« ホタルの話 | トップページ | 身内バレする可能性 »

異色ファンタジー

 最近読んでいる本の話。

 実は、子ども達が私のパソコンを使う時間が増えている。
(この辺の話は、またそのうち書くつもり)
結果として、私が本を読む時間が増えている。w

 もちろん?勉強用の真面目な本も(たまに)読んでいるんだけど、
読みやすい、軽いラノベを読むことも多々ある。
最近はもっぱら図書館で借りているけど

.

 図書館で借りてもお金が発生しないので、
あまり気にせずに本を選ぶことが出来る。失敗してもダメージないし。

 表紙とタイトルだけで本を選んでも問題ないから。w

.

 という訳で、最近読んだ本を2つ。
どちらもファンタジー、といえばファンタジー。

入れ替わりのその果てに
(上記リンクはamazon)

 最近はこういうの流行なのかな?
現在から、異世界、ファンタジー世界にトリップする話。
私が読んだことある話で言うと、ログホライズンぐらいなんだけど、
たぶん、いまこの手の話って山ほどあるように思う。
一発ネタとしてならアイデア勝負になるのかなぁ。

 で、この「入れ替わりのその果てに」は、普通ではない。
なんせ、主人公が子持ち(養子だけど)の30代OLと来たもんだ。w
で、剣や魔法のあるファンタジー世界の、毒殺されたお姫様と入れ替わる。

 奇をてらいたかった、のかなぁ?
ちょっと、設定が斜め上すぎると思うんだが。
今まで読んだ感じでは、その設定である必要性もあまり見えてこない
いや、もっと普通でよかったんじゃないの?と。w

.

 ただ、話が先に進んでいくと、普通に面白かったりする。ww
設定をきちんと活かしているようには見えないんだけどねぇ。

 結局のところ、設定は最初のきっかけに過ぎないんだろうな。
それなりに話が進んでいくと、キャラクターの魅力やら
「物語」で面白く読めるようになるので。

 今のところ、6巻まで出ているらしい。(5巻までは図書館で借りた)
ここまで来ると、普通のファンタジー小説としても成立してそうな
気がするんだけどなぁ。ってか、この話終わらせられるのか?(苦笑)

.

 もう一つ。これは最近借りたとこ。

勇者様にいきなり求婚されたのですが
(リンク先はamazon)

 これも、ファンタジーなんだけど、
私が読んだ中では「まおゆう」に近いかな。
いわゆるコンピュータゲームにありそうな勇者のいる世界での話だから。

 設定はやっぱり一発ネタとしか言いようがなくて、
「勇者様が魔王を倒して、お姫様を救って城に戻ってきた。
 勇者様は、その後、お姫様に求婚・・・せずに、
 なぜか、お姫様の侍女Aにプロポーズした」

 という話。主人公はいわゆる「モブキャラ」であるところの侍女Aである。

 かなりメタい話だなぁ、と。主人公が「世界のお約束」を理解している。
なんせ、自分自身で「私はモブキャラなんですけど」みたいに言うんだから。
どっちかと言うと勇者側がお約束を無視しているんだけどね。

.

 勇者様のやることはかなり無茶苦茶に見えるんだけど、
実は、勇者側から見るとそれなりに筋が通っているようにも見える。
(侍女Aは気づかないだけで)
その辺、世界設定やキャラ設定はしっかりしてる。
 まぁ、「なぜ勇者様は主人公が好きなのか」という一点は
何の説明もないんだけどね。それはまぁ、そういう設定なんだからしょうがない。w

.

 これも、基本アイデア勝負の一発ネタなんだけど、
それでも、アイデアだけに頼っている訳ではないし。
それほど奇抜なタイトルつけなくても、しっかりしたファンタジー小説
書けるんじゃないかなぁ、と思う。

 ただ、売れようと思うと、最初のとっかかりとしては、
「奇抜な設定」が必要なんだろう。

 逆にどれだけ設定やアイデアが優れていようが、
下手な作家が書くと駄作になってしまうはずで。
私は、今回紹介した二作に関しては、共通の感想を持っていて、

「この作者の普通のファンタジーが読んでみたい」
いや、変な設定なくても普通に面白く読めるよ。

.

 どっちの作品も、アマゾンの評価はやや厳し目。
確かに、読む人は選ぶかも知れないなぁ。
私はどっちも面白いと思うけど。
 まぁ、お金出して買っている訳じゃないから、私の評価は基本、甘い。w

 そんなに色んな作品を読んでいる訳ではないからかも知れないが、、
私は基本、「物語」が好きなんだろうな。
たぶん、40歳になっても50歳になってもラノベ読んでると思う。(苦笑)

|

« ホタルの話 | トップページ | 身内バレする可能性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/61757369

この記事へのトラックバック一覧です: 異色ファンタジー:

« ホタルの話 | トップページ | 身内バレする可能性 »