« ドラえもんは生物ではない? | トップページ | ピアノ発表会 »

双子の処方箋

 仕事の話。

 薬局にはいろんな人が処方箋を持ってくるが、
もちろん、双子の子供たちとかも処方箋をもってくることがある。

 今回は、そういう「双子あるある」のネタ。

.

 基本的には、同じ病気に同時にかかることが多い。
時間差があることもあるけれども、まぁ、たいがいの場合、両方かかるな。
(むしろ、一人しかかからない方が珍しく感じる。)

 というわけで、処方内容もほとんど同じことが多い。
普通の兄弟だった場合、粉薬の量とかが異なるので、
印字したり、とか、マーカーで色をつけて区別したり、とかすることもあるけど、

 双子の場合は、(面倒くさいので)何も区別しないことが多い。どっちの薬のんでも一緒だ。
それどころか、まとめて作ってしまうことさえある。w
(5日分を2人分、とかなら、まとめて10日分で作ってしまう。)

.

 ところが、なぜか処方内容が微妙に違う例があったりする。
先生はちゃんと見比べているのかなぁ?と。
なぜか、用量が違うこともあり。
・・・単に、前回Doで引っ張ったときの体重が違うだけだった、なんてこともあったが。

.

 軟膏の混合処方なんかを、双子で持ってこられると・・・結構きつい。w
これも、普通の兄弟ならラベルはったりとか、区別つくように工夫することも多いけど、
双子なら必要ないかな??

 症状について、お母さんに聞いてみる。
「えっと、お兄ちゃんは割りと背中がひどいんですけど・・・」

 どっちがお兄ちゃんか分かりません。(汗)

 薬局では生年月日が分かるだけだ(処方箋に書いてある)

.

 さて、最後は双子だから助かった例。
土曜日の午後にもちこまれた処方箋で、処方元と連絡が取れない状況だった。

処方

ビオフェルミン 1g
タンナルビン 10g

分3毎食後 3日分

.

 これはきついわ・・・。(苦笑)
タンナルビンの量が、明らかに多すぎる。大人量よりも多いんだもん。
当然、疑義照会しないと出せないけど、疑義照会するまでまってもらうのも厳しい。
普通に考えて、月曜日の朝まで先生に連絡つかないし。

 ビオフェルミンとタンナルビンは等量混合することが多いから、多分1gの間違いなんだろうけど。
でも、確証はない訳で。症状(おそらく、下痢)から考えると、月曜日まで待ってもらうのはしんどい。

 幸い、この子は双子だった。もう1枚弟(?)の処方箋があり、

ビオフェルミン 1g
タンナルビン  1g

分3毎食後 3日分

 と書かれてあった。
うん、これはもう二人とも同じ処方と判断していいでしょう。やっぱり、単純に1gの書き間違えだろう。

 参考にすべきお手本(?)があったから、助かった。w
まぁ、なくてもタンナルビン1gで見切り調剤した可能性は高いと思うが。(苦笑)

 

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« ドラえもんは生物ではない? | トップページ | ピアノ発表会 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

確かに双子のお子さま達の場合、同じ内容のことのほうが圧倒的に多いですね(^_^;) kittenさんのおっしゃる通り、少しだけ量が違ったりすると 何故?かと思いますが(-_-;)
逆に双子ではない兄弟姉妹で、年齢が違うのに、散剤の量が全く同じ場合もあるんですよ!まあ,体重聞くと納得したりして(^_^) 子供の薬の量には気をつかいますよね

投稿: すみぱん | 2013-03-23 03:28

私の子は双子(現在5歳、2卵生男女)ですが、
1卵生・2卵生、性別、1絨毛膜・2絨毛膜等の違いで、結構体重が違ってきます。

私の子の場合、誕生時で体重が500gの差、
最大で2kgの差がありました。
微妙な量の違いは、その辺から来るのかと。

症状の出方も結構違ったりしますね~。
この間は1人は嘔吐下痢が激しくても、もう1人はけろっとしてたり。

双子の場合、兄弟の上下を意識する事があまりないので、
お兄ちゃんというのが珍しいなと思ったり

投稿: マサ | 2013-03-24 11:56

>すみぱんさん

 年齢違うのに薬の量が同じって、ありますよね、たまに。
先生、面倒くさいから手を抜いたんじゃないか?と思います。w

>マサさん

 診てる先生は、ちゃんと診てますよね。
体重・・・はともかく、症状によって双子でも
薬を変える先生もちゃんといます。

 先生、混乱しないのかなぁ?と心配になりますが。

投稿: kitten | 2013-03-25 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/57005575

この記事へのトラックバック一覧です: 双子の処方箋:

« ドラえもんは生物ではない? | トップページ | ピアノ発表会 »