« 得票数で比べてみた | トップページ | 先生の言うことを聞いてください »

赤ずきん

 絵本の話。

 今回は、「赤ずきん」
最近は、下の息子(幼稚園年少さん)向けに、ポピュラーな絵本を探しているので。
みんなが知っているような話は、一通り読んであげたい。

.

 赤ずきんは、グリム童話・・・なんだけど、もとはペローの童話集、だったかな。
一昔(以上?)前に、「本当は恐ろしい・・・」みたいなネタになっていたと思う。

 実際、原典に近づけば近づくほど、救いのない話になっていくようだ。

 昔、何かでペローの話を見た記憶があるんだけど、
赤ずきんが狼に食べられたところで、終わり、という話だったような。

 グリム童話になって、通りすがりの猟師が狼をやっつけて、
おばあさんと赤ずきんが助けられる、という話になったらしいけど、
この辺は、「狼と七匹の子ヤギ」の影響だったかな?(逆かも知れないが)

.

 教訓話としては、「道草をしてはいけないよ」というお母さんの言いつけを
守らなかった、赤ずきんが悪い、みたいな流れだったかな?
あるいは、「狼には気をつけろ」みたいな露骨な話だったかも知れない。

.

 むかしばなしに、整合性求めてもしょうがないんだけど、
この話って、狼が何をしたいのかがさっぱりわかんないんだよね。

 赤ずきんを食べたいんなら、最初にあった瞬間に食えるだろ。
もし、人目が気になるのなら、道草中に襲えばよかった訳で。

 
 まぁ、狼の目的としては、赤ずきん(つーか、読者)に一番ショックを与える形で、
教訓を与えること、だったのかも知れない。w

|

« 得票数で比べてみた | トップページ | 先生の言うことを聞いてください »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/57858187

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ずきん:

« 得票数で比べてみた | トップページ | 先生の言うことを聞いてください »