« 錦織3連覇と四大陸選手権 | トップページ | 薬剤師の適正人数は »

「七時間目の怪談授業」

 ひさしぶりに、本の紹介。

七時間目の怪談授業」(藤野恵美)

 リンク先は、amazon。
これは、児童書。なんせ、講談社青い鳥文庫ってんだから。

 対象年齢としては、小学校3年生以上、ってとこじゃないかな。

.

 主人公の女の子(小学校5年生)が、ケータイを買ってもらったら、
そこにのろいのチェーンメールが送られてきた。
9日以内に3人に送らないと・・・ってヤツ。

 ところが、ケータイを学校に持っていってしまったので、
先生に見つかって没収されてしまう。このままではメールが送れないから
呪われてしまう。

 そう言うと、先生は「それを聞くと余計に返せない」と。
返して欲しければ、1週間以内に私を怖がらせる話をしなさい、と。

.

 で、7時間目(放課後)に有志が集まって先生を怖がらせる話をする。
そういうストーリー。なんだけど・・・。

 これ、先生が、「この話はいかに怖くないか」を説明するんだ。w
なので、ありがちな怪談集ではない。実際、タイトルとは裏腹に
怖い話ではない。

.

 ただ、ラストに向けての展開が、すごくよかった。
幽霊を信じない先生が、一番怖い話ってなんだろう?と
考えた子ども達が、最後に先生にぶつけた話を、
先生はやっと「怖い」と言った。

 そして、最終日、先生の「怖い話」
これ、オチを言っちゃうとあれなんだけど、この話のテーマって、

幽霊なんか存在しない、死んだ人には二度と会えない。
 それこそが、もっとも怖いことである

 ってことなんだよね。だから、今を大切に。

.

 これ、児童向けでやる内容かよ、と。
いやはや、児童小説甘く見てたわ。

.

 面白いかな、と思って自分向けに図書館で借りた本だったけど、
意外にも小学校二年生の娘が先にすらすらと読んでしまった。
あれ、これくらいの本なら簡単に読めるんだ。

 確かに、漢字にはほとんど振り仮名がふってあるから、
読もうと思えば読めるな。
ただ、この話の「怖さ」をどこまで理解できているかは疑問だが。(苦笑)

|

« 錦織3連覇と四大陸選手権 | トップページ | 薬剤師の適正人数は »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/61159987

この記事へのトラックバック一覧です: 「七時間目の怪談授業」:

« 錦織3連覇と四大陸選手権 | トップページ | 薬剤師の適正人数は »