« ブログ10周年。 | トップページ | 確定拠出年金記録 »

錦織がマスターズ準優勝・他

 週末のスポーツの話題。

 まず、男子テニス、錦織がマイアミオープンで準優勝。
初優勝こそならなかったものの、決勝進出は久々の2回目。

 テニスは、4大大会が最重要ではあるんだけれども、
年9回行われるマスターズ大会も重要。
トップ選手には、原則として出場義務があるので、
上位選手は、(怪我とかなければ)全員出場する。

 なので、だいたいベスト16くらいになると、
グランドスラムでもマスターズでも同じような顔ぶれになってくる。
運だけで勝てるような大会ではない。

.

 今回、錦織にしては珍しく運のよいことに、
マレーやワウリンカ、ナダルといったトップ選手達が、
錦織に当たる前に負けて消えていった。

 結果として、錦織は決勝戦まで自分より上位の選手と戦うことがなかった。
いわば、「順当に」決勝まで上がってこれた訳だ。

 もっとも、結果だけ見れば「順当」なんだけど、
そんなに楽に勝てた訳ではない。(苦笑)
特に、準々決勝のモンフィス戦は、相手のマッチポイントを5回しのいで
からの逆転勝利という離れ業をやってのけている。
マスターズの準々決勝以降なんて、早々楽な相手なんかいないわ。
実際、マレーやナダルなんかはそこまでたどり着けずに負けている訳で。

.

 決勝は見られなかったけど、またもジョコビッチに完敗だったらしい。

 今のジョコビッチは本当に絶対的な強さがあるなぁ。
どうやったら勝てるのか、ちょっと分からない。。
何回か戦えば、チャンスもあるかも知れないけど。

.

 それでも、マスターズの決勝戦自体がまだ2回目だし。
今年中にもう1,2回チャンスがあればいいけど。
今の男子テニスは、ビッグ4というより、ジョコビッチ1強という感じ。
逆に言うと、マレーやナダルにそこまでの安定感はない。
フェデラーは体調崩して欠場しているし。

 次は少し休んでクレーシーズンかな。怪我がないといいんだけど。

.

 もう一つ、週末のイベントでは、
フィギュアスケートの世界選手権があった。

 ちょっと用事があってあまり見られなかったんだけれども、
結果だけみれば、男子は羽生が2位。フェルナンデスが連覇達成。

これはもう、フェルナンデスを褒めるしかないだろうよ。
確かに、珍しく羽生がミスしていたけれども、それでも300点近い点数。
普通ならそれでも優勝してるくらいの点数だから。

 フェルナンデスが圧巻の演技をして、優勝した、ということだろう。
しかし、他の選手がちょっとついていけなくなってる気がする。

 世界選手権初出場の宇野くんは、フリーでジャンプにミスがあり、7位。
ジャンプにミスがあったとはいえ、いい演技をしていたと思う。
他のレベルが高かっただけで。

.

 女子は、何年かぶりに、日本勢全員が表彰台を逃した。

 でも、浅田真央も、本郷も、宮原も、自己ベスト、あるいはそれに近い
点数を出しているんだよね。

 こっちも、「ほかがすごすぎた」としか言いようがない、かなぁ。
点数をみる限りは。200点を超えて7位ってどういうことだよ、と。(苦笑)

 男子もそうなんだけど、点数がちょっとインフレしているのかな?と感じる。
全体として競技レベルが上がっているのか、
それとも、採点が甘くなっているのかはわからないけれども。

 女子1位となったメドベデワは、フリーで150点を超えた。
これ、バンクーバーの時のキムヨナの世界記録を破ったことになる。

.

 男子も女子も、次回出場枠「3」は確保した。
まぁ、男子は2人でも羽生と宇野なら出場枠「3」は確実だと思っていた。

 女子は、ショート終わった時点でギリギリだったからどうかな?
と思ったけど、なんとかなったね。

.

 ただ、全体としてこの「高得点化」の傾向は続くのか?
男子だと、羽生とフェルナンデスが別格で、他がおいてけぼり状態だし、
女子はまだ競ってるといえば競ってるんだけど、
点数が出すぎている印象があるんだよね……。
 点数を出す「技術」が上がってきた、ってことなんだろうけど、
フィギュアスケートがそういう風に進化していいのかな?とも思う。

 まぁ、この競技はいつもそうなんだろうけど。
技術面と芸術面のせめぎあいで。

 

 

|

« ブログ10周年。 | トップページ | 確定拠出年金記録 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/63441363

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織がマスターズ準優勝・他:

« ブログ10周年。 | トップページ | 確定拠出年金記録 »