« ノーベル賞、物理学賞に梶田さん、生理学医学賞に大村さん | トップページ | 読書の秋? »

ソバルディを調剤してみた

 インターフェロンフリーのC型肝炎治療薬ソバルディ。

 その、圧倒的な効果と圧倒的な値段で業界を震撼させている。
ウチにも、患者さんが来ている。

.

 ソバルディは、1錠61799円。28錠1瓶で、包装薬価が約173万円という薬。
注文したら卸さんがもってくるんだけれども、
こっちも向こうも異様に緊張していたりする。w

 普通、医療用医薬品って(万が一)使わなければ返品できるんだけど、
当然、箱に傷がついていたりしたら返品できなくなってしまう。

 まぁ、こんな薬をストックして置いておいて返品するような薬局はないと思うし、
実際、処方せんが来てから発注するようなケースも多い訳だから
返品なんて発生する可能性はほとんどないんだけど……

 それでも、万が一を考えると緊張する。

.

 この薬、日本向けに作られている訳ではないので、
包装が「28錠1瓶」と瓶単位になっている。
日本ではPTPシートにするのが普通なんだけどねぇ。
瓶しか作らないってんだからしょうがない。

 フタはチャイルドロックになっている。
押しながら回さないと、フタがあかない。
当然、あけ方も患者さんに教えておく必要がある。

.

 瓶の中身は、一般の市販薬のようなイメージが一番わかりやすいと思う。
錠剤のほかに、緩衝材として綿と、乾燥剤が入っているんだけど、、

 やっぱり、間違って乾燥剤服用した、みたいな事例もあったり。(汗)

 もっと恐ろしいのは、瓶から綿を取り除くときに、誤って錠剤をいくつか
一緒に捨ててしまう、という事故がおこりうること。

 いや、1錠6万円超ですよ・・・。捨てたらえらいこっちゃ。

.

 なので、患者さんのことを考えると、本当は調剤時に薬局の方で、
瓶を開けて乾燥剤と緩衝用の綿を取り除いてあげる方が望ましいんだが……、

 そんな怖いことやりたくない、というのが薬剤師の本音だ。w

万が一、錠剤が散らばっちゃったらどうしよう、とか考えるとねぇ。
簡単に交換できるような薬ではないので。

.

 さて、薬局の利益についても書いておこう。
納入価は薬局(というか企業)によって異なるので、正確なことは書けないが、
28錠1瓶、約173万円の薬を、患者さんに調剤して、一体どれくらいの利益になるか?

 薬局によって差はあるだろうけれども、おそらく利益率は数%。
ぶっちゃけ、利益は5万円を下回るところがほとんどじゃないかと思う。
(いや、それでも十分高い、と言えるんだけど。)

.

 あと、色々と現場の感覚をマヒさせてくれる。
ソバルディの場合、一緒にコペガス(あるいはレベトール)という薬を
服用するんだけれども、薬価は1錠で789.2円。1日量は個人差はあるけど、
だいたい、1ヶ月で6万円以上はする。

 今までの薬局の認識だと、この薬は非常に高い部類に入るんだけれども、
ソバルディは桁が2つ違うからなぁ。(汗)
今までの「高い」「安い」という感覚が崩れていく。

.

 さて、こんな高い薬ではあるんだけれども、
公費の助成がつけば、1ヶ月で1万円とか、3万円とかで調剤してもらえる。

一応、「ものすごく高い薬」とは説明するし、
調剤明細書をみたら、とんでもない値段なのは分かるはずなんだけど、、

 患者さんによっては、あまり気にしない人もいる。

.

 薬局は、普通、ちゃんと薬の袋に入れて渡すんだけどね。
中には、それを「ゴミになるからいらん」と返す人もいる。
そして、自分のカバンに無造作に入れていったり、とか。(苦笑)

 こないだの患者さんは、となりのスーパーでお菓子を買った帰りに
薬局によって、ソバルディをそのままスーパーの袋に入れて帰った。(汗)

・・・そのお菓子、せいぜい200円だよね?
ソバルディは1万倍くらいの値段するんだけど……、
わかってるのかな??

 まぁ、この患者さんは3回目だったので、もう慣れてしまったのかもね。

.

 にしても、万が一、薬を紛失したとかなったら、マジでシャレにならんから、
細心の注意を払っていただきたいんだが。

|

« ノーベル賞、物理学賞に梶田さん、生理学医学賞に大村さん | トップページ | 読書の秋? »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

7週目半に入っています。W型は2aでした(訂正)

w量は4.4からスタートし、2週目では消えず1.3>、
4週目で検出せずです。

副作用がひどく、5週目から1日3錠のコペガスを2錠に減薬。
減薬?慣れ?もあるのか現在発疹や微熱感・食欲減退が治まってきました。(2回目の治療中断はリバビリンとの相性が悪かったか?)

薬はとにかく慎重に飲み、初め目にしたときは、ばかばかしいと感じたグッズをしっかりと活用していますが、なかなか良いものです。

先日の貴殿のREで、治そうという医療者側の善意を善意として受け止めようという気持ちになりました。
ありがとうございます。

投稿: taste-good | 2015-10-18 00:00

>taste-goodさん

 コメントありがとうございます。
コペガスの方に副作用があったのかも知れませんね。
残り4週ほどですが、うまくいくといいですね。

 あのグッズは最初見た時には笑いましたけど、
必要なものです。何が何でも服用してもらわないと
もったいないことこの上ないですから。
 

投稿: kitten | 2015-10-21 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/62484734

この記事へのトラックバック一覧です: ソバルディを調剤してみた:

« ノーベル賞、物理学賞に梶田さん、生理学医学賞に大村さん | トップページ | 読書の秋? »