« 今年のノーベル賞は | トップページ | 鳥取地震 »

「ストロングメディスン」

 本の紹介。

ストロング・メディスン」アーサー・ヘイリー

.

 最初に読んだのは、私が高校生の頃になる。
母がアーサー・ヘイリーが好きだったので、読ませてもらった。
(ほかに、ニュースキャスターとか、エネルギーとか読んだ記憶ある)

 日本語訳の文庫本が出たのは昭和63年。
アメリカで発表されたのは30年以上前なんだろうなぁ。

 主人公のシーリアは、アメリカ大手製薬企業のプロパー。
物語は、シーリアが夫のアンドルーと結婚する直前。
1957年から1985年までの約30年間の話
製薬企業の中で、「直感」と「良識」を武器にのし上がっていく話だ。

 シーリアの父親は、1941年12月7日に亡くなっている。
ハワイ、パールハーバー。戦艦アリゾナにて。
このとき、シーリアは10歳の女の子だった。

……これだけで、おいおい、いつの話だよ、と思ってしまった。
月日の経つのは早いもんだ。

.

 この作品は、製薬企業の光と闇を描いている。
また、女性の進出も。ちょうど、アメリカで女性が社会進出を
始めた時代に重なっているので。
 現在の日本では、MR(製薬企業の営業職。昔のプロパー)は
女性が増えている。日本でも15年くらい前なら圧倒的に男性が
多かったと思うけど。最近はひょっとしたら女性の方が多いかもね

.

 物語の序盤で、「サリドマイド」事件が発生する。
一般的にはもう忘れられているのかなぁ?サリドマイド。
薬学にかかわった人間で忘れている人はいないと思いたいが。

 あれだけ悪名高かった「サリドマイド」。
実は、復活しているんだよね。妊婦に使う馬鹿はいないけど。
この作品では、副作用で死亡事故を起こした薬はもう未来がない
みたいなイメージだけれども、そこも、現在では違うなぁ。
 あくまで、リスクと利益を天秤にかけるようになった
妊婦が使うと奇形を生じる薬でも、とある病気の人には有用なら
生き残ることはできる。

.

 高校生の私に、大きな影響を与えた本だと思う。
私が薬学を志した原点かもしれない。
古い話だけれども、それほど変わっていないことも多く、
現代でも通じるところが多いかも。

.

 シーリアがOTC部門部門の本部長になった時、
彼女が部下に、OTC(市販薬)と処方薬の違いを聞いた。

以下、引用

「あなたはこの商売の両面を知ってるわ。処方薬とOTCと。
 あなたの見るところ、両者の違いはなにかしら?」

「その答えはいたって簡単だ。OTCの大部分はインチキだよ。」

引用終わり。(文庫版・上巻p174)

.

 私のOTC批判の源流はこれかもしれないなぁ。(苦笑)
さすがに、この時代に比べればマシになってるんだけど、
OTCにインチキの要素が多いのは変わってないな

 実際、シーリアは売上のパッとしない既存の商品の
宣伝を女性目線に変えるだけで大成功を収める。

 やったことは、「包装を変える」とか。
(実際に中身はほとんど変わっていないのに)名前を変える、とか。

「製品を変えるのは難しいことじゃない」
「薬の成分を変えるだけでいい、さほど重要でない成分、
 例えば香料を変えるくらいで十分だ」

.

 もはや、医薬品のほとんどは発見され、作られている。
使われたことのない新成分なんか、もう出てこないんじゃないかな。
でも、宣伝、セールスのために、新製品が投入される。

 最近、便秘薬のCMで「酸化マグネシウム便秘薬」が宣伝されてるが。

いまさら、酸化マグネシウム?

 医療用では便秘薬の基本。ずっと昔からある薬だよ?
化学式も超簡単。MgO
そんなのが新製品って言うんだから。推して知るべし。

.

 薬剤師になってから、改めて読み返してみると、また違う感想が出る。
血圧の薬「レセルピン」って、とか。(古すぎる!)
そんな時代から「フリーラジカルの抑制」の研究をしている人もいるし。

 80年代に書かれた話としては先見の明がありすぎじゃないか?(汗)
(現実世界で同様の薬が生まれるのは2000年前後の話)

 本来、別の作用を狙っていた薬が、思わぬ「痩身作用」があったり
「性欲増進作用」があったりとか。w
いや、似たような例は現実にもあるからねぇ。w

 本来、副作用であるはずの眠気を利用した睡眠薬とか、
「まつ毛が太くなる」副作用を利用したまつ毛増毛薬とか。
前立腺肥大の薬が、男性型脱毛のための薬になったりね。

.

 物語としては、もちろん薬害の恐ろしさも書かれているんだけど、
素晴らしい薬が、多くの人を救っているところも書かれている。

「薬」ってのは、良くも悪くも、「強い」ものなんだろう。

さすがに話の大部分は忘れていたけれども。
今読んでも、十分に面白い話だった。

|

« 今年のノーベル賞は | トップページ | 鳥取地震 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/64368200

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストロングメディスン」:

« 今年のノーベル賞は | トップページ | 鳥取地震 »