« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

機能性表示食品は、劣化トクホ?

 今日で4月も終わり。

この4月から新たに始まった制度に、食品表示の制度がある。
新たに「機能性表示食品」が認められた。

 これは、安倍政権が規制緩和の一環として進めてきたものだろう。
基本的に、薬効を謳うことができるのは医薬品だけ。
食品(サプリメント含む)だと、薬効をうたうことはできない。

 で、特定保健用食品(トクホ)は、(一応)国が審査することで、
「こういう表示をしてもいいですよ」という許可をもらえる仕組みだった。
例えば、「からだに脂肪がつきにくい」とか。
 正直、国の審査もかなりザルな気がするんだけど……。
それでもしないよりはマシだろう。

.

 今回の機能性表示食品は、国に届け出るだけ。
国は、形式のみを審査するだけで、中身を精査することはない。
もちろん、その分、トクホよりも表現が緩やか……になるんだろうけど、
消費者がその違いを読み取れるかどうかは激しく不安だ。

 例えば
「この食品には、オリゴ糖が含まれます。
 オリゴ糖は、お腹の調子を整えることが報告されています」とか。
これくらいの表示になるのかな?

 ちなみに、トクホの一例だとこんな感じ。

「腸内のビフィズス菌を適正に増やし、お腹の調子を両校に保つ飲料です」

……これ、誰か違い分かるか?ww

 せいぜい、「トクホ」のマークがつくから、トクホだとわかる程度だろうか。

.

 機能性表示食品の表示は、基本的に事業者責任だ。
国はその表示を全く保証していない。間違いがあったら、事業者の責任。
適当な事業者が、適当にやる可能性は否定できない。

.

 で、本題。松永和紀さんの記事。

「安全性が確認できない」トクホ”却下”の製品が、機能性表示食品に
http://www.foocom.net/column/editor/12585/

 上記リンクを踏んでもらうのが手っ取り早いんだけど、
3行でむりやりまとめるならば、

安全性に問題がある、としてトクホの申請を却下された製品が、
機能性表示食品として申請されている。
消費者庁は中身を吟味しないので、受理された。

 とまぁ、そういうことだ。
トクホでダメなら、機能性表示食品でいいんじゃね、ってことだな。
で、あとは消費者の判断に任される、と。

.

 なんでこんな制度を作ったのかねぇ・・・?
悪徳企業万歳にしかならないと思うんだけど。

 こっから先はあくまで私の個人的な印象なんだけどね。

 そもそも、健康食品って、医薬品になり損ねたものが多い
本当に効果があるなら、医薬品になっているはずだから。
健康食品の時点で、怪しいものが多い、という。(苦笑)

 で、その中からさらにトクホにすら受からないってね。
トクホはちゃんと国が審査しているとはいっても、
ヨーロッパなんかと比べると、審査ははるかにザルい。

 同じ、FOOCOMさんの過去記事をリンクしておこう。

「EFSAの食品の健康影響評価は厳しすぎるのか?」
http://www.foocom.net/fs/uneyama/2537/

 これは、畝山先生の記事だなぁ。
日本では当たり前のようにトクホで認められている
オリゴ糖やビフィズス菌を増やすような食品が、
EFSAではのきなみ却下されている。という内容。

.

 で、そんな日本のトクホからももれた食品が、
機能性表示食品で通ってしまうわけだ。
やれやれ。(苦笑)

 効果がないか、というとそうとも言い切れないんだけどね。
少なくともプラセボ効果はあるだろうし。

 

.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外にも自転車乗れる?

 息子の自転車から補助輪をとったのは、
先週の日曜日の話。

 思ったよりもできる?と記事を書いたんだけど、

「自転車の練習、再び」(2015.4.20)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-299e.html

.

 あのあと、平日に一回練習。
で、日曜日に少し離れた大きな公園まで行って練習してみたが、

基本ヘタレな息子は、事前予想に反して予想外に健闘している。
たった3回目の練習にして、早くも道半ばをこえた。

.

 2回目の練習では、すでに10m以上進むことができるようになった。
もちろん、最初は支えてやっているけれども、漕ぎ出して安定すると
かなり遠くまで進めるようになってきた。

 ただ、ハンドルさばきがかなり怪しかったので、
3回目の練習では、そこを慣れてもらおう、と公園で練習。
1周200mくらいある池の周りを回るコースを、なんなく突破。
調子が良いと、300mくらい止まらずに進める。

.

 さらに、発進の練習。
平らなところでは成功率3割程度だけれども、
緩やかな下り坂でスタートすれば、かなりの確率で
一人で発進できるようになった。

 少しくらいの上り坂なら、気合で上りきれるようになったし、
ブレーキの操作は、もともと臆病な彼にはお手の物。w
あれ、自転車の練習ってこんなにさくさく進むもんだっけ?

.

 もはや、教えることはほとんどなくなった。
後は、反復練習してくれれば、そのうち乗れるようになるだろう。
発進が安定してくれば、もう練習も終わりだ。

 どっか遠出して、経験を積む・・・のが後の流れなんだけど、
娘の時と違って、私が少し年を重ねてるんだよね。
遠征には、私は足で走ってついていくしかないんだけど、
そんな長距離走(5,6kmくらい)耐えられるかな?(苦笑)
ちょっと自信がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦織がバルセロナオープン連覇

 スポーツより。

 テニスの錦織圭が、ATP500大会であるバルセロナオープンで、
昨年に引き続き、優勝。連覇を達成した。今季2勝目。

 昨年は、バルセロナで優勝、次のマドリードで準優勝して
一気にポイントを稼ぎ、初のトップ10入りを果たした。
あれから1年たって、錦織はナダルを抑えて第一シードで帰ってきた。

 このところ、世界ランキングは4位、5位あたりだけど、
本当に強くなったなぁ、と感じる。立派にトップ選手だわ。
下位の選手にほとんど負けなくなってきた。

 いや、「下位の選手」って言っても、1年前だと「同格の選手」だった訳で。
最近の活躍みてると、何年も前からトップ選手みたいに錯覚しそうになるが、
錦織はトップ10に入ってたかだか1年しか経ってないんだよ??

.

 さて、バルセロナ大会は、決勝含めて何試合かテレビで見た。
有料放送のGAORAさんじゃなく、BS朝日で。
昨年、ツアーファイナルズをBS朝日で放送していたけれども、
この放送局は、テニス中継にも力を入れているっぽい。
 松岡修造がテレ朝(ってか報道ステーション)でよく出ているから、
その関係かなぁ?

 他にも、グランドスラムにつぐ格式のマスターズ大会を、
NHKがBSで放送していたりして、テニスの中継が格段に増えている。
ちなみに、先日行われていたモンテカルロ大会も中継されていた。
錦織が出場していないにも関わらず。w
 いや、テニスファンにとってはありがたい話じゃないだろうか。
今までは、GAORAかWOWOWしか中継なかったんだから。

.

 テニスって、LIVE中継には向いていないスポーツだったりする。
いや、見てて面白い、それは問題ないんだけど、
試合の開始時間が読めないから、テレビ的に難しい。

 というのは、同じコートで立て続けに試合をするため。
しかも、テニスは試合時間が読めない。3セットマッチだと、
早ければ1時間程度で終わってしまうのに、長引けば2時間、3時間かかることも。
試合開始時間がはっきり決まっているのは、その日の第一試合だけだ。

.

 開始時間が決まっていたにしても、終了時間は読めない。
放送局が2時間の枠を押さえていても、1時間で終わることがある。w
そうすると、残り1時間どうするよ?ってなるし。
逆に、時間がさらに延びることも十分考えられる。
そうなった時に、「試合の途中ですが、ここで放送終了」ってのも厳しいでしょ。

 地上波の放送が難しいのはそういう理由。

.

