« ひさびさのホタル | トップページ | どうでもいい話 »

目覚めの一服はリスクが大きい?

 今日も、軽いネタで。

 Yahooニュースで面白いネタが出ていた。

「目覚めの一服はリスク大!?最低でも31分は我慢すること」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130610-00037130-diamond-soci

以下、一部引用

.

先日、米ペンシルベニア州立大学の生物行動学講座の研究グループから
「目覚め直後の一服は、肺がんや口腔がんの発症リスクを高める」という
研究結果が、専門誌に報告された。

調査は全米健康栄養調査に参加した成人喫煙者、約2000人から採取した血液サンプル
と喫煙習慣を分析。その結果、その日最初のたばこを起床後30分以内に吸う人は、
31分以上たってから「最初の1本」に手を伸ばす人よりも、たばこ特有の発がん物質の
血中濃度が高かったのである。

 研究者は「起床後にすぐたばこを吸うと、より深く吸入するため肺がんや口腔がん
の発症リスクを高める可能性がある」としている。

.

引用終わり。

.

 私が見ると、ネタにしか見えないけど、喫煙者からみるとどうなんだろう?
ネタにしか見えない理由は、一応書いておくと

「どういう状況だろうが、タバコはリスクが高いに決まっている」から。

.

 えっと、記事中には一応「年間喫煙本数による影響を調節した」って書いてある。
そりゃ、そうでなきゃ意味ないわな。

 どういうことか、というと、「起きてすぐにタバコを吸う人」ってのは、
それだけ、ニコチンへの依存が大きい、ということ。
だから、ヘビースモーカーであればあるほど、起きてすぐに吸う率は高い。
 ただしこの研究ではその辺を考慮しても、まだ起きてすぐ吸う人はリスクが高い。
すなわち、同じ1日20本吸う人であっても、起きてすぐ吸う人の方が、よりやばい、と。
起きてすぐ吸う人は、ニコチンへの依存が大きいから、同じ本数でも、
より深く吸い込むのかも知れない。
 

 この記事だけでは、それ以上の「理由」が見つけられなかったけど。
論文の大元に当たれれば、もう少しわかるんだけど、
そこまでする理由もないな。(苦笑)

.

 もちろん、その辺までちゃんと記事には書いてあった。w

以下、引用。

.

起床後、すぐたばこに手を出す人は「ニコチン依存症」の可能性が高いのだから、
当然、致死的な肺がんの発症リスクも上昇する。まずは31分、我慢できるか試して
みること。禁煙への第一歩になるかもしれない。

.

 引用終わり。

 大事なのは起床後30分我慢すること、じゃなくて、禁煙することだ。

当たり前だね。

|

« ひさびさのホタル | トップページ | どうでもいい話 »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

喫煙はしたことがなく、家族も吸わないのですが、受動喫煙が気になります。
朝、散歩しているのですが、歩行喫煙の多いこと。。。
家で吸えないから、外に出た途端吸いたくなるのでしょうか。

投稿: 紅茶 通販 茶専科ティチャイチャイ madam | 2013-07-14 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/57563640

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めの一服はリスクが大きい?:

« ひさびさのホタル | トップページ | どうでもいい話 »