« アンナカ | トップページ | 独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院 »

硝酸イソソルビド

 仕事の話。

「硝酸イソソルビド」という薬がある。
これは、心臓の薬。NOを遊離して、血管を拡張する作用があるので、
狭心症などに使われる。

 ところが、硝酸イソソルビドには、主に二種類ある。
一硝酸イソソルビドと、二硝酸イソソルビド。
普通、「二」の方は「二」とつけないことが多いが。

 wikipediaに項目があるので、リンクはっておく。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%9D%E9%85%B8%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%89

.

 先発医薬品としては、
一硝酸イソソルビドとしては、「アイトロール」
二硝酸イソソルビドとしては、「フランドル」や「ニトロール」が有名。

 それほど高い薬ではないけれども、ジェネリック医薬品もある。
今回、それで少し問題になっている。

.

 ジェネリック医薬品は、古い薬だと、「先発医薬品に似た名前」に
なっていることが多い。最近発売された薬だと、基本的には一般名に
なっているんだけど。

 ただ、古い薬もどんどん名称変更されて、一般名(成分名)に変わっている。
特に、沢井製薬さんが、がんがん名称変更している。
薬の名前が先発品と似ていると、間違いやすいから、かな?

沢井製薬は、アイトロールの後発品として「アイロクール」
フランドルの後発品として「サワドール」という薬を発売していた。
最近、その辺の薬が名称変更された。

「アイロクール」→「一硝酸イソソルビド錠」
「サワドール」→「硝酸イソソルビド徐放錠」

 ・・・名前似すぎてて、かえって間違いやすいって、これ。

 しかも、どちらもよくでる規格は20mg錠なんだよね・・・。
後発品は、基本一般名っていうルールはルールなんだけど、
こんなことされたら、非常に高い確率で過誤がおきそうだ。(汗)

.

 また、後発品使わないにしても、この辺を一般名処方されても
間違ってしまう可能性は結構あるような・・・。

 ルールはルールなんだけど、何のためのルールなんだろうね?

.

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!
by 薬剤師ブログタイムズ 

|

« アンナカ | トップページ | 独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院 »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/59716320

この記事へのトラックバック一覧です: 硝酸イソソルビド:

« アンナカ | トップページ | 独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院 »