« 医師に直接 | トップページ | 金正男氏、暗殺? »

「検査値×処方箋の読み方」

 本の紹介

「検査値×処方箋の読み方」
リンク←Amazon)

.

 血液検査などの検査値を処方箋に書いてくる病院がある。
(まだまだ、数えるほどしか見たことがないけど)

 腎障害や肝障害等の副作用って、基本的には血液検査しないと
わからないんだから、薬の副作用をチェックするためには、
検査値があった方がわかりやすい。

 また、薬によっては腎機能や肝機能によって用量の調節が必要な
ものもあるので、そこをチェックするためにも検査値は必要。

.

 ということで、処方箋に検査値を載せてくる病院が出てきた。
(さすがに大病院が多いかな。個人の医院では無理だろう。)

 保険薬局の薬剤師も検査値をチェックして、
副作用や処方内容の確認を行うべき、という流れなんだろう。

.

 といっても、今までまともにそんな勉強をしていない薬剤師も多い。
そんな薬剤師にとっては、検査値書かれたところで、
プレッシャーにしかならなかったりする。(苦笑)

 恥ずかしながら私もそれほど詳しくなかったので、
この本を買って勉強してみた。

.

 内容はかなり難しいところもあるけれども、
実例が多いので、検査値をどう活用するのか、想像しやすい。

 もっとも、疑義照会の実例を果たして自分ができるのか、
と考えると、なかなか難しいと思うんだが。(苦笑)

.

 印象に残った内容としては、

1、とりあえず、腎機能、肝機能をチェックする。

 保険薬局にくる患者さんとしては、ここが一番多いと思う。
白血球や貧血なんかは、抗ガン剤治療してると問題になるけど、
町の薬局ではそれほど調剤することないし。
 凝固能に関しても、ワルファリン自体の使用頻度が下がってるし。
町の薬局では、腎機能、肝機能のチェックができれば十分かな、と。

2.添付文書を熟読する。

 特に腎機能に問題がある場合、どのように減薬するかなどは、
たいてい添付文書にちゃんと書いてある。
疑義照会の実例も、ほぼ添付文書の内容からになる。

.

 という訳で、なかなか勉強になった。

.

 ただ、まだまだ検査値を書いてくる病院は少ない。
もうちょっと時間が経てば、もっと多くの病院が書いてくるかも。
勉強するのは、それからでもいいかも知れない。

 また、後になればなるほど、もっといい本がでてくるかも。w

 現時点では、この本は(自分の中で)かなり高評価だけど、
何年も経てば、もっといい本が出てくるかもしれない。
本当に必要になるまで、待つというのもアリかもしれない。

|

« 医師に直接 | トップページ | 金正男氏、暗殺? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/64895970

この記事へのトラックバック一覧です: 「検査値×処方箋の読み方」:

« 医師に直接 | トップページ | 金正男氏、暗殺? »