 さて、バルセロナオープン。
何試合か見てたけど、錦織って、絶対にクレー好きだよね。w
昔はハードコートが得意で、クレーは苦手?っていう印象あったけど、
もともと、ストローカーなんだからクレー苦手な訳はないわ。

 ATP500大会は、別に参戦義務がある訳ではないので、
バルセロナ大会は、「クレー好き」な選手、猛者たちが集まる。
で、そういう選手達は、錦織に正面からストローク勝負をしてくる。

 で、ことごとく返り討ちにあう、と。「錦織クレー無双」状態。
錦織が本当に楽しそうにプレイしている。
相手が自分の土俵にあがってきてくれる訳だからねぇ。
「錦織とまともに打ち合うと勝てない」ってのは、他の選手もわかってきたので、
どの選手も、まともに打ち合おうとしてくれなくなってきた。
 でも、クレーコートなら、そして、クレーの大会にでるクレーの猛者どもは、
まともに打ち合ってくれる。錦織にとってこんなに楽しいことはないのでは?ww

 錦織は、昨シーズンのバルセロナで優勝。次のマドリードで準優勝。
とはいえ、マドリードの決勝戦は、勝利一歩手前まで行っての、負傷棄権だった。
その後、ローマは欠場して、全仏オープンにはなんとか出場したけれども、
ケガの影響が大きく初戦敗退、と。

 昨シーズンの錦織のクレーシーズン、
負傷以外の原因で負けた試合は1試合もない
で、今年のバルセロナも優勝、と。本当に負けてない。
怪我さえなければ、相当いいところまでいくんじゃないかな?
ひょっとしたら、クレーの王様、ナダルを、錦織が引きずりおろすかもね。

.

 まぁ、そんなに簡単にはいかないだろうけど。
決勝戦も、結果だけみればストレート勝ちだけど、紙一重だったし。
ただ、最近の錦織の強さは、その「紙一重」を勝ちきる強さなんだけどね。

 相手が地元スペインの選手だったけど、100%アウェーって感じではなかった。
もちろん、相手の方が応援は多かったけれども、錦織のスーパープレイにも
大きな拍手が送られていた。そういう文化がしっかり根付いているんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

首相官邸ドローン事件

 少し、体調を崩している。
連休前に、しっかりと体調を戻したいんだけど。
無理だったら、ブログ休むかも。

.

 さて、最近のニュースより。
首相官邸ドローン事件、と勝手に名づけたが。
何年か経った後に見返して、何があったかを思い出すために経緯を。

 首相官邸の屋上で、小型無人飛行機「ドローン」が発見された。
誰かのいたずら?と思いきや、ここから微量の放射線が検出されて、
大事件となる。

 とはいえ、放射線量はものすごく低かったので、大したことはない。
ただ、ドローンの規制は必要、というような世論の流れの中でおこった。
大したことなかったから問題なかったけど、やろうと思えば
爆発物や生物兵器を使ったテロも可能ってことだからな。

.

 事件は、急展開する。犯人(?)が警察に出頭した。
どうやら、福井の反原発メンバーらしい。
反原発を訴えるために、福島県の土を使った、と。
まぁ、考えられなくはないな。その程度の放射線量だったから。

 余談だが、ほぼ同時期にとある公園から発見された放射性物質は、
このドローンを遥かに超えるレベルの放射線を出していた。(苦笑)
今の福島の土の放射性物資なんて、全然たいしたことないね。

.

 まずは、総括。この犯人のやったことは、馬鹿なことである
真面目な反原発派が迷惑するだけだ。
本気で反原発を考えるのなら、ちゃんと法にのっとってやらんか。

 ただ、罪状としてはどうだろう。
威力業務妨害罪。立派なテロといえばそうなんだが、
これ、犯人に政治的な意図が何もなければ、ただのイタズラだろう。(悪趣味だが)
たいした罪にはならないような気がする。

.

 ただ、事件の全容(犯人のブログ)をみると、
これはもうお笑いだわ。ネタか?w

計画では、4/8に首相官邸にドローンを墜落させ、
マスコミに大々的に報じられる。翌日に出頭して、マスコミの話題をかっさらって、
県知事選、という流れを狙ったようだ。

 結果・・・。誰にも気づかれず発見されない、という。ww
いや、犯行の前にその可能性に気づいておこうよ。w

 で、2週間たってから、無事に発見された。
そして、犯人の思惑通り大騒ぎになったけれども・・・
主目的だった選挙はとっくの昔に終わってる、と。w

.

 今後予想される流れ。
まず、ドローンの規制はこれはもう間違いないだろう。
今回は無害な馬鹿犯人だったからよかったけれども、
テロリストが本気で使うと問題が大きくなる。

 かといって、怪しい飛行物体を撃ち落とす、なんてのは
平和な日本でやるのはちょっと過激すぎて現実的じゃない。
規制したところで、販売の規制まではできないから、
ドローン規制とは別の次元で、警備の強化は必要だろうね。

.

 ただ、一つだけ気になった点が。
これ、犯人が自主するまで、犯行声明等は報道されていないけど、
犯人のブログによると、問題のドローンに犯行声明はつけていたらしい。
当然、警察は早い段階で回収しているはずで。
犯人はともかく、犯行の動機は最初っからわかっていた、と。
で、分かっていてマスコミには伏せていた、と。

 なんで、その情報を伏せていたんだろうね?
誰かの意向かな??

 誰の意向かは知らんけど、伏せさせた人間もちょっと、あれだな。
そんな犯行声明、にぎりつぶしたところで、
犯人が新たに出すに決まってるじゃないか。w
そこまで読めなかったとしたら、ちょっと考えが足りないんじゃないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絵でわかる感染症withもやしもん

先週の読書週間で読んだ本の一つ。
「絵でわかる感染症withもやしもん」

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B5%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87-%E3%82%82%E3%82%84%E3%81%97%E3%82%82%E3%82%93-KS%E7%B5%B5%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B2%A9%E7%94%B0-%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4061547755/ref=cm_cr_pr_product_top

上記リンクはアマゾン。

.

 実は先日、「ねころんで読める抗菌薬」という別の本を買ったばかりで、
立て続けに似たような本を買ってしまったんだけれども。w
内容は重複しているところがあるんだけど、
内容も、イラストも、「withもやしもん」の方がはるかに上だった。

「ねころんで・・・」の方は、むむさんが記事にしてるので、そっち参照。
http://phmumu.blog79.fc2.com/blog-entry-140.html
(しっかし、この人とは本当にネタがかぶるなぁ・・・。
 おかげで書かなくてもよくなった記事とか、書けなくなった記事多数)

.

 一応、「一般向け」ということになっているけれども、
この内容、一般人がどこまでついていけるのかは、甚だ怪しい。
最適な読者は、「医学部生、薬学部生」あたりではないかと思う。
もちろん、プロの医師や薬剤師、看護師が読んでも十分役に立つ。

 ただ、もやしもんの石川雅之のノリについていけるかどうかで、
この本の評価は大きく分かれそうだ。w
もやしもんファンで、感染症の勉強をしたいなら絶対に買うべき。
 
 著者の岩田健太郎先生も、感染症界のエース。
文章が走りすぎているきらいもあるが、それも面白い。
むしろ、岩田先生のファンで、「もやしもん、何それ?」という人は、
……イラストが邪魔だと思うかもね。

.

 薬剤師としては、βラクタム環の構造にまで踏み込んだ内容にびびった。
あれは一般人置いてけぼりだろ。

あとは、外来で(ってことは薬局で)出る抗菌剤のほとんどは、
誤用だろうなぁ、ってことかな。(苦笑)
 とはいえ、それを医師に進言できるほどの力はない訳で。
「風邪に抗菌剤使っても効かないよ」って、たぶん、
医師も言われなくても知っていると思うんだけどなぁ。なんで出すんだろ。

.

 イラストとしては、「そんなことよりおどらんか」の美里、川浜コンビに
吹き出してしまった。本当に自由な人たちだ。ww

.

 結論。もやしもん好きの医療関係者なら買うべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

C型肝炎は飲み薬だけで治る時代です

 仕事の話。

 以前、C型肝炎の治療の進歩について、記事にした。
「C型肝炎の治療は進歩しています」(2014.6.3)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/c-7cd2.html

.

 このときは、PEGインターフェロン、リバビリン、シメプレビルの
3剤併用療法を紹介し、SVR90%に恐れおののいた。

 この時点でもすごいと思っていたんだが、
C型肝炎の治療は、さらに進化している。しかも、現在進行形で
進化し続けている。

.

