« 図書館×2 | トップページ | 確定拠出年金記録 »

「植物図鑑」

 今日は休み。

 珍しく?映画をみにいってきた。
「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

.

 原作は有川浩。なので、すでに読んでいる。
原作の感想は……甘い。w
まぁ有川さんの時点で甘いに決まってるんだけど、
その中でもかなり甘いほうだと思う。

 そっち方面はいいとして、気になっていたのは、
その辺(河川敷とか)で狩ってきた野草を、料るところ。
(料る、なんて言葉は、この本でしか見たことがない。
 普通、野草を「狩り」とも言わないけどね。)

 いったい、どんな料理になんだろう?と気になっていた。
これはさすがに、本だけでは分からないからね。
特に、ノビルのパスタは気になっていた。

 ようは、この作品を見たかったのは、
野草の料理を「映像で」見たかったから、と。
え、恋愛?そんなもん、甘いに決まってるから別に。ww

.

 その観点からのみ、映画を見ると、
少し期待はずれかな、と言ったところ。
もうちょっと料理のシーンが多くてもよかったのに。
ノビルのパスタ、完成品見たかったのに。

 ただ、そんなマニアックな見方をする原作ファンなんて
放置するのが、映画監督としては正しいんだろう。

 原作よりも、さらに甘い話になっていた。

もともと甘い話を、さらに恋愛方面を強化したら
そうなるに決まってるわな。w

.

 一緒に見に行った嫁(原作未読)から見ると、
普通に恋愛モノとして安心して見られたらしい。
ややこしい展開もないし、だいたい予想通りだった、と。
最初からハッピーエンドが見えてる話だから安心感はある。

 原作とは別物、と割り切ってみたら、普通に楽しめると思う。
最近、原作既読の映画しか見てないなぁ。
展開が全然読めないような映画もたまにはいいかも。

.

 ヒロイン、さやか役の女優(高畑充希)は、とてもよかった。
その分、いつき役の俳優(岩田剛典)は、ちょっと……。(苦笑)
あわせて、プラマイ0かと。

 まぁ、私(男性)から見た評価だから。

でも、いつきはもっと、ファンタジーなイケメンがよかったな。
もともとが、料理も家事もできる万能イケメンを道端で拾うっていう、
ファンタジーな話なんだし。w

.

 いやぁ、甘い話だったけど、この甘さは原作どおりだからしょうがないわ。
電車の中で読みながら身悶えていた記憶があるくらいだから。(苦笑)

|

« 図書館×2 | トップページ | 確定拠出年金記録 »

( '15~)日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/63745760

この記事へのトラックバック一覧です: 「植物図鑑」:

« 図書館×2 | トップページ | 確定拠出年金記録 »