« 「吾輩も猫である」 | トップページ | 不惑 »

「この世界の片隅に」

 先日見た映画。

「この世界の片隅に」

クラウドファウンディングから始まったアニメ映画だけど、
異例の長期公開になっている。
いつも行っている映画館だとみられなかったので、
わざわざ難波まで行くことになったけど、

 それでも、見てよかったと思う。

.

 昭和20年、8月。呉。
舞台だけを見ると、どうしたって悲しい戦争モノを予想するが、
この作品は全然そんなことはない。
いや、戦争がテーマの作品なんだけど、「笑える」話になっている。

 この映画には英雄はいないし、戦闘シーンも(ほとんど)ない。

 太平洋戦争を生き抜いた、一人の女性。
どこにでもいそうな、単なる主婦の日常を描いた物語。

 ヒロインの「すず」は、うっかりもの。
こんな娘が嫁に行けるのか、と周りが心配するほど。
多々、失敗するけれども、それを笑いにかえてしまう。

 すずは、恐ろしく前向きだ。
運命に逆らおうとはせず、ありのままに流されて生きるけど。
でも、その時々を楽しもう、笑おうと、懸命に生きている。

.

 呉は海軍の基地があったため、徹底的に空襲された。
実際、この空襲で沈んだ軍艦も数多い。

 すずは、呉にお嫁にきたけれども、実家は広島。
呉は空襲を受け続けているが、広島は空襲は少なかった。
すずは、広島に帰ることを悩みはじめる。

 この終盤のピリピリ感がたまらなかった……。
見てるこっちは、この後の歴史をわかっているから。
なぜ、広島に空襲が少なかったのか。
それは、新型爆弾の実験台にするためだよね……。

 「その日」がどんどん近づいてくる。
それでも、すずはいつも通りだった。当たり前だけど。

.

 玉音放送を聞いた後のシーンがすごく印象に残った。
すずがまともに泣いたのは、あのシーンだけじゃないのかな。。

.

 この作品は、政治的な表現はない。
戦争を美化もしなければ、批判もしない。
そもそも、すすにそんなこと考える頭があるとは思えない。

 ただ、戦争が隣にある日常を、ありのままに描いているだけ。
逆に、身構える必要は何もない。思いのままに感じるだけでよい。

.

 今回は大人だけでいったけど、いつか、子供たちにも見せてやりたい。
「君の名は。」も歴史に名を残すアニメ映画だったけど、
こっちもこっちで、語り継がれるべき映画だと思った。

|

« 「吾輩も猫である」 | トップページ | 不惑 »

( '15~)日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/64931856

この記事へのトラックバック一覧です: 「この世界の片隅に」:

« 「吾輩も猫である」 | トップページ | 不惑 »