« 薬剤師国家試験の合格基準が変わるらしい | トップページ | 映画「バクマン。」みてきた »

糖尿病からの卒業

 糖尿病は、あまり「治る」ということがない病気である。
「治る」という言葉の定義にもよるんだけれども。

 ただ、がんばれば「薬を服用する必要がなくなる」ことはありうる。

.

 私の父の話なんだけどね。w

 40歳でこのままだと10年後に糖尿になる、と言われ、
50歳で予言どおりに糖尿病になり……、
65歳で、糖尿の薬を服用する必要がなくなった。
薬全て中止して、HbA1cが6.0である。

.

 もともと、薬は多く服用していたけれども、
血糖値はしっかりコントロールできていた。

 私が把握している時点で、一番多い時に、
ピオグリタゾン15mg、アログリプチン25mg、ボグリボース0.3mg
を服用していた。まぁ、立派な糖尿病患者だ。w

 で、医師から勧められた訳ではないのに、
インスリン注射に踏み切る。
(何かのテレビで、その方がいいとか見たのかも。)

 結果的に、さらに厳格に血糖をコントロールしたのが
よかったんだと思う。少しずつ薬が減っていき、
低血糖の頻度も増えてきたので、インスリンも中止した。

 外部からインスリンを入れることによって、すい臓を休ませる効果が
あったのかも。そもそも、高血糖状態自体がインスリン分泌能力を
低下させるので、血糖値は低いにこしたことはない。

.

 今年の春から、SGLT2阻害薬による治療を開始。
最終的にはこれが決め手になった……のかな。
血糖値もさることながら、体重が落ちた。
SGLT2阻害薬だけでも、低血糖を起こすことがでてきたので、
これも中止。あとは食事療法だけで様子見ることに。

 おそらく、今の体重を維持できれば薬はいらないんじゃないかと。

.

 いったん、薬を服用し始めた糖尿病の患者さんが、
薬なしでコントロールできるようになる例は、珍しい。
私が経験した中では、10年で2例目。(苦笑)

 いやね、厳格に血糖がコントロールできる人は……
そもそも糖尿にならないと思うんだ。w

.

 薬が減るどころか、徐々に薬が増えていって、
最終的にはインスリンの注射が始まって、糖尿病の合併症がでてきて、
という方が、よくあるパターンだね。

 あとは、もう少し運動できるようになればいいんだけど……、
まだ難しいかなぁ。

|

« 薬剤師国家試験の合格基準が変わるらしい | トップページ | 映画「バクマン。」みてきた »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/62430611

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病からの卒業:

« 薬剤師国家試験の合格基準が変わるらしい | トップページ | 映画「バクマン。」みてきた »