 昨年秋、ついにインターフェロンフリーの治療薬が出た。
ブリストルマイヤーズ社の抗ウイルス薬。
ダクルインザ(一般名:ダクラタスビル塩酸塩)と、
スンベプラ(一般名:アスナプレビル)だ。

 これらの薬はセットで使われる。インターフェロンフリーの経口薬。
インターフェロンフリー、と言うのは、インターフェロン療法が必要ない、
ということだ。

 インターフェロン療法は、昔から続いてきたC型肝炎の治療法。
免疫力を高めて、ウイルスを排除するんだけれども、
おそろしく副作用の多い療法だった。

 副作用の発現頻度。発熱94.9%、倦怠感91.4%。頭痛86.5%。
その他、ありとあらゆる副作用がかなりの頻度で発生する。
(間質性肺炎や、自殺企図の副作用がありえる、と警告がある)

 なので、インターフェロンで治療しようとして断念した人もいれば、
高齢者など、そもそも適さない人も大勢いた。

.

 ダクルインザとスンベプラ(しかし、名前覚えにくいぞこれ)は、
ウイルスを直接叩く薬なので、インターフェロンは必要ない。
ってことは、あのインターフェロンの副作用の山と戦う必要がない。

 つまり、今まで治療できなかった人も挑戦できることになった。

.

 さらに今年の3月、適応が追加された。
今まではインターフェロン無効例、もしくは不適格例の患者さんに
対してのみ使われていたのだが、先月からは、インターフェロンの
治療歴に関わらず、誰でも使えるようになった。

 一応、現時点の肝炎ガイドラインでは、
ペグインターフェロン、リバビリン、シメプレビルの3剤併用療法が
第一選択、となってきているけれども、実際に患者さんの選択は、
インターフェロンを使わない方法になっていくと思う。
 インターフェロンはほぼみんなが辛い、しんどい、と言うし。
副作用が出ないほうが圧倒的に少ないからねぇ・・・。

 治療成績も問題ない。
一部、効き難いタイプのウイルスがいるらしいけれども、
事前に検査することができるようだし。
SVR率は、従来の3剤併用療法と大差ない。

.

 ダクルインザとスンベプラも、肝炎公費の対象になる。
つまり、月額上限1万円とか、2万円とかで治療可能だ。

 ダクルインザは薬価が9186円/日
スンベプラは、薬価が6561円/日

あわせて、1日で15747円。これを24週間続ける。
薬代だけで、260万円超・・・。マジか。

 もっとも、今までのインターフェロン、リバビリン、シメプレビルの
3剤併用療法でも、トータルではそれに近い額がかかっていた・・・のかも。
インターフェロンは病院で打つから、薬局では金額わからんだけで。

.

 ただ、このダクルインザ・スンベプラ療法は、
C型肝炎のジェノタイプ1にしか使えない。
日本では7割がジェノタイプ1だそうな。

 ほかのタイプのC型肝炎だと使えないんだけれど・・・
実は、もう一つ、新薬が控えている。
ジェノタイプ2のC型肝炎に使える、インターフェロンフリーの新薬。
これが、おそらく5月には薬価収載される予定。

 ギリアド社のソバルディ(一般名:ソフォスブビル)。
実は、この薬、C型肝炎を終わらせるかも知れないほどの力を持つらしい。
インターフェロン必要ない上に、めちゃくちゃ効果が高い。

 近いうちに承認されるのは、まずジェノタイプ2型に効くタイプのものだけど、
同じソフォスブビル配合で、ジェノタイプ1型に効くタイプのものも
年内には発売されるんじゃないか、と言われている。

.

 こっそり、ブリストルさんに聞いてみたんだけれども、
ぶっちゃけ、対等の条件ではダクルインザ、スンベプラは、
このソフォスブビル配合新薬に勝ち目がないそうだ。(苦笑)
(だから、承認されるまでが勝負、と全力で宣伝を入れている)

 ダクルインザ、スンベプラが24週治療なのに対して、
ソフォスブビルは12週治療でOK.
しかも耐性ウイルス検査も必要ない。

.

 ただね、このソバルディ。非常に高価な薬となりそうだ。
まだ、日本での薬価は決まっていないけれども、
アメリカでは、1錠1000ドル。12週間で8万4000ドル。
1ドル120円で計算すると・・・12週間で

1008万円

 いやいやいや、いくらなんでも高すぎだろう!!
あまりに高すぎるので、アメリカでも批判が高まっている。
実際に値下げの動きもあるらしいんだけど。

.

 もっとも、これはアメリカでの話。
おそらく、日本でここまで高い薬価がつくことはないと思われる。
・・・にしても、ダクルインザ・スンベプラよりもはるかに高いだろうな。

 日本政府、これに肝炎公費適応していいんか?(汗)
自己負担3ヶ月で3万円程度で、これだけの治療受けていいのか?

 なんにせよ、いくらの薬価がつくのかが見もの。

.

 薬局としても、覚悟が必要になる。
仮に半額になったとしても、1錠5万円の薬が出てくることになる。
包装単位は、普通に考えると14錠かな。それでも70万円。
ケタが違いすぎて想像できん・・・。

 薬局実習に来ている学生が間違えて箱開けたりとかしたら、
ものすごい勢いで学校にクレーム入れるかも知れんわ。(苦笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

自転車の練習、再び

 息子の話。

 今年、幼稚園の年長さんになる彼は、
今まで、あまり自転車に乗ってこなかった。
買ってもらった当初は時々遊んでいたけれども、
一緒に練習するような子もいないので、それほど自転車にのってない。

 もっとも、去年の冬あたりから、ペダルが異様に重く、
補助輪ありでも、なかなか進まない。

 昨日、ようやく時間ができたので、自転車屋さんで見てもらう。
後輪のブレーキが何かにあたっていたようで、重さは取れた。
ついでに、補助輪も外してもらった。

.

 もちろん、本人の許可は取っている。
年長さんだし、これからは外で遊びやすい時期だから。
息子本人が、練習する、と言ったのだから、もう頃合だろう。

 というわけで、とってもらった。

 上の娘の時はどうだったかな、と記録をあさってみる。
彼女は5歳になってすぐ、補助輪を取っているな。
息子より半年早い。w

「自転車の練習」(2011.9.26)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-284a.html

「続・自転車の練習」(2011.10.3)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-63e7.html

「自転車(その後)」(2011.11.21)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-d3dd.html

.

 娘は、泣きながら食らいついて、根性でうまくなっていったが、
息子はそういうタイプではない。果たしてどうなるか・・・。

 初日の結果・・・。意外なことに、彼はバランス感覚に優れている。
もちろん、最初は私が固定しているが、手を離しても5mくらいなら
平気で進んでいく。
 ウチの近くには、平らな道がないから長距離を走ることは難しいんだが、
上り坂でも、最初に加速をつけてやれば意外なほど一人で進める。

 意外にも、初日の結果は、娘よりもはるかに上だった。

.

 とはいえ、彼は極端に臆病で、失敗を恐れる性格。
ちょっとでも、「怖い」と思えば、すぐにブレーキをかけて止まるし、
いやになれば、すぐに投げ出してしまうし。

 今日は、「10回こけたら終わり」という約束で練習。
後半の何回かは、わざとこけていたような。(苦笑)
まぁ、それでも頑張って練習してくれれば。

 彼は、努力すればできる、という経験が、乏しいからなぁ。
できないことは努力しないタイプだから。
何とかやる気を持続させて、努力の大切さを教えていかないと。

.

 ただ、教えているこっちも、かなり疲れた。(苦笑)
支えて、押して、走ってって、結構こっちも体力使う。
最近、運動不足だから余計にきつく感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分数はゆっくりと

 軽めの記事。

私は、勉強に関しては記憶力のいいほうだと思う。
特に、義務教育の内容に関しては。
職場で、子どもの勉強の話題になったことがあり、
「a(アール)」なんて単位、習ったことがない!という話になった。

.

 残念ながら、私は思い切り記憶に残っている。
おそらくは小学校高学年、たぶん6年生だったんじゃないか、と。
面積の基本単位。まぁ、普通は前に「h(ヘクト)」がついて
ha(ヘクタール)として使うことが多い。

 って話をしたら、「なんでそんなこと覚えてるんだ」とびっくりされた。(苦笑)
でも、小学校5年生で「a」がでてきたって話だったから、どうかな?
学習指導要領もかわっている、ってことだろう。

.

