« 民主+維新=民新党 | トップページ | 活性酸素に関して »

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 本の紹介。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
リンク←例によってamazon)

.

 昨年から話題?の恋愛小説。
特に、読書メーターでの人気が高かった。
現時点で60万部くらいなのかな?
図書館で予約して読んでみた。

 幸い、7人待ちくらいでなんとかなった。w

.

 んー、この作品をネタバレなしで語るのは不可能だろう。
ってか、タイトルの時点でネタバレしてるといえなくもない。

 一応、ネタバレが入るので、嫌な人は避けてください。

ネタバレ注意

.

 行数稼ぎの雑談。

.

 正直、この作品に関して言えば、

ネタバレしてもそれほど問題ないような気が

するんだよね。

.

 ってのは、タイトルがすでにネタバレ、っていう。

この点で、不満を抱く人もいるかも知れない。

.

 でも、この作品は、

このタイトルじゃなければ、

ここまで売れなかったんじゃないかなぁ、

と思う。

.

 売れるためには、

作品の中身も、もちろん大事なんだけど、

タイトルのインパクトとか、

表紙の絵柄とか。

 そういうのも、結構重要。

.

 この本の場合、

カバーもいい感じ(私にはセンスないから説明できないが)

何より、この「意味わからん」タイトルが

人を惹きつけるよね。

.

 作者の七月隆文さんは、全く知らんかったけど、、

他の作品を見る限り、

ラノベ作家のようだ。

.

 この作品も、ラノベと言えなくもないし。

.

 もっとも、ラノベだからダメだとか、言うつもりはない。

ってか、ラノベでも面白いものは面白いし。

読みやすさってのは、重要だと思う。

なかには、読みにくいラノベもあるんだろうけどさ。

.

 タイトルのインパクトといえば、

「君の膵臓を食べたい」(住野 よる)

これも、相当なインパクトがあって、やっぱり売れているらしい。

図書館で予約したら、65人待ちになってた。

.

 タイトルって、やっぱり大事なんだろうなぁ。

.

ネタバレ警報

.

 こっから、完全ネタバレ解禁します。

.

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 これはもう、その言葉通りの意味。

 主人公、高寿は、ヒロイン、愛美に一目ぼれして告白する。
そこから40日間の二人の話。

.

 ただ、愛美はこの世界の住人ではなくて、
「となりのせかい」であるパラレルワールドの人間で、
5年に1回、40日間しかこっちの世界に滞在できない。

.

 しかも、時間の流れ方が「逆」。これが、少しわかりにくい。
まぁ、一番わかりやすい言い方が、タイトルである。
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 「ぼく」にとっては明日のことが、「きみ」にとっては昨日のこと。
「ぼく」から見れば、「きみ」は時間を逆流して生きている。
(当然、「きみ」から見ても同じで、逆流している)

 愛美は全て最初から知っている。高寿は知らない。
高寿は、途中で愛美から教えてもらうことになる。
でも、出会いは出来る限り不自然にならないように、
愛美は前もって予習していて、懸命に演技をしている。

 まぁ、涙もろいんだけど。

.

 この本を楽しむのに必要なこと。

細かいことを気にしてはいけない

ということだろう。.

 これが出来ない人は、多分、しっくりこないと思う。

.

 設定がかなり無茶。(当たり前だが)
いや、その設定なら、こんな場合どうなるのさ??
みたいな例がわんさか考えられる。
タイムパラドックスを解決しようがない。(苦笑)

 重要なアイテムに「箱」があるんだけど、、
この「箱」は、一体、誰がどうやって用意したんだろう?とか。

.

 また、二人は運命に逆らおうとしない
というか、運命をなぞるように生きようとしている。
これだけ切ない状況なんだったら、
もう少しどうにかならんか、考えないのかなぁ?とか。

.

 二人の行動は、あらかじめ決められている。
これが、どうやって決まっているのか分からない。(苦笑)

彼は、彼女から昨日のこと(彼から見ると明日のこと)を聞けるし、
逆もまた然り。

 彼女は、彼の小説の感想を手紙で渡す。
でも、彼女が小説を読んでいる時点(彼にとっての未来)で、
すでに、彼の手元にその手紙は存在している。

.

 ドラえもんの話の、タイムパラドックスを思い出した。

 とある人気ヒーローマンガの先が知りたくて、
ドラえもんは未来に行って話を見てくる。
それを聞いた作者(どうすればいいか、行き詰ってた)は、
その通りの話を描く。

 最終的に、作者が倒れてしまってドラえもんが描くんだけど、
ドラえもんは常に、未来の原稿を写しているだけ。
1ヵ月後にいって、1ヵ月後の原稿をみて、その原稿を写す。
以下、繰り返し・・・

 って、この原稿、本当に考えて描いているのは誰なの?
というオチ。作者は倒れているから作者ではありえない。
ドラえもんは未来から写してくるだけ。じゃぁ、この原稿はそもそも何?

.

 この小説も、同様のパラドックスを内包している。
お互いに、子供のころにお互いの命を救うことになるんだけど、
これ、どっちが先?どっちが後?因果はどうなってるの??

 まぁ、そういう訳のわからん話だ。w

.

 また、パラレルワールドの設定もよく分からない。
片方からだけの一方通行。しかも、時間軸の進む方向が逆。
いやいや、少しでも交流があるんなら、技術とか伝わるでしょうよ。

 もう、気にし始めると、本当にキリがない。

 なので、SFとして読むならば、これは駄作と言いきっていいだろう。
世界設定がおかしいんだから。

.

 じゃぁ、なんでこんなに売れているの?

それは、本作品があくまで「恋愛小説」だから
そういう、細かいところを気にしてはいけないのだ。w

 私は恋愛小説はそれほど読んでいないけれども、
細かいところを気にしなければ、
なるほど、売れているのはよくわかる。

 読みやすく、しかも切なく、美しい。
「読み返し必至」と帯に描いているけれども、
全ての状況を分かった上で愛美視点で読み返すと、
なぜ、彼女が涙もろかったのかがよくわかる。

 エピローグ、5歳の愛美の命を救った35歳の高寿は、
「さようなら」と愛美に伝えてから、言い直した。

「また、会えるよ」

 愛美にとっては、これから先、何度も会える相手だけど、
時間を逆に進む高寿にとっては、これが最後なんだよね。

この辺、物語冒頭の告白シーン後の愛美の涙と重なってくる。

.

 少し悩んだけれども、
エンターテイメントとしてはいいかな、と思って購入した。
元々、文庫書き下ろしだから大した値段じゃなかったしね。

 5年後くらいに、娘が読んでくれればうれしい。w

 そういえば、映画化も決まったそうだ。
主演が福士蒼汰で。(苦笑)

 まぁ、絵になるだろうけどさ。
話的には、主人公の方はそんなにイケメンじゃないぞ。w
うまく表現できれば、いい映画になるかもね。

 

|

« 民主+維新=民新党 | トップページ | 活性酸素に関して »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/63355689

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」:

« 民主+維新=民新党 | トップページ | 活性酸素に関して »