« 3か月で6000円、1か月で4000円? | トップページ | 確定拠出年金記録 »

クラリチンEX発売

 2月。そろそろ、花粉症の薬が動き出す。

 このシーズン、医療用から新たに市販用(OTC)にスイッチされた薬が、
発売されている。

.

 クラリチンEX

http://www.taisho.co.jp/claritin/

.

 大正製薬から発売されている。
医療用のクラリチン(成分名:ロラタジン)と同成分、同用量。
今のところ、要指導医薬品の分類になるな。

.

 過去の歴史を振り返ってみる。

アレジオン10(2011、秋)
アレグラFX  (2012、秋)
ストナリニZ  (2013、春)

 この辺は、もう要指導医薬品どころか、1類医薬品ですらない。
ストナリニZも第2類に落ちている。
このあたりの薬は、薬剤師の対面販売ですらない。

 で、クラリチンなんだけど。
医療用を知っている私の率直な意見としては、、

 今さら?

なんだけど。(苦笑)

.

 もちろん、副作用の少なさという利点はあるけど、
それは、アレグラと大差ないと思うし・・・。
個人的な印象だけど、効果の強さはそれほど感じない

 値段は、今のところ

7錠で1380円。14錠で1980円。

 1日1錠でいけることを考えると、
他のOTC,アレジオン、アレグラなどと大差ない設定。

 ちなみに、現時点での医療用薬価は、1錠86.7円
OTCの方はかなり割高に見える。

.

 で、これ売れるのかねぇ?
昨年の夏に日経メディカルの記事で医師の処方頻度の高さを
比べた記事があったけれども、

1位 フェキソフェナジン(アレグラ) 32.7%
2位 エピナスチン(アレジオン)    16.0%
3位 レボセチリジン(ザイザル)   15.3%
4位 オロパタジン(アレロック)    13.0%
5位 ベポタスチン(タリオン)      7.8%

ときて、ロラタジン(クラリチン)は6位の6.2%

 実感としてもそんな感じ。
王者はフェキソフェナジン(アレグラ)で、伸びてるのがレボセチリジン(ザイザル)

 アレロックとタリオンは、まだOTCになっていない。
この辺の方が、クラリチンよりも需要はありそうな気がするが。(苦笑)

.

 という訳で、王者であるアレグラがすでに圧倒的シェアを奪い、
規制緩和も進んで第2類医薬品になっているところに、
クラリチンは戦いを挑む訳だ。規制の強い要指導医薬品で。

 しかも値段は大差ないというかアレグラの方が安くないか?(汗)
正直、勝ち目があるように見えないんだけど……。

.

 ただ、弱小メーカーが売り出すならともかく、
大正製薬さんだからなぁ。

 そこは営業力で何とかしてしまおう、ということなのかも。

|

« 3か月で6000円、1か月で4000円? | トップページ | 確定拠出年金記録 »

( '17~)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/64860943

この記事へのトラックバック一覧です: クラリチンEX発売:

« 3か月で6000円、1か月で4000円? | トップページ | 確定拠出年金記録 »