 さて、子どもの勉強を・・・あまり真剣には見ていないが、
ときどき、チェックしている。今の小学生、2年生で分数やってる。
これに驚いた。
 私の記憶では、分数は小学校・・・4,5年生じゃなかったかと。

 もっとも、計算らしきものは2年生では出てこない。概念だけのよう。
調べてみると、3年生でも分数はでてきて、通分のない簡単な計算は
ここからスタート。通分が必要な計算は、5年生、かな。

 ひょっとしたら、私の時も2年生くらいからやってたのかな?
ただ、分数というと5年生のイメージが強い。
本格的に難しくなるのは、やっぱり通分が出てくるあたりからだから、
その印象が強いのかも。

.

 ただ、分数は「算数嫌い」の元凶だとも思う。w
だいたい、中学校にいって数学できない子は、算数の分数から
つまづいているパターンが多いだろう。
「できるだけつまづかないように」ゆっくり、じっくり時間をかけて
進めるのが、最近の流れなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登録販売者試験は、学歴、経験不問で受験できる

 ドラッグストア関連の話。

「登録販売者」という資格がある。
これは、2009年(6年前)の薬事法改正により、新たにできた資格である。
それまでは、薬局、薬店、ドラッグストアには、原則として薬剤師が必要だった。

 2009年の改正で、医薬品がリスクにより分類され、
比較的リスクの高い1類医薬品は薬剤師が対面販売で売る。
リスクの低い2類、3類医薬品の場合は、薬剤師でも構わないが、
「登録販売者」という新たな資格を作り、登録販売者がいれば、
売ってもよい、とされた。

.

 歴史的には、ドラッグストアが乱立しているが、薬剤師が足りていない、
という状況があった。そこで、規制緩和として、薬剤師ほどではないが、
そこそこの薬の専門家、という資格を作った、という訳。

 1類医薬品を扱わないお店の場合、薬剤師は必要なくなる。
なので、ドラッグストアによっては、1類医薬品を扱わない店も増えていると思う。

.

 当初、受験資格としては「薬学部卒業していること」のほか、
「高卒以上」、「実務経験1年以上」というような縛りがあった。

実際、薬学部卒業している人間は、より上位の資格である薬剤師を狙うので、
実質、この試験を受けるのは、ドラッグストア等で働いている、非薬剤師の人。
実務経験があれば、パートさんでも受けることができた。

 が、その後、事件が発生する。
とある企業で、実際は実務経験の時間が足りていないのに、
虚偽の実務経験証明書を発行して、試験を受けさせた事例が発覚。
同様な例も次々とでてきて、企業は対応を迫られたんだけど・・・

 結果として、「実務経験不問!」ということになった。

なんでやねん

 なにか、政治的に強い力が働いたのかなぁ?
まぁ、そうとしか思えないが。

.

 で、実務経験不問。ついでに、学歴や年齢も不問になった。
実務経験不問となった試験は、今年度、平成27年度から実施される。

 もちろん、薬剤師には関係のない話であるが。
ただ、今までは学歴、年齢もさることながら、実務経験という大きな壁が
あったので、受験できる人は限られていた。
今後、もっと多くの人が受験できるようになるだろう。

 じゃ、実務経験は全くいらんの?
というと、実は、資格を取った前後に、2年実務経験をつまないと、
「店舗管理者」にはなれない、という縛りが新たに設けられている。
ただ、店舗管理者の管理、指導の下で、医薬品を販売することは
認められている。

.

 さて、どんな人たちが受験してくるのかなぁ?
年齢、学歴不問ってことは、受けようと思えば小学生でも受けられる、
ってことになるな。w
おそらく、最年少合格者として、小学生くらいまでは考えられると思う。
12歳の気象予報士とか、いたよね、たしか。

 問題のレベルが変わるかどうかは判らないけど……
一般人が、普通に勉強したら通る程度の難易度だと思う。
実際、大手のドラッグストアの社員であれば、(何年かかかるヤツはいるが)
ほとんど通っているだろうし。

 ただ、「普通に勉強すれば」というのが、社会人には非常に難しいので、
合格率はそれほど高くない。都道府県によって異なるが、5割弱といったところ。
仕事しながら勉強するのって、難しいんだよ……

.

 そう考えると、学生の間に取っておいた方がいいかもね。
例えば、今後、ドラッグストアへの就職を考えている人なんかだったら、
前もって取っておくとかなり有利なんじゃないかと思う。

 そうでなくても、簡単に資格が取れるようになったってことは、
登録販売者の数は増えることになる。ドラッグストアに限らず、
薬を扱う店(スーパーやコンビニ)で、アルバイトしやすいんじゃないかと。
もしくは、時給がほかの子よりも高くなるとか。

 おそらく、コンビニで医薬品扱う店が増えてくるんじゃないかと予想できる。
ドラッグストア業界にとっては、痛いかも知れないが、
他業種が参入してくることで、消費者は便利になるだろう。
……とはいえ、ネットで大半は買えてしまうんだが。(苦笑)

.

 薬学生が登録販売員の資格をとって、ドラッグストアでバイトしながら
薬剤師目指す、とかも可能になるな。あんまり意味はないかも知れないが。w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

確定拠出年金の保険商品について

 確定拠出年金を導入している企業はどんどん増えてきている。

 今年の新入社員で、さぁどうしようか、と言う人は多いんじゃないだろうか。
ってか、ほとんどの人がそうじゃないかと思う。w

.

 だいたい、新入社員、新社会人で覚えることがいっぱいあるのに、
確定拠出年金のことまで考えられないよねぇ・・・。

 さて、実際のところ、確定拠出年金では元本保証の商品で
運用している人が圧倒的に多い。
私のようにリスク商品に全力で突っ込んで行く方が圧倒的に少数派だろう。
まぁ、それは人それぞれだから構わない。

 私がリスクをとっていくのは、ひとえに私が「薬剤師」という資格持ちだから。
最悪、運用に失敗したとしても、資格もってるから長く働けるんじゃないかな、
と考えている。
 おかれている状況は、人によって全然異なるので、その人、その人に応じた
運用方法があるだろう。

.

 ほんのわずかでもいいから、株を購入しておいた方がいいよ、とは思うけど。
社会勉強になるからね。

.

 さて、元本保証型の商品を選ぶ、となった場合。
たいていの場合、保険商品と、定期預金が用意されていると思う。
企業によっては、ほかの選択肢もあるかも知れないけれども。

 私は一切、保険商品を使っていないが、
保険商品は、「元本保証中心で運用する!」という気持ちがあるのであれば、
むしろファーストチョイスだと思う。定期預金よりも利率高いから。

.

 保険商品のメリットは、定期預金よりも利率が高いこと。
では、デメリットは、というと、これはもう、途中で解約できないことだろう。
絶対に解約できない訳ではないが、たいていの場合、満期までまたずに
解約すると、損をすることになる。

「保険商品は、満期まで解約できない」と覚えておこう。

 じゃぁ、保険商品を解約しようかな、って思う時はどんな時だろうか?
通常の(確定拠出年金ではない)保険であれば、
「まとまったお金が急に必要になった時」に、保険を解約することが
あるかも知れない。

 でも、確定拠出年金の場合、そういうケースってほぼ考えられない。
解約したところで、60歳になるまで現金化できないからね。
解約したとしても、そのお金で何かを購入しなくちゃいけない。

 それでも、保険商品を解約したくなる時、というと??

.

 答えは、「リスク商品に投資したくなった時」だけだ。
例えば、何らかの能力で、「今後、日本株が確実に上がる」と前もって分かったら?
全財産、株式に突っ込むのが正解だ。
確定拠出年金内に、保険商品以外の資産がなければ、保険を解約するしかない。

 厳密には、保険商品は「売れない」だけなので、
リスク資産に投資したいのなら、毎月の掛金を新たにリスク試算に
振り分けることは可能。
 保険商品の資産を使って、リスク資産を買う、スイッチングが不利なだけ。

 例えば、「全資産の2割は、必ず元本保証型でもつ」と決めているのであれば、
その2割分は保険商品でもつのが正解だと思う。

.

 では、確定拠出年金の「定期預金」って何に使う?
私も使っているけれども、一般の「定期預金」というイメージとは全然違って、
あくまで「一時、お金を置いておく場所」の意味あいが強い。
 私が定期預金を使っているのは、頃合をみて(状況に応じて)、
リスク資産にスイッチングするためだ。もしくは、リスク資産にスイッチする可能性が
あるため、とも言える。

.

