« 子ども達とはじめての映画 | トップページ | 日記のネタ探し »

3つの顔を持つ薬

 相変わらずきつい状態が続いているけど・・・仕事の話。

 今日、日本で初のSGLT2阻害薬、スーグラ錠が発売された。
どれくらい処方がでるか分からないけど、新しい薬、それもアステラスなら、
とりあえず卸から放り込まれる薬局も多いんじゃないだろうか。(苦笑)

.

 で、今日はそっちの話・・・ではなく、もう一つ、注目の薬がある。
日本新薬から、前立腺肥大の治療薬として薬価収載された、「ザルティア」

 成分名は、「タダラフィル」

 ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害薬、という分類になる。
実は、この成分が製品化されるのは、実に3回目。
それも、まったく違う分野の薬として出てきている。
2つの顔を持つ薬は、色々思い浮かぶが、3つとなると・・・
ほかになにかあるかな?スルピリドくらいか??

.

 ホスホジエステラーゼ阻害による、c-AMPやc-GMPの増加による、
平滑筋弛緩作用・・・って、ものすごく効果範囲が広いから、
色んな場所で効果を発揮するんだろう。

 サブタイプが色々あって、それで使い分けがある。

 日本で初めて発売されたときは、薬価収載されていない。
「シアリス」という、ED治療薬として発売された。
先行の薬品と比べて、効果の持続時間が長いのを売りにしていた。

 次にでてきたときは、「アドシルカ」という名前。
シアリスは基本10mgだったけど、アドシルカは20mg。
ただし、こちらは適応が「肺動脈性肺高血圧症」となっている。
発売されて結構たつけど、まだ処方すら見たことないな・・・。

 もちろん、同じ成分を使っている以上、同じような作用も起こりうるんだけど。

.

 で、今回は「ザルティア」という名前で新発売される。
前立腺肥大に伴う排尿障害、と。
用量は、シアリスの半分で5mgが基本。

この分野では、αブロッカーが第一選択薬になる。
ザルティアの位置づけはどのあたりになるんだろうか?
αブロッカーで効果があるなら、そっちの方がいいような気がする。
これだけ「色々なことに作用がある」薬ってことは、
そんだけ副作用(?)も多いってことになりそうだから。

 前立腺肥大には、抗アンドロゲン薬も使われるが、
男性ホルモンを抑える薬なので・・・副作用としてEDが現れることがある。
ザルティアと併用したら問題なくなるのかな?
うーん、この辺は専門の医師じゃないとわからんな。

 とりあえず、泌尿器科の専門医くらいしか出さないだろうな。
・・・逆に出してきたら、怪しむべきなのかも知れない(汗)

.

 ちなみに・・・
副作用としての持続勃起は添付文書に明記されているが、
頻度はそれほど多くはないと思う。
勘違いされやすいところはあるが、服用するだけで勃起する訳ではないので。
(「刺激」が必要なのは、健常人と一緒だ)

.

 広い意味で、ホスホジエステラーゼ阻害作用を持っている薬品に・・・
「カフェイン」があったりする。喘息に使われている「テオフィリン」もそうだな。
あれ、カフェインの利尿作用って、ザルティアと同じってこと?w
(きっと違う。ww)

 ザルティアの薬価はそれなりにする(5mg錠が230.6円)けれども、
アドシルカほどではないので、目にする機会があるかも知れない。
色は違うけど、形はシアリスに似ているようだ。

 

|

« 子ども達とはじめての映画 | トップページ | 日記のネタ探し »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/59486455

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの顔を持つ薬:

« 子ども達とはじめての映画 | トップページ | 日記のネタ探し »