« 最強寒波襲来? | トップページ | 「薬のデギュスタシオン」 »

イグザレルトが包装変更

 仕事の話。

 お薬の包装が変わることは、ちょくちょくある。

お薬の名前自体が変わってしまったり、
メーカー名が変わってしまったり。
お薬の中身は変わっていないんだけどね。

.

 昨年の話だけれども、
かなりよく処方されているコレステロールの薬、
「クレストール」が大幅な包装変更を行った。

 今までのシートがちょっと特殊で、錠剤を出しにくかったけど、
それが、通常の(よく使われる)PTPシートに変更になった。
ついでに、箱も小さくなった。

.

 服用されている患者さんも多かったので、
これはたくさん説明した記憶がある。
見た目が大幅に変わると、「違う薬じゃない?」と
不安になる方もいるだろうからね。

 クレストールに関しては、箱のサイズ(患者さんが見ることはないだろうけど)
もかなり小さくなって、扱いやすくなっている。
錠剤も出しやすくなっているので、これは、「改良」と言えるだろう。

.

 で、だ。まだ現物を見ていないからアレなんだけど。
血栓を予防する薬、イグザレルトも、包装変更されることになった。

http://www.bayer-hv.jp/hv/files/pdf.php/160125_XAR-16-0005_housou.pdf?id=1fe6f4833d1fc64a0c638e47082efa3bb

(上記リンクは、バイエルのHP上のデータ)

.

 写真でみる感じだと、患者さんに渡すPTPシートは
あまり変わっていないように見える。
今のPTPシートは、少し出しにくい印象があるから、
その辺が改良されているといいんだけど。

.

 で、シートのサイズはほとんど変わっていないのに、
包装箱のサイズが大幅に変更されている。

 イグザレルトの箱って、他の薬と違って、小さかったのに。
他の薬(普通の薬)に近づけられて、大きくなるようだ。
これはちょっと残念。

 イグザレルトの何がいいって、その箱の小ささに感動していたのに。w
いや、効果も悪くないんだろうけどさ、現場としてはね。

.

 まぁ、比較対象がプラザキサだったから、というのもあるが。
本当に、あの大きさは薬局にとって厳しかった。(大きすぎ)
似たような効能の薬で、「どっちか片方を選べ」と言われると
迷わずイグザレルトを選びたい。それくらいの圧倒的大差があった。

 うーん、小さすぎて視認性が悪かったりするんだろうか?
あの大きさは気に入っていたのに。その辺、メーカーに理由を聞いてみたいな。

 現場としては、「箱の大きさ」ってかなり重要なんだけど、
それってメーカー側からは見えにくいから、どうしても後回しになるのかな。
現場から言われて?かどうかは知らないが、
企業努力で箱が小さくなった薬は色々ある。

 クラリチンレディタブとか、フォサマック35とか。
アマリールも、昔は箱が無駄に大きかった記憶がある。

.

 ただ、これって「返品対策」の側面もあるよね、きっと。
(包装変更が入った薬は、返品されにくくなる。)

 何度も何度も改良するくらいなら、
最初から改良しなくていいようなものを作ればいいのにね。w

|

« 最強寒波襲来? | トップページ | 「薬のデギュスタシオン」 »

('14~16)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/63122662

この記事へのトラックバック一覧です: イグザレルトが包装変更:

« 最強寒波襲来? | トップページ | 「薬のデギュスタシオン」 »