 まとめると、以下のようになる。

「リスク資産に投資する可能性のある」資金は、定期預金に。
「リスク資産に投資する気が全くない」資金は、保険商品に。

.

 多くの企業では、確定拠出年金を最初っから何もせずに放置した場合、
定期預金に入れられるパターンが多いんじゃないかな、と思う。

運用する気はさらさらない場合でも、少なくとも一手間かけて、
保険商品を購入する設定にした方がいいだろう。

.

 ただし、保険商品は見た目の評価額が下がる、という話がある。
(使ったことないから分からんが)
保険商品の評価額って、「今、解約した場合の額」で評価されるらしいので、
満期までいってない場合は当然、元本よりも減ることになるな。
だからこそ、定期預金よりも高い利率がついている、とも言える。

 ただ、ここで下がっている評価額はあくまで見た目だけの話。
ちゃんと、満期まで解約せずに持ち続けるのであれば、
定期預金よりも絶対にお得である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は読書週間

 4月に入って、気分が落ち着かない。

 異様にやる気がでてきたかと思ったら、いきなりやる気なくなったり。
ちなみに、今はやる気なしモード。w

.

 日曜日には、選挙と図書館に行った。
大阪は府議会議員選挙があったんだけど・・・本当に興味ない。
投票に行くまで、誰が立候補しているかすら知らない。w

 そして、投票に行って、愕然とする。
こんなん、誰が通るかやる前からわかってるやん。(苦笑)
地方選挙なんてそんなもんだね。

 府議会議員選挙って、選挙区内の候補者の数が少ないから、
そんなに「選挙」って空気がない。実際、選挙期間中に、一度も
候補者に会ってない。どころか、選挙カーにさえあってないぞ。

 市議会議員選挙は、もう少しうるさいんだけどね。

.

 さて、図書館。
3週間に1度の図書館通いは、娘に絵本を読み始めてから
ずっと続けているなぁ。最近は、子ども達に読んであげることも
なくなっているし、おもに自分の本を選んでるが。

 最近のお気に入りは青い鳥文庫だったりする。
子供向けの本なんだけど、その分、気軽に読めるし。
読んだ後、簡単で面白そうな本なら娘(小学校3年生)にそのまま横流し。

 今回はちょっと重い(物理的に)本を多めに借りてしまったので、
本気で読まないと読みきれそうにないなぁ。
という訳で、今週は読書週間、ってことで、
ブログの更新速度が遅くなります。w

.

 そういえば、「まおゆう」、「ログ・ホライズン」と、アニメ化を連発している
ネット作家、橙乃ままれ氏が、脱税の疑いで告発されたらしい。w
何やってんだか。ww

 ログ・ホライズンは毎回チェックしてて、ついこないだNHKでアニメ第2期が
終わったところなんだけど、これで終わりなのかなぁ?
しっかし、1億2000万の所得隠しって、すごいな。どんだけ儲けてんだよ、と。
個人的には、どんだけ悪人だろうが、面白い話書いてくれる人は好きなんだけど。
(盗作とか、著作権がどうとかは、さすがに問題だが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電王戦FINALは、人類が団体戦勝利

 先日、少し書いた将棋電王戦FINAL.

 コンピュータ側が2勝を返して、2-2のタイで最終戦に回ってきた。
最終的には人間側が勝ったんだけど、
なんだか、非常に後味の悪い形になった。

 コンピュータ側の大将、「awake」は事前のイベントで、
アマチュアに「ハメ手」で負けていた。
わざと自陣に隙を作り、コンピュータに角を打たせる。
そうしておいて、その角を捕獲することができる、という手段である。

 ただし、「awake」は相当に強いので、アマチュア相手であれば、
角を奪われても勝ってしまったりするが、
さすがにプロ相手に角を奪われると、awakeに勝ち目はないだろう、と。

.

 とはいえ、必ずその局面に誘導できる訳ではない。
ってか、誘導できる可能性の方が低いんじゃないかと思う。
しかも、誘導できたとして、それで必ずはまってくれるか、というと
そうとも限らない。

 そういう条件だったんだが・・・

 プロ側大将、阿久津八段はその「ハメ手」に誘導。
「awake」は、見事にはまってしまった。
相手はアマチュアではなくプロ。それも、阿久津八段。
勝ち目がない、と悟ったawakeの開発者は、投了した。

.

 持ち時間はお互い4時間の将棋。
普通なら決着がつくのは夜のはずだったんだが・・・
まさかの午前中決着という結果となった。

 おぃおぃ、そんなんありかよ、と。

.

 当然、awakeの開発者にも非難は集まった。
それに、あえてハメ手を選んだ阿久津八段にも、批判はあるだろう。

阿久津八段が、あえてその手順を選んだのは、
やっぱり、団体戦だから、じゃないのかな?
例えば3勝1敗や、1勝3敗のような形で回ってきていたら?
消化試合であれば、ハメ手は回避したんじゃないかな。やっぱり。

 団体戦。しかも、FINAL。最終戦。
絶対に負けられないのであれば、一番勝ちやすい形を選ぶ。
それは仕方ないだろう。
 もしawakeがはまってくれなくても、それですぐ不利になる、
という訳ではなかったみたいだし。(それも一局)

 人間相手のハメ手の場合、正確に対処されると
逆に仕掛けた側が不利になるんだけどね。
今回の手は、コンピュータのクセをついたハメ手で、
かつ、かわされてもそれほど痛くない。ほぼノーリスクだった訳で。

.

 コンピュータソフトを徹底的に研究すると、どうしてもそういった「穴」が
発見されてしまうんだろう。今回は序盤早々のハメ手にかかったけど、
プロ側は、他にも用意していた可能性はある。

 今回、人間側の3-2で終わったけれども……
もう一回、同じメンバーで同じソフトと戦ったとしても、
結果は同じになるとは限らないだろう。
一発勝負だと、勝つことも負けることもある。当たり前。

 第3局、第4局も、人間がノーチャンスだった訳ではなさそうだし。

.

 ただ、「団体戦」という形では、今回でFINALでいいと思う。
なんか、しらけちゃったな、というのが正直なところ。
現時点で、若手の上位棋士とほぼ互角というのは分かったし。
ぶっちゃけ、名人とやっても勝つチャンスは十分ありそう。

 そうなると、負けられないプロは穴を探しに行くので、
結局、公開デバッグみたいになってしまう。w

 今までの感じだと、人間が勝つときは完勝に近くて、
コンピュータが勝つときは接戦から逆転、ってパターンが多いかな。

コンピュータの、一番強いところは、「メンタル」じゃないだろうか。w
人間みたいに動揺しない。人間みたいに疲れない。
終盤まで接戦に持ち込まれると、どうしても人間が勝ちにくいのは、
メンタル面の問題じゃないのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬剤師の善意は届かない

 仕事の話。

.

 近所のスーパーのお客様の声に、下記のようなご意見があった。

この店の薬剤師は何を考えているんだ。売って欲しいと言った薬を
 売ってくれなかった。薬剤師は薬を売るのが仕事ではないのか?
 いったい、どういう教育をしているのか
?」

 この店は薬剤師がいて、医薬品の販売もしているようだ。
(上記の意見は、100%正確なものではないが、
 趣旨としてはそういうものだった)

 これに対する店長の返答は・・・覚えていないが、
当たり障りのないお詫びの言葉だったように思う。
ここでは割愛する。

.

 実際のところ、これだけでは状況が判らない。
お客様がどういう状態で、何を買おうとしていたのかは分からないし。
単なる、態度の悪い薬剤師であった可能性は否定できない。

 しかし、同業者なら理解できる。この薬剤師は、悪意があって
売らなかったわけではなく、むしろ逆である、と。
お客様の身体を思えばこそ、あえて売らなかった可能性が高い。

.

「薬剤師は薬を売るのが仕事ではないのか?」
という問いに対しては、これはもう、即答できる。

 断じて、違う、と。

薬剤師の仕事は、お客様が健康になるための手助けをすることだ。
薬を売ることは、その手段の一つに過ぎない。

.

