賄えたら、残りは府が何とかするよ、という話で、
本当に寄付が集まってなんとかなりそうだ、という話。
 あの高橋大輔が(昔)練習していたリンクでもある。
その辺もあって、存続につながったんだろう。

.

 値段は、通常で大人1300円+貸し靴500円。
子供は4歳から有料(860円)。ってことは、3歳の息子はなんと無料!
といっても、貸し靴で500円はかかったけれども。

 しかし・・・実は、「誕生日の月」に限り、1回だけ貸し靴料込で1000円というサービスがあった。
事前には知らなかったけれども、私はたまたま誕生日が2月だったので、ラッキーだった。
(ただし、自販機で買うんじゃなくて事務所までいって手続きが必要になる。)
 結局、親子二人で計1500円でいけた。

.

 息子は・・・かなり頑張っていた。簡単に音をあげるかと思っていたけど。
少なくとも、氷の上に「立つ」ことができた。実は、この辺、娘よりも上だ!
(娘は立つことすらできなかった)

 少しだけなら手を離しても大丈夫。
手をつないでいても、それほど力をかけなくても結構なんとかなる。
もっとも、普通にこけまくっているのを引き上げるのは必要なんだが・・・。

 フィギュアスケートのペアって、すごいと思う。
たかだか15kg程度の子供を引き上げるのも苦労するのに、
もっと重い女子選手を抱え上げたり放り投げたりするんだもんな。w

.

 一度こけてしまうと、一人では立ち上がれない。
あと、身長が足りていないので、手すりまでそもそも手が届かないのも難点。w
たまに、私が後ろからかかえてスピードを出してやると、結構楽しかったようで、
何度も要求してきた。こっちの負担がハンパないし、バランス崩すとこらえられないので、
なかなか難しいんだけど。
 ・・・どうして、後ろに体重をかけようとするかな。もうちょっと重心を前にしてくれ・・。

.

 さすがに平日の昼間。ものすごくすいていた。
プロ・・・じゃないだろうけど、コーチから指導を受けている選手っぽい人も多かった。
二回転どころか、三回転ジャンプしている人もいたし、
スピン、それもビールマンスピンとか・・・どんだけ。
やっぱり、選手はスピードもジャンプもハンパないな。

 そういうの、外から見てるだけでも結構楽しいかも知れない。

.

 さて、リンスポの数ある弱点のうちのひとつは、食事がないところだ。
食べるものを持ってくることをお勧めする。
もっとも、カップラーメン(お湯も出る)自販機があるけれども。
こういうところで食べるカップ麺は、記憶に残るほどウマいと思う。w
(私の小さな頃の記憶に、かすかに残っていた。)

 やっぱり、冷たいところでは温かいものが食べたくなるなぁ。
そう考えると、お弁当とかはあんまり、なのかな。

.

 さて、早ければ1時間もせずに帰る覚悟で行ったけれども、
「まだ帰りたくない」とまで言われたので、結構遅くまでいた。
(といっても、2時間ちょっとだと思うが。)

 帰りは、少しルートを変えてみる。
高師浜線で羽衣まで出て、今度はJR羽衣線を使う。
東羽衣~鳳のたった1駅の区間。ここも、大阪に珍しい単線路線だったけど、
高師浜線よりも1両多い、3両編成だった。w

 結局、嫁と娘が帰ってくるのが早かったので、
最終的にはJRの駅まで迎えにきてもらった。
さすがに、もう一度バス、というのはちょっときつかったので。

.

 さて、次にスケートに行くときはみんな一緒に・・・かなぁ?
ただ、一人で子供二人を見るのはちょっとどころではなく、きつい。
こけまくってもいいから、一人で滑れるようになって欲しいな。w

 また、息子と二人だけで遊びに出かける・・・なんてことは、
もうしばらくはないだろう。(ひょっとしたら、二度とないかも知れない)
近くに散歩、くらいならいくらでもあるけれども。
あんまりいいとこに行くと、あとで娘からクレームがつくからな。(苦笑)

 3歳の時の記憶なんて、まず残らないとは思うけれども。
せっかくリンスポも存続が決まったことだし、
何十年か後に、「そういえば昔、父と二人で行ったなぁ」
とか覚えていてくれると、うれしい。

|

« 発表会 | トップページ | タダより安いものはない? »

('11~15)育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/56795368

この記事へのトラックバック一覧です: 息子(3歳)と二人でスケートに。:

« 発表会 | トップページ | タダより安いものはない? »