« 運用割合変更 | トップページ | インフル拡大中 »

超長期処方

 仕事の話。

 現在、一部の薬を除いて、医師の処方する薬に日数制限は存在しない。
医師の裁量次第で、どこまででも出せる。

.

 どんな薬であっても、基本14日までしか出せなかった時代もあった。
(それも、そんなに昔の話じゃないぞ)今では考えられないな。

 いまや、30日どころか、60日や90日処方も普通に見かける。
症状が落ち着いている人なら、それでいいと思う。

.

 患者さんとしても、そうそうしょっちゅう病院に行くのはしんどいし、
病院としても、忙しくてかなわん。町の小さな診療所ならともかく、
大きい病院は、長期処方が多い傾向がある。

.

 さて、ルール上、日数制限はない。
医師が「それでいい」といえば、何日でも出せる。

とはいえ、やっぱり時々は症状をチェックしないといけないから、
あんまり長期すぎると、何かあったときに医師の責任問題になるし。

 ルール上は制限はないけど、システム上で制限があるところが多い。
つい最近みた処方せんでは、処方せん日数が「98日」だったけど、
これが二重線で消されて訂正印が押され、手書きで「126日」に
書き換えられていた。うぉ、三桁だ、とびっくり。

 おそらく、コンピューター上の制限で、日数は二桁までしか入らないんだろう。w
で、どうしても4ヶ月出したかった医師が、手書きで書き換えた、という訳。

 ま、この患者さんは5年以上も処方が変わっていなかったので・・・。
3ヵ月後に何か予定でもあったんだろう。先生の都合かも知れないが。

.

 かなり前に見た処方せんで、「これ、限界に挑戦してるな」って感じだったのが、

.

Rp1) ロキソニン錠60mg 3錠
   ムコスタ錠100mg  3錠
   分3 毎食後 99日分

Rp2)ロキソニン錠 1錠
   ムコスタ錠  1錠
   頓服 疼痛時 90回分

.

 病院のシステム上の限界に挑戦した処方箋。
手書きにせずに、限界までロキソニンをもらおうと思ったらこうなったらしい。
(ちなみに、患者さんは病院のスタッフだった。)
 昔はこれくらいできたんだな。今やったら、保険から切られる気がするが。(苦笑)

.

 さて、私が見たことある長期処方での最長記録は、

.

Rp1)チラーヂンS錠50 1錠
   分1 朝食後  180日分

.

 半年処方、180日である。
これも、ずーーーっと症状が安定しているので、ということだった。
医師がOKといえば、薬剤師が突っ込む話ではないし。

.

 もっとも、内服薬だから何日分か分かるってだけで、
例えば目薬なんかだと、何日分で出ているのかは分からない。
次の予約聞いたら半年後って人もたまにいる。
「半年分」の薬を出してもらった、ってことだな。

.

 一方で、ひたすら14日処方が続く患者さんもいる。
「先生は、どうして長期で出してくれないの?」と聞かれることもたびたび。
これも、医師の裁量だから。よくわからないとこもあるけど。

 でも、2週間に一回診察するってことは、
それだけ、しっかり診たいという意思の現れ、とも言えるんだけど・・・
嫌がる患者さんも多いな。w

 

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« 運用割合変更 | トップページ | インフル拡大中 »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/58997450

この記事へのトラックバック一覧です: 超長期処方:

« 運用割合変更 | トップページ | インフル拡大中 »