 どういったことかというと、例えば、胃が痛い人が、
「痛みを抑えるために、痛み止め!」とロキソニンS(鎮痛剤)を
買いに来たとする。

 これでロキソニンSを売る薬剤師がいれば、
それはもう、薬剤師免許を返した方がいいだろう。

 鎮痛剤は、(通常)胃痛に対しては使えない。
むしろ、逆効果になってしまうだろう。
このように、お客様が間違った知識で薬を買おうとした場合は、
必ず止めなければならない。

.

 そんなケースはさすがに少ないけれども。

 例えば、胃酸を抑える薬であるガスター10.
3箱くらいまとめ買いされて「毎日のみ続けてます」みたいな例は?
これも、売るべきではない。

 病院を受診しろ、と。受診を勧めるのが正解だ。
ひょっとしたら、ただの胃痛ではなく大きな病気が隠れている可能性がある。

.

 一番よくあるパターンでは、口唇ヘルペスの塗り薬かな。
この薬は、一回も病院でヘルペスの診断を受けたことのない人には
売れない。あくまで「ヘルペスの再発」にしか使えないので。

.

 むしろ、何も考えずに薬を売る方がはるかに楽
でも、それは薬剤師としてやってはいけないことだ。

以前、ネット販売と対面販売の差として、
「売らない」という選択肢を示すことができるか、と書いた。

「対面販売の利点」(2013.3.15)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-bd17.html

.

 ただね・・・それがお客さんに伝わるかどうかは別問題。(苦笑)
このスーパーの薬剤師さんはちゃんと仕事をしているが、
その「お客様の健康を案じています」という善意、気持ちは、
お客様には伝わっていなかったらしい。

.

 もちろん、薬剤師としての仕事はしっかりとこなす必要があるが、
接客の仕事でもあるんだから、お客さんとのコミュニケーションを
しっかりと取る必要があるわな。
お客さんから見れば、売って欲しい薬を売ってくれないわけだから、
利害が対立している(と感じる)訳で。
この辺、非常に難しいなぁ・・・。

.

 「ドラッグストアとジャーナリズム」のkurieditsさんが、
同じテーマで見事な記事を書かれているので、そちらも見て欲しい。

「あなたには薬を売れませんよ?ドラッグストアの売らない力」
http://drugstore.hatenablog.com/entry/2015/04/08/193500

.

 薬を売らない薬剤師は、ちゃんと仕事している。
いい薬剤師である可能性が高いんだけど・・・
あとは、それが相手に伝わればもっといいけんだけどね。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

確定拠出年金記録

月初恒例の、確定拠出年金記録。
今回は、4月初頭の記録となる。

100p=一ヶ月の拠出金額として、記録する。
(先月+拠出金+収益=今月)

          先月   拠出金  今月  収益
海外株式   4375       20        4323      -72
海外債券   4346       10        4307      -49
国内株式   4718     -264       4510      +56
国内債券    4075       40        4122       +7
定期預金  3636     +294       3930       0
合計         21149     +100      21193     -56

.

 先月までの国内株式好調を受けて、
少し(294p)、定期預金にスイッチしておいた。

 あまり真剣には数字追ってないけれども、
日経平均は2万円間近らしい・・・。
もう少し定期にスイッチして、利益確定、というか
リバランスしておこう。

.

 少しマイナスになっているけれども、まぁ気にするほどではないかな。

 来月で一区切りの予定だけど、
その前に、新しく確定拠出年金を始める人にむけた記事を一本、
書こうかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み終わり

 子ども達の春休みも終わり。

 やったこと、できごとなど、まとめて記録。

.

・USJにいってきた。

 嫁の母親がこっちに来てたので、みんなで一緒にUSJに。
ただ、エクスプレスパスを2枚しか押さえなかったので、
前半は別行動だった。

 子ども達は、苦手な乗り物も多いから・・・。
基本、私が子供たちの相手をしていた。

.

 何回か痛い目にあって、娘の特性はつかんでいる。
彼女は、屋内型、特に暗いところが苦手だ。
・・・USJは、実は娘には向いてない。w

 ただ、ユニバーサルワンダーランドであれば、ほぼほぼ問題なく
どこでも遊ぶことが可能。

 逆に、息子は・・・基本的に怖がりな慎重派なんで、
積極的に乗り物に乗ろうとはしない。

 予約のりで乗ったフライングスヌーピーはそこそこ楽しんでいたみたいだけど、
夜遅くにのったスヌーピーのジェットコースターと、新しいアトラクションの
エルモのスケートボードは、あまり、気に入らなかったようで、
「もう、二度と乗らない!」と叫んでいた。w

.

 まぁ、最初から娘はともかく、息子はテンション低めだったし。
彼は、身体を使って遊びたいタイプで、乗り物に乗るのは好きじゃないのかも。
・・・やっぱり、USJには向いてないタイプだな。ww

.

 そんな子ども達を盛り上げるため、少しお金を使って、
子ども達でもできるゲームに挑戦してみた。

 穴がたくさん開いているスペースに、ボールを投げ込んで、
穴に落ちずに、色の着いているところで止まったら、プレゼントで
ぬいぐるみがもらえる、というゲーム。

 基本的には、ぽいっと投げ込んであとは運任せ、に近い。
少なくとも、私がやっても、娘がやっても、息子がやっても、
成功率は大差ないと思う。(かなり低い)

 えいや、と12球を1000円で購入して、二人で6球ずつ挑戦。
一応、購入時に「何回成功しても、商品は一つですよ」と説明はあった。
でも、普通に成功する気がしなかったので気にしなかったんだけどね・・・。

.

 娘は、狙ってはみるものの、なかなか当たらず。
息子は、そもそもスペースにまでボールが入らないことも多い。
(さすがに、それはやり直させてくれる。w)

 で、息子は最後の6球目で・・・まさかの大当たり!
まさか当たるとは思わんかった。本人も回りも大喜びで盛り上がった。

 ところが、ドラマはさらに続く。娘も最後の1球で、大当たり!!
なんなんだ、こいつらは。w
娘は、以前にも遊園地のゲームで当たりを出したこともあったりして、
この手の運ゲーには異様に強いんじゃないか、と・・・。

.

 ただ、当初の約束どおり、二人が当たってもぬいぐるみは一つだけ、と。
まぁ仕方ないね。1つ当たるだけでもあり得ないのに、2つも当たるなんて
そんなもん予想できるかよ・・・。

 別にケンカすることもなく、二人で仲良くシェアしている。

.

・スケート教室

 実は去年も、春休みに短期間のスケート教室に通っていた。
息子は、ほとんどおまけのようなもんだったが、娘は積極的に
上のクラスに突撃して、こけながらも上達していた。

 今年もやる?ときいたら、二人ともやりたいとのことだったので、
今年も申し込んで、スケジュールにいれておいた。

.

 さて、息子。相変わらず、人の話を聞いてない。(苦笑)
いや、周りの子と比べれば、去年経験している分、上手な方なんだけど、
話を聞いていないから、一人だけ違うことをやっている・・・
どころか、もっとレベルの低い子ども達に混ざって遊んでいたり、
気がつけばとなりの小学生クラスに混ざってたり。

「自分がどこにいればいいのか」が分かっていない。w

 それでもまぁ、最終日には結構上手に滑れていたと思う。

.

 娘の方は、というと、昨年同様、果敢に上位クラスに挑戦していく。
当初は後ろ向きに進むことなんてやったことすらなかったはずなのに、
準備運動で「はい、後ろ向きに歩いてー」ってやるようなクラスに入ってるし。

 基本的には、クラスの選択は自由っぽいが、
あまりについていけないと先生が移動させるようだった。

.

 それでも、彼女は根性で練習についていく。
中盤では、もう普通に後ろ向きに滑れるようになっていたし。

私も、小学校の頃にスケートを一通り習っていたことがあるので、
(ちなみに、同じスケート場だ)
娘よりは遥かに上手なんだが、今回の教室で、かなり追いつかれたんじゃないかと。
私はバッククロスできないけど、それに近い練習してたしなぁ・・・。

.

 親の目からみて、娘の運動神経はよくも悪くもなく、極めて平均的。
彼女のすごいところは、そこからの練習で、ガンガン上達するところ。
運動神経はよくはないので、トップまで上り詰めるようなことはまずないけど、
できないことに対する努力の姿勢は、彼女の一番の長所だろう。

 ・・・息子には、そんな姿勢はかけらもないが。
できないことは、避けようとするタイプだ。ww

.

