« いまさら? | トップページ | 確定拠出年金記録 »

自分を信じろ

 疑義照会実例。

<処方>

Rp1)ランソプラゾールOD錠30mg  2錠
    分2 朝夕食後  7日分

Rp2)クラリスロマイシン錠200mg  2錠
    分2  朝夕食後   7日分

Rp3)メトロニダゾール錠250mg   2錠
    分2  朝夕食後  7日分

.

 とある病院からの処方箋。あんまり付き合いはない。
けど、これはさすがに疑義照会だよねぇ。

.

 理由?こんな処方見たことないから。w
ピロリ菌の除菌療法だろうな、と予想はつくんだけれども、
この組み合わせは初めて見た。

.

 薬歴を確認してみると、少し前にピロリ除菌処方が出ている。
その時は、Rp3)の部分がメトロニダゾールじゃなくて、
アモキシシリンカプセル250mg 6カプセル

 これは、普通の一次除菌の処方である。

.

 おそらく、一回目で失敗しての二次除菌なんだろう。

.

 でも、この組み合わせは見たことないぞ。
普通、一次の組み合わせから、クラリスロマイシンの代わりに
メトロニダゾールを入れて、アモキシシリンはそのままなんだけど。

つまり、ランソプラゾール、メトロニダゾール、アモキシシリンの3剤

 なので、疑義照会となった。

.

私「えー、ピロリ二次除菌でのこの処方は見たことないので、
  おそらくクラリスロマイシンの代わりにアモキシシリンでは
  ないかと思うのですが。」

ところが、この相手がまず医療事務さん。

医師がカルテにそう書いてます。」

.

 いや、だから、それが間違えてるなじゃないか、って指摘だってば。
強めにそう言うと、今度は看護師さん。

ピロリ菌の二次除菌療法ですよ

 いや、それは知ってるよ。
(さすがにそれを知らん薬剤師はいない、と思いたい。w)

 早く医師に確認を取らんか。

.

 この処方が間違っている、という確信はあるんだけど、
こうも否定されると「自分が間違ってるんじゃないか」という
不安感に襲われる。

 相手が素直に医師に確認をとらないから、余計にそう思う。
ごり押しで医師に通してもらって、私の方が間違っていたら、
と思うとねぇ。(汗)

.

 ピロリ除菌療法はかなり確立されてきてはいるけれども、
ひょっとしたら、私の知らない新しい治療法がある、
という可能性もなくはないので。
(まぁ、あるとしてもこの組み合わせはないだろうと思うが。)

.

 どうも、この時点で病院に担当の医師がいなかったようだった。
で、連絡を取りたくないから向こうも強硬に出ていた、と。
結局、何とか連絡を取ってもらったところ、あっさりと処方変更。
クラリスロマイシン→アモキシシリンで、通常の二次除菌、と。

.

 でも、冷静になって考えてみると
別に(自分が)間違っていても構わないんだよね。
医師にしかられるかも知れないけれども、
間違った処方で出すよりはよっぽどマシだし。
こっちの誤りをきちんと指摘してもらえれば、勉強になるし。

 わからないことがあれば、恐れずに疑義照会しよう。
自分を信じて。w

|

« いまさら? | トップページ | 確定拠出年金記録 »

疑義照会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/64422138

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を信じろ:

« いまさら? | トップページ | 確定拠出年金記録 »