« 在宅の終わり | トップページ | 「ぼくの嘘」の感想(ネタバレあり) »

フィギュアグランプリファイナル、羽生3連覇

 当然のようにグランプリファイナルの話題。

フィギュアスケート、グランプリファイナル。
男子シングルは羽生が前人未到の3連覇を達成した。

 でも、大事なのは3連覇ではなくて、
私が「神が降臨したとしか思えない」と評した世界歴代最高を、
2週間であっさりぬりかえてしまったことだ。330.43点

 フィギュアスケートの神様は、まだ天に帰ってなかったらしい。

.

 今回のファイナル、女子もそうだけど、男子もとんでもない争いだった。
フリーで技術点100点オーバーが4人とか・・・。
宇野昌磨の鬼気迫る演技もすごかったし、現世界王者、フェルナンデスも
フリーで200点を超えて、人外の仲間入りをした。

 そういう、鬼や怪物を全て支配してみせたのが、
陰陽師を演じた羽生。まさしく「神」にふさわしい。
フェルナンデスは羽生を崇め奉っていたし。ww

.

 ショート、フリーとも、あのNHK杯を上回った。
フリーでの演技構成点が100点満点の98.56。
全ての要素で、GOE(出来栄え点)てんこ盛り。

 GOEが「+3.00」ってマックス評価なんだけど、
羽生は、冒頭の4回転2つと後半の3A+2T(両手上げるやつ)で
「+3.00」を出している。この上ない、完璧な出来栄えってこと。

 今回のグランプリファイナル、ジャンプのGOEで「+3.00」を
出したのは羽生だけだ。普通、でるもんじゃないんだって。
一つの要素で完璧に出来栄え点をもらうことすら至難なのに、
全ての要素で、完璧に近い出来栄え点をもらう羽生。
もはや、人の形をした、別の何かとしか思えない。

 エキシビジョンで、4Lo成功させてた。もう、人外認定でいいよね。w

.

 今回、フェルナンデスもすごい演技をしたんだけどなぁ。
羽生に続く、人類二人目のフリー200点突破。
最初のジャンプでちょっとミスがあったけど、ほかはほぼ完璧だった。
演技構成点も非常に高い数字が出ているし。
 普通なら圧勝している点数(合計292,95)だけど、かすりもしない完敗。
ひれ伏すしかないわ。

 3位に入った宇野くんも、ものすごくいい演技をした。こちらも技術点100点超。
ミスらしいミスといえば、後半のルッツがエッジエラー取られた程度。
シニア1年目でファイナル表彰台は、男子では史上初の快挙。

 演技そのものも、非常によかった。
ジャンプが跳べるだけじゃなくて、表現力がある。魅せる。

言っちゃ悪いが、その後の金博洋の表現力の無さが際立ってしまうわ。w
表情、動き、全てにおいて、宇野の方がはるかに上。
ジャンプだけなら金の方が上なんだろうけど。

 かつての世界王者、パトリックチャンは4位。
フリーでは、4回転の予定が一つ3回転になったくらいで、
あとは完璧、自己ベストに迫る点数だった。

 だけど、ジャンプ構成がね…。
4回転はトーループしかないし、3Aも1回しか跳んでない。
いや、今まではそれで十分だったんだけど、今回は全然足りなかった。
もう少しジャンプのレベルをあげないと無理だけど、
果たしてチャンにそれができるかな?

 演技構成点では、羽生やフェルナンデスと差がつかなくなってる。
技術点勝負になると、チャンはまず上位陣に勝てないよ。

.

 さて、最後に村上。うん、がんばったと思うよ。
なんだろう、鬼や悪魔や神が跋扈してる中に迷い込んだ人間、
って感じだったけど。w

 今回は4回転で2回とも失敗だったのが痛かったな。
全日本では厳しい戦いを強いられるだろう。
世界選手権出場枠は2.日本には、神が一人と、若い鬼が一人いる。
人間には勝ち目ないと思う……。残念ながら。

.

 さて、女子。
日本選手では、宮原がとんでもないスコアを出して、2位に入った。
本当に、安定感がハンパないわ。今回、フリーの演技で
GOEがマイナスになったところが一つもなかった。完璧な演技だった。
いや、マジで強いぞ。浅田相手に2連勝ってなかなかできることじゃない。

 ソチのあと、宮原、本郷、村上の3人が争ってきたけど、
今回の演技で、宮原が完全に上にいった、といってよいと思う。
完璧にやればフリーで140点出る、ってのはすごいな。

.

 問題の浅田真央なんだけど……。
結果だけ見れば、最下位に終わった、と言えるんだけど。
いや、全然悲観することはないよ。

 休養明けのシーズンなんて、そんなもん、というかね、
今回のメンバー、レベルが高すぎるんだわ。
ショート、フリーあわせて194点で最下位って、
昨年までなら、とうてい考えられない話じゃないかと。

 あんだけノーミスで滑られたら、
ミスの多かった浅田が勝てなくても仕方ない。

.

 浅田は、今回大きな収穫があった。
ここんところ、3Lzに苦しんできたけれども、
今回のフリー、3Lzに成功している。
出来栄えはあまりよくなかったけど、今回、エッジエラー取られてない。
注意(!)すら出ていない。ひょっとしたら、初めてじゃないのかな?
ルッツジャンプでエッジに文句言われなかったのは。

 NHK杯では、3F-3Loのコンビネーションを、回転不足なしで認定されている。
トリプルアクセルも、安定していないけど決まるときは決まるし。

 全部がぴたっとはまれば、とんでもないスコアが出る可能性は十分あるよ。
まだまだ、浅田真央はこんなもんじゃないよ。
もう少し時間はかかるかも知れないけれども。

|

« 在宅の終わり | トップページ | 「ぼくの嘘」の感想(ネタバレあり) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/62864708

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアグランプリファイナル、羽生3連覇:

« 在宅の終わり | トップページ | 「ぼくの嘘」の感想(ネタバレあり) »