 来年はどうしようかなぁ?
息子はこれ以上やっても伸びそうもないし、
娘も、これ以上は「期間限定で」やってもしょうがない気がする・・・。

.

・ドラえもん映画

 さて、最後にドラえもんの映画を見に行った。
これは、息子のリクエスト。ドラえもんは、息子も娘も大好きなようで、
やっぱり、あれだけテレビで宣伝やられると気になるらしい。

 まぁ、行ってもいいか、と一家四人で映画に。
さすがに4人いるとお金がかるなぁ・・・。

.

 冷静に考えると、「4人そろって、同じ映画をみた」ことは、
実は今回がはじめてだったようだ!
去年は、私と息子、嫁と娘で、別々の映画を見たし、
あとは、娘だけいないパターンとか、嫁がいないパターンとか・・・。

 映画自体は、普通に面白かったけれども、
ちょっと話が安易すぎるかな、と思ったりして。
原作者は、子ども向けでも割りとひねった話を作ることがあるけど、
今回のは原作者から離れたオリジナルストーリーだから?

.

・お花見

 最後に、お花見。
今年のお花見は、非常に難しかった。
いや、スケジュール的に厳しいし、天気が悪すぎる。

 かろうじて晴れ間のあった夜に、無理やり、お花見をねじこんだ。
今年はお花見できないか、とも思ったけど、なんとかなったなぁ。

 今日も、散歩しながら花見したけど、雨はともかく風が強くて寒かった。
桜が散るのも風情があっていいけどね。

.

 全体として、かなり忙しくて厳しかった。
平日に休みとって家族サービスするとしんどいわ・・・。
それでも、子ども達にとっては充実した春休みになったんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3の道ってないか?

 Yahooニュースより。

医薬分業「院内薬局」規制をめぐる議論 患者の利便性vs「分業」効果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000549-san-hlth

.

 昨年から問題になっているんだけれども、
医薬分業の規制緩和についての記事。

 現行の規制では、病院と薬局は、物理的に構造上別であるべき、
というものだったんだけれども、これが徐々に緩和されつつある。
経済的に独立していればいいんじゃない?という議論。

 病院のすぐ前に開業している薬局を「門前薬局」というが、
それに対して、病院の敷地内に作ってしまえ、というのが「門内薬局」
それでもいいんじゃない、という声があがってきたところで、

 さらに一歩進んで出てきたのが病院の中に調剤薬局を作ってしまえ、
という「院内薬局」。
病院の中に、コンビニとか、喫茶店とかあるところもあるじゃないか。
あれと同じように、薬局作ってしまえばいいんじゃね?と。

 それに対して、賛成派の規制改革会議委員と
反対派の日本薬剤師会にインタビューしている記事なんだけど、、

ぶっちゃけ、記事そのものはどうでもよい。(苦笑)

.

 面白いのは、コメント欄で、相当な数のコメント数がついているが、
これがまぁ、「医薬分業」に対する不満であふれている。

 薬剤師としては、コメントを読むと気持ちが落ち込んできたり、
また反論したくなったり、とネガティブな感情であふれるんだけど、
それでも、これ、薬剤師は読んでおいた方がよいと思うよ。

 「自分達は、世間からこう思われているんだ」ってのがよくわかるから。

.

「体調悪いのに病院に行って、そっからまた離れた薬局に行くのは面倒」

「医薬分業になったら、支払い総額が高くなっている」

「薬局で質問受けるけど、なんで?医師に言ってくれよ」

「プライバシーが保たれていない」

「近くの薬局でないと、結局薬がないことがある」

「かかりつけ薬局、っていっても、結局近くの薬局でみんなもらう」

 などなど。

.

 これは、実際に薬局で仕事している薬剤師としては、
大いに反論したいところだろうね。実際、薬剤師と思われる人の
コメントも散見される。(苦笑)

 患者さん、というか、国民の側の認識不足、認識違いによるところが大きい。

薬局薬剤師から見れば、「こんなにがんばって仕事してるのに・・・」と
どうしても思ってしまう。実際、大多数の薬剤師が頑張ってるのにね。
その、認識の差が激しすぎる。

.

 でも、これは、薬剤師側の問題、だと思う。
自分達の仕事ぶりを、国民に訴えてこなかったツケだ。

 現場の一薬剤師でできることはほとんどないんだけれども、
それでも地道にやっていくしかないだろうよ。

.

 ただ、本当にそろそろ医薬分業は見直さなくてはいけない、とも思う。
やっぱり、制度としておかしなところはあるんじゃないかと・・・。

 門前薬局行くくらいなら、門内の方がよくないか?
門内がいいんなら、病院内薬局でもいいじゃない?
いや、それくらいなら、処方せん出す必要すらないでしょう??

 そう思われてもおかしくないんじゃないかな。
私から見ると、病院の門前薬局が、規制緩和に反対するのは、
いや、そりゃ既得権益にしがみついてるだけでしょ、って思う。
(ウチは面分業の割合が多いから。)

.

 薬局といっても、門前薬局とそうでない薬局はまた違うし、
病院といっても、病院(それも大型)と、診療所では、全然話が違ってくる。
それをいっしょにして話すから、話が通じないんじゃないかな?

.

 もう一つ、現場の薬剤師不足等を考えると、それこそ大病院は
院内に戻して、薬剤師を集約させて、効率を上げた方がいいんじゃないか?
同じような薬局を門前に並べて、全体として効率が悪くなっているし、
効率悪い分、お金を無駄にしてる気がするな、やっぱり。

 といっても、20年以上前の医薬分業前に戻すことは、もはや不可能に近い。
欧米では医薬分業が一般的といっても、日本と欧米では異なるところも
多いんだし。日本独自のシステムがあってもいいんじゃないだろうか?

 かつての「院内調剤」でもなく、現在の「門前薬局」でもない、
第3の道は・・・ないかなぁ??
これも果てしなく遠い道のりになりそうだけど、
今の制度設計で歪みがあるのは確かだから、それを何とかしないと
いけないんじゃないのかな??

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くすりの福太郎、続報は?

 昨日のエイプリルフールネタは、それほど問題なかったようだ。
(まぁそうだろうけどさ。w)

 ただ、あの記事はあのままで放置しておくことにする。
それも一つの記録だしね。

 ちなみに昨日の記事は、薬剤師ブログタイムズの24時間記事ランキングで
1位を獲得している。リアルタイムでずっとチェックしている訳ではないが、
多分、初めてのことじゃないかな。

 そりゃ、あの記事読んだら、そのまま横にある薬剤師ブログタイムズの
バナー踏んで、問題の記事を探す人、いるよね。w
あのランキングはいまいち仕様がわかんないんだけど、
記事からバナー踏めば、さすがにポイント入るんだろう。

 まぁ、ほとんど気にしちゃいないが。

 昨日のネタはこの辺で終わって、今日の本題は別。

.

 さて、4月になったら確認して書こうと思っていた記事。
それは、「くすりの福太郎」による薬歴未記載問題である。

こっから先のことは、全て4/4時点で、「くすりの福太郎」の親会社、
ツルハホールディングのHPから引っ張っている。

http://www.tsuruha-hd.co.jp/

.

 2/12付の文書では、こう書かれている。

「くすりの福太郎全調剤薬局を対象とした薬剤服用歴の調査を
 平成27年3月末までに完了させることを目標とし、原因の究明、
 および再発防止策をまとめる予定です。」

 ここに「3月末までに」って書いてあるよね。
その後、4月になっても、HP上に何の変化もない。(苦笑)
っていうか、すでに通常運転になっている。w

.

 まぁ、この部分に関しては日本語が微妙だから、ある程度仕方ない。
3月末までに調査を完了させることは、あくまで「目標」としか書いてないしね。
また、調査するとは書いているけど、その結果を発表するとは
どこにも書いてないし。w

 ただまぁ、普通に読むと「3月末をメドに、調査して結果発表する」と読めなくも
ないよねぇ・・・?無理??

.

 さて、もう一つ分かったことがある。
ツルハホールディングスのIRページには、
月次営業速報が、月末にアップされている。

 それによると、今年1月15日時点で、くすりの福太郎の調剤店舗数は
87」である。

 3月15日時点での、くすりの福太郎の調剤店舗数は、というと、、、

87」である。

 かわってないやん。

.

