« 母の日 | トップページ | 確定拠出年金2年目(2012年度)の記録 »

ブロチンシロップが品薄?

 仕事の話。

咳止めの水薬(鎮咳去痰役薬)として、昔から使われている、
「ブロチンシロップ」が品薄・・・になるらしい。
昨日、第一三共のMRさんが説明に来た。

 ブロチンは、「桜皮エキス」という生薬から作られている。
桜皮は、文字通り、「桜の皮」だ。

.

 なんでも、原料の調達が難しくなっているらしい。
最近、この手の話は時々あるんだけれども・・・
ブロチンシロップに関して言えば、規格がどうこう、という話ではなく、
本当に原料である「桜皮」が手に入りにくいらしい。

 桜なんて、その辺にある気がするんだけど、
伐採するわけにもいかないんだろうなぁ。(苦笑)

.

 この系統の水薬としては・・・かなりのシェアを誇るんじゃないかと。
コデインを混ぜた「濃厚ブロチン・コデイン液」なんてのもある。

 よく使う医師は、結構な量で使うと思う。

.

 まだ、詳細は不明。おそらく、割り当てかなんかになるんじゃないかと思うが。
基本的に継続して使うような薬じゃないし、なくてめちゃくちゃ困ることはないと思うが、
今までと同じ感覚で処方されると、薬局で対応できない。

 できれば、医師の方で処方量を減らして欲しいなぁ。

 まぁ、そんなに「大事に」使う薬ではないような気もするが。(苦笑)

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« 母の日 | トップページ | 確定拠出年金2年目(2012年度)の記録 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/57379103

この記事へのトラックバック一覧です: ブロチンシロップが品薄?:

« 母の日 | トップページ | 確定拠出年金2年目(2012年度)の記録 »