« 「患者のための薬局ビジョン」 | トップページ | パリの連続テロ事件、ISの犯行 »

加工肉のがんリスク

 少し前に、国際がん研究組織(IARC)が、加工肉の発がん性について、
「人に対して発がん性がある」Group1に分類した、と、ニュースで話題になった。

 これを受けて、ハムやソーセージの加工肉業界が反発している、と。(苦笑)

.

 この手のニュースって時々でるんだけど、少し難しいかもね。
ポテトチップスなんかによく含まれるアクリルアミドは、確かGroup2Aで
「人に対して発がん性がおそらくある」だったかな。

 誤解されがちなのは、IARCの分類は、危険性の大きさを示すものではない
というところだろう。あくまで、確実性だけの問題である。
といっても、わかりにくい……。

.

 仮に、犯罪者にたとえてみようか。

IARCの評価は、「Aは確実に犯罪者である」と言っているようなもの。
犯罪の中身を問うている訳ではない。

 これで、Aが連続強盗殺人犯だとすれば、そりゃヤバイわ。
でも、例えば道に落ちてた10円を警察に届けず横領したとかは?
誰も見ていないところで、こそっと信号無視したとかは?
こういうケースでも、「Aは確実に犯罪者」であることに変わりはないけど、
Aの危険性は、犯罪の種類によって全然違うでしょ?

.

 では、加工肉の危険性はどんなもんか?
毎日50g食べると大腸がんになるリスクが18%増えるらしい。

冷静に考えてみよう。
毎日50gって、かなりの量だと思うぞ。
海外ならともかく、日本人でそれだけ食べる人ってなかなかいないでしょ。

2013年の国民健康・栄養調査によると、日本人の加工肉の摂取量は、
1日あたり平均13gだそうな。

日本人平均より4倍くらい食べていて、ようやく問題になるかも知れない量、
ということだ。

 ちなみに、加工肉の発がん性に関して、日本人でも調査されたことがあるが、
この研究では一般的な日本人に対して、加工肉は、がんリスクとはならない、
という研究結果になっているそうだ。

.

 また、こんなことも言われている。
全世界のがん死亡のうち、喫煙を原因とするのは年間100万人
アルコールは60万人、大気汚染は20万人
加工肉では、3.4万人

全世界と言われると、ぴんとこないかも知れないけれども、
だいたい「タバコの3%くらいの発がん性」という評価だとどうだろう?
喫煙も加工肉の「人に対して発ガン性がある」Group1だけど、
危険性の大きさは、かなり違いがある、ということだ。

 もう一つ、気をつけて欲しいところは、
アルコールはタバコの60%くらいの危険性があるというところだ。

.

 参考サイトとして、国立がん研究センターの情報をあげておく。

「赤肉・加工肉のがんリスクについて」
http://www.ncc.go.jp/jp/information/20151029.html

がんに関しては色々な情報が飛び交うけれども、
公的機関の情報が、いちばん確実と思われる。

.

 研究者から見れば、加工肉にがんリスクがあるのなんて「当たり前」で、
いまさら何を騒いでいるんだ?という感じなのかもね。w

|

« 「患者のための薬局ビジョン」 | トップページ | パリの連続テロ事件、ISの犯行 »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/62663012

この記事へのトラックバック一覧です: 加工肉のがんリスク:

« 「患者のための薬局ビジョン」 | トップページ | パリの連続テロ事件、ISの犯行 »