 えーっと、報道では確か、くすりの福太郎は2月末で10店舗閉店する、
と言っていたはずなんだけどなぁ?
(それを受けて、私は閉店10店舗じゃきかない(もっと閉めなきゃ)と書いたが)

 1店舗も閉店していない、ってことで間違いなさそうだな、これは。
ちょっと状況がわからん。

 まぁ、少なくともくすりの福太郎の社長がウソついたのは間違いないだろう。

.

 調べてみたところ「閉めなくてもいいみたいです、えへへ」ってことだったのかな?

 大多数の人が忘れているから、別に約束守らなくても問題ないよね、と。

.

 大多数の人が忘れていても、私は覚えているけどね。(苦笑)

.

 まぁ、実際はこの企業だけでなく、イオン系列やその他の薬局でも、
薬歴未記載は発見されているし、ここだけが悪い訳ではないんだけどね・・・。

 いっそのことお客様相談室にでも電話してやろうかと思ったが、
ジャーナリストでもなんでもない、ただの一般人だからねぇ。w

.

 という訳で、調査結果が出てこないのでこの問題は終わらない。
いくらなんでも、このまま完全に忘れさられてフェードアウトってことは、
ないよね??大企業なんだし。w

 ちゃんと調査結果がでてきたら、もう一度記事を書くことにする。
・・・それまでは、私だけでもちゃんとこの問題、覚えておかないとな。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイプリルフールと薬剤師ブログタイムズの話

 そういえば、4月1日はエイプリルフールだった。

 まぁ、子ども相手に他愛もないウソをついたくらいで、
そんな大々的にウソをついていない。

.

 あえていうなら、4/1の記事で書いた、

「次の記事は週明けになる予定です。」

ってことばが、ウソになったくらいだろうか。w
今日はまだ、週明けじゃないなぁ。

.

 さて、エイプリルフールネタとして秀逸だったのが、
すでにあちこちで紹介されているけれども、
「医薬品学習研究所」さんのネタ。

http://iyakuhingakusyu.net/2015/04/01/41/

「厚労省、薬剤師が卒後5年毎に定期試験必修化を発表。
 一定の点数に達しないものは免許取り消しの可能性も」

.

 散々な結果だった国家試験の直後だったので、
一瞬、信じた人もいたようだ。w

 いや、別に私はやってくれても構わんけどね。定期試験くらい。
ただやるんなら、医師の方も先になんとかしろよ、と言いたい。w

.

 閑話休題

.

 最近、自分でもあまり気にしていなかったが、
一応、まだ「薬剤師ブログタイムズ」には参加している。

 何回かネタにしたり、不具合をつついてみたりしたけれども、
改善された点もあり、改善されていない点もあり。

 以前は、薬剤師っぽい記事には、薬剤師ブログタイムズの
バナーをつけていたけど、もう面倒くさいからやってない。

(一応、ブログの右下にバナーが残ってるけどね)

.

 最近の私の記事で、
「薬剤師国家試験合格率、補正が入って63.17%」が、
今週のトップページにのっているんだけどね。(2位で)

 ただ、これ、記事のタイトルが微妙に違っている。

「薬剤師国家試験合格率、調整が入って63.17%」になっている。

.

 実は、最初に記事を投稿したときには、タイトルは「調整」にしていた。
でも、後で考えてみると、ここは「補正」の方がより正確かな、
と思って、タイトルだけを後から変更した。

 でも、薬剤師ブログタイムズの方は、この変更を認識してくれないようだ。
この辺、あまり詳しくないんだけれども、おそらく、こっちの更新情報を検知して、
(比較的)すぐに、ブログのデータを取りにくるんだろう。

 その上で、薬剤師ブログタイムズ内の記事が、(勝手に)作成される。
その後は、大元のブログを変更しようが何をしようが、
同じ記事であれば、修正されることはない、ってことだろうな。

.

 ってことは、例えば間違った記事をアップしてしまったとして、
しばらく放置したあとで間違いに気づいて記事を削除したとしても、
薬剤師ブログタイムズ内に記録が残ってしまうわけだ

 全文のデータが残っているわけではないんだけど、
タイトルと、冒頭の文章はずっと残り続ける、と。
おそらく、そういう仕様なんだろう。

.

こっからが本題ですが
 もし、権利者からの申し立てがあれば、この先は削除する用意があります。)

.

 さて、私がウソをついてまで、今日の記事を書こうと思った理由は、
とある薬剤師ブロガーが、エイプリルフールに渾身の捨て身ネタ
ぶちこんでいるのを発見してしまったからである。

.

 ただ、それをそのものずばり、ここで書いてよいかどうかは、
悩ましいところでもある。どういう意図かは分からないけれども、
4月3日現在、問題の記事は読めなくなっているのだから
(おそらく、削除されたのだろう)

 本人が意図的に削除したのか、あるいは、意図しない形で
削除されたかのは不明である。

 ただし、前段で説明したとおり、薬剤師ブログタイムズ内では、
記事のタイトルと冒頭の内容が読めてしまう。

.

 ってか、オチまで読めないから、これが本当にエイプリルフールネタかは
若干、怪しいところがなきにしもあらず、なんだが・・・

まぁ、投稿時間(4月1日23時59分59秒!)と内容を考えるに、
エイプリルフールネタで間違いないんだろう。

(一瞬、信じかけてしまった自分がいるんだが)

.

 という訳で、薬剤師ブログタイムズには、渾身のネタの一部が残っている。
おそらく、薬剤師のブログをまとめているようなサイトにも、
一部転載されているのではないだろうか?
少なくとも、記事のタイトルくらいはあちこちにあってもおかしくなさそうだ。w

 ちょっと、どういう意図があったのか聞いてみたいところではあるのだが・・・。

.

 ただ、この記事そのものがご当人から削除依頼を受ける可能性もある。
それを見越して、薬剤師ブログタイムズに記録が残るであろう
冒頭部分には、当たり障りのない内容しか書いていないし、
記事のタイトルも問題ないだろう。

.

 誰のブログのどの記事かは、直接明示しない。
どうしても気になる人は、ご自身の責任で探していただきたい。

1)薬剤師ブログタイムズに参加しているブロガーで

2)私が時々チェックしているブログ(ここでも紹介したことがあり)で、

3)渾身の捨て身ネタを書いてもおかしくない人

 となれば、ほぼ限定されると思う。

.

 最後にもう一度。

「この記事は、権利者からの申し立てにより削除する用意があります」

 申し立てがあれば、コメントでお願いします。
コメントごと、記事の一部を削除しますので。

 実際のところどうなんだろう?
誰にも知られたくないのならそもそもアップしないと思うし、
誰にも知られず全スルーくらうのも悲しいかな、とも思うので、
つついてみたんだけれども、余計なお世話かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログ9周年

 4月になった。

 このブログは、開設以来まる9年。今年が10年目になる。
さすがにここ数年はペースが落ちてきているけれども、
われながら、よく続けているなぁ。

.

 9年間、3287日で、書いた記事は2594記事。
この1年では・・・158記事か。二日に一回も書いてないでやんの。(苦笑)
最初の数年間は、ほぼ毎日書く日記状態だったのに。

.

 もともと、子どもの成長記録も兼ねている。
ブログ始めたときは、今8歳の娘は、まだお腹の中だった。
それが、今年は小学校3年生なんだもんなぁ。

 久々に、昔の記事を読み返したりすると、結構面白い。w
特に初期の記事は、「対象読者:未来の自分」だからなぁ。
堂々と「一般読者無視」と書いていたような。
(さすがに、今は完全無視、という訳にはいかんだろうが)

 そのかいあって、自分が読み返すと面白い記事が多い。
9年も続けているブログとなると、もはや人生の記録になりつつある。
あぁ、あの時はこんなことを考えていたんだなぁ、とか。
今から見ると、たいしたことないなぁ、と思うことでも、
当時は真剣に悩んでいたのかも。

.

 さて、今年は10年目。
基本的には、今まで通りやっていくだけだけど。
何か、大きなことをできるといいな、とか思っていたりもする。

 とかいいながら、いきなり春休み入ります。(今週は忙しい)
次の記事は週明けになる予定です。
(コメント管理はできる・・・と思います。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »