« プールにいってみた。 | トップページ | カルガモに遭遇 »

錦織、今季ツアー3勝目

 体調がいまひとつなので、重い記事が書きにくい・・・。
というわけで、軽い記事でうめておく。

.

 テニス、錦織圭がATP500大会、ワシントン、シティオープンで優勝。
通算10勝目。今年だけで3勝目となる。

 ウィンブルドンで2回戦を棄権してから1ヶ月ぶりの復帰戦だけど、
あっさり優勝して見せた。これで500ポイントを追加した錦織は、
ワウリンカを抜いて世界ランキング4位に浮上した。

.

 今回も、BS朝日さんで中継されていたらしいが・・・
時間が全然あわなかったので見ていない。(苦笑)
いや、午前3時とか4時にスタートするのやめてほしいわ。
もう少し早ければ夜更かししてみようかとも思うし、
もう少し遅ければ早起きしてみようかとも思うけれども。w

 準決勝は、昨年全米の決勝で負けたチリッチ。
決勝は、今年マイアミで負けたイズナーだったんだけど、
どちらに対しても第1セットを取られてからのフルセット逆転勝ち。
うん、強いね。普通に。

 足の怪我の様子が心配だけど、これはもう大丈夫なことを信じるしかない。

.

 錦織は逆転勝ちが多い。今年のデータだけれども、
「第1セットを失ってからの勝率」が.588.半分以上勝ってる。
スロースターターというのもあるのかも知れないが……、
 第1セットで相手のやり方になれて、
第2セット以降が本番、と思っているのかもね。w
相手が格下ならなれるまでもなく第1セット取れるし、
チリッチやイズナーのような(そこそこ)強敵だと第1セット取られるけれども、
慣れてきた第2セット以降は互角以上の戦いができる。
 錦織は、相手のやり方に対応していくのがうまいのかも知れない。
まぁ、対応できなきゃストレートで負けるんだが。(苦笑)

 ただね、まだマスターズ以上のビッグタイトルがないんだよね。
今年3勝目といっても、全て、自分よりも低い順位の相手としか戦ってない。
もっとも、ワシントンは錦織の対抗になるはずだった第1シードのマレーが
まさかの初戦敗退を喫したから、という理由もあるんだけど。

 やっぱり、上位選手が(ほぼ)全員出場する、
マスターズやグランドスラムでのタイトルが欲しいね。

.

 この後の日程がちょっと厳しいのが気になる。
全仏前と同じような感じなんだが。
全仏前は、バルセロナ優勝から、マドリード、ローマとマスターズ2連戦のあとで
1週間あいて、全仏オープン。

 8月も同じ。今週からカナダ、シンシナティとマスターズ2連戦があり、
1週間あいて、今年最後のグランドスラム、全米オープンになる。

 全米オープンの第4シード争いがあるから大変なんだけど、
今回の優勝でワウリンカと280p差の4位。錦織はこの期間、失効ポイントは
ないので、かなり有利に立っている、と言える。
 もちろん、選手は全力を尽くすんだろうけど、応援している側としては、
怪我をひどくしないように、軽めで、かつ4位を守ってくれた方がいい。
本番は、全米オープンなんだから。

 ところで、今朝の報道だと「優勝したことで4位復帰した」となってるけど、
ポイント表を見る限り、あと200p少なくても4位だったことになる。
つまり、準優勝=負けてても4位だったってことだな。w
 もちろん、勝つにこしたことはないけど。この200p差はかなり大きいから。

.

 閑話休題。
甲子園が始まってる。土、日とぼーっとテレビを見ていたけれども、
1回戦にしては珍しく好勝負が続いている。

 智弁和歌山が1回戦で負けてしまったのは残念だけど。
しかも、負け方がちょっと情けなかった。エラー連発で自滅、という。
甲子園の常連でもそんな負け方するんだなぁ。 

 そろそろ、子ども達を連れて行ってみようかな?とおもって
声をかけてみたが、拒否された。w

 彼らはまだ、スポーツ観戦の面白さがわかっていないからな。
野球って、子ども達に説明しようとすると、結構ルールが難しい。
そりゃ、サッカーの方がなんぼかわかりやすいわ。

 でも、高校野球には独特の面白さがあるんだけどな。
特に甲子園は。ルールわかんなくても、あの空気は面白いんだけど。
下の息子がもう少し大きくなってから、もう一度挑戦してみようか。

|

« プールにいってみた。 | トップページ | カルガモに遭遇 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/62054301

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織、今季ツアー3勝目:

« プールにいってみた。 | トップページ | カルガモに遭遇 »