« 本田圭佑がACミランに | トップページ | ピアノ練習中・・・ »

新しい吸入薬

 仕事の話。

 この秋から冬にかけて、新しい吸入薬が立て続けに発売された。
自分の知識の整理もかねて、書いておく。

 まずは、基礎知識。

ICS:吸入用ステロイド
LABA:長時間作動型β2刺激薬
LAMA:長時間作用型抗コリン剤

LAMAは、喘息には使わない。慢性閉塞性肺疾患(COPD)のみ。
今までの吸入薬では、ICSとLABAの配合薬が主力だった。
喘息治療薬として、アドエア、シムビコートはこのタイプ。
でも、どちらもCOPDにも使う。

COPDには、基本的にLAMAが使われてきたが、ここ数年は
LABAもよく使われるようになった。ガイドラインが変わったんだったかな。

 で、個別の薬。

.

フルティフォームエアゾール(杏林製薬)
適応:気管支喘息
成分:フルチカゾンプロピオン酸エステル+ホルモテロールフマル酸塩水和物
    ICS+LABA

レルベア・エリプタ(グラクソスミスクライン)
適応:気管支喘息
成分:フルチカゾンフランカルボン酸エステル+ビランテロールトリフェニル酢酸塩
    ICS+LABA

ウルティブロ吸入用カプセル(ノバルティス)
適応:慢性閉塞性肺疾患(COPD)
成分:グリコピロニウム臭化物+インダカテロールマレイン酸塩
        LAMA+LABA

.

 うん、訳分からん。w

もう少し分かりやすく解説。

フルティフォームは、アドエアのLABA成分(サルメテロールキシナホ酸塩)を、
ホルテモロールフマル酸塩に変更したもの。
ホルテモロールは、単剤ならオーキシス。合剤ならシムビコートに入っている
LABA。

 ようは、アドエアとシムビコートのいいとこ取り、っていうイメージでいいのかな。

 ホルテモロールはLABAの中では即効性もあるタイプだから、
効果が実感しやすい、というメリットがある。

.

レルベア・エリプタは、ICSもLABAも新成分だけど、
ICS部分は点鼻薬のアラミストと同じ。これ、1日1回でいけるタイプだ。
また、エリプタという吸入デバイスは、全く新しいタイプだけれども、
操作方法が簡単で、使いやすい。

 ようは、1日1回でよくなった改良版アドエア

.

 ウルティブロ吸入用カプセルは、COPDの薬で、
LABA+LAMAという組み合わせの合剤は、この分野では初。

 ただ、中身はオンブレスとシーブリの合体版

 でも、うちはオンブレスもシーブリもあまり使ってないから分かりにくい。w

.

 うん、自分で書いてみてようやく理解できた。(苦笑)

 こないだ、近隣の先生のところに挨拶にいった時に
新しい吸入薬の話になったんだけど、

「色々と出すぎていて、よくわからなくなった」という点で合意に達した。w

 薬のプロとして一応、医師よりは理解できていたけれども、
突っ込んでこられたら、危なかったな・・・。

.

 こんなこと書くと怒られるかも知れないが、
30代も半ばを過ぎ、もはや自分の能力はピークを超えた、と思う。
なかなか、新しいことを覚えられなくなってきている。
若い頃は、いくらでもアタマに入ってきたのになぁ・・・。

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« 本田圭佑がACミランに | トップページ | ピアノ練習中・・・ »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私は、最近、シムビコートを使い始めたばかりのものです。

しかし、吸入薬って、こんなにあるのですね。びっくりです。今まではずっとインタールでコントロールしてて、そのインタールがどの薬局でも「お取り寄せ」になっている理由の一端がわかったような気がします。

私は看護師もしていて、新しい知識が頭に入らないの、同感です^^ というか、患者さんの名前も入らず、、、。必ず腕につけているタグを確認してます。手間ですけど、間違えるよりマシなもので…。

投稿: pega | 2013-12-15 18:57

>pegaさん

 コメントありがとうございます。
インタールですかー。昭和の薬ですね。
私も昔使ってました。w
 30年近く前ですが、インタールも吸入用カプセルでした。
穴を開けてから吸入するタイプです。
吸入は、器具(デバイス)も色々と進化してます。

 いまでも、小児用のインタール吸入液は時々みますけど、
大人で使う人は、みたことないですね。

 シムビコートもいい薬なんですけど、
ちょっと高いのが欠点?ですかね。

投稿: kitten | 2013-12-17 21:28

すみません。アドエア500を1日2回使ってるんですけど別のはありますか?
薬は最長だともらえて2か月分ですか?2か月分くださいと言わないと1か月分になるんですが、やっぱりそういうものですか?
ついででいいですけど、
国立病院で子供の頃親に取りに行ってもらってたんですが、近所の病院だとちょっと前まで1か月分ならいいとか言ってたんですけど、医師会がどうとか言ってくれなくなったんで、医師会ってどれくらい力をもってるんですか?あと分からない知らない載ってない
なら黙らないでそういってほしいですよね。調べてくれといっても動かないですし。

投稿: | 2016-06-23 22:37

>上の方

 薬を選ぶのは、症状をよく把握している医師の仕事です。
アドエア500は悪い薬ではないと思いますが、
他にも薬はいくつかありますよ。

 薬が何ヶ月出せるかは、医師の裁量次第です。
症状が安定していれば、3ヶ月、あるいはそれ以上出す
医師もいます。大きな病院ほど長期処方多いですね。
(多分、忙しいからだと思います)

 ただ、一部(睡眠薬など)30日までしか出せない薬があります。新薬だと、14日までしか出せません。
この辺のルールは国が決めていることですので、なんとも。

 医師会云々はよくわかりません。

投稿: kitten | 2016-06-23 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/58748883

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい吸入薬:

« 本田圭佑がACミランに | トップページ | ピアノ練習中・・・ »