« アセトアミノフェン、中国産で水増し | トップページ | 藤井四段、29連勝の新記録達成 »

陸上日本選手権男子100m

 スポーツより。

 世界陸上への出場者を決める、陸上の日本選手権。
短距離男子100m。

 いまだかつてないくらいの注目を集めたと思う。
国内の陸上、しかも短距離でここまで盛り上がることがあったか?と。

.

 昨年のリオ五輪の、男子4x100mリレー、銀メダル。
これは、私がリオ五輪で一番興奮したレースだった。
北京五輪で銅メダルを取った時は、運が良かった。

 でも、昨年のリオ五輪の銀メダルは紛れもなく実力で取ったものだ。

 銀メダルのメンバーの中で、男子100mに参戦したのは3人。
ケンブリッジ飛鳥、桐生、山縣。3人とも10秒0台の記録を持っていて、
「3強」と言われていた。

 そこに、直前で名乗りを上げたのが関学の多田。
追い風参考記録とはいえ、日本国内で初の9秒台をたたき出した。
追い風が強かったとはいえ、「9秒94」の記録はインパクトがある。

 3強ではなく4強になった。
男子100mの代表枠は3人。この中から誰かが落ちる。

.

 で、結果として1位になったのは、この4人ではなくて、
サニブラウンだった、という。

 いや、私は忘れてなかったよ。サニブラウン。
まさか、そんなに強くなってるとは思わなかっただけで。
リオの1年前、世界選手権に出場して、一躍有名になったが、
オリンピックシーズンはケガもあり、出場できなかった。

 私は、オリンピックまとめの記事でちゃんと書いている。

以下、引用。

.

東京では、今度は最初からメダルを期待される種目になるな。
日本選手は、まだまだ若いから。個人が10秒の壁を破ってくれれば。
それも、できれば一人じゃなく、2,3人に。w
 今回走ったメンバーのほかに、去年の世界選手権で活躍した
サニブラウンもいるし。

.

 引用終わり。(強調は引用者)

 ちゃんと表舞台に帰ってきてくれて非常にうれしい。w

.

 世界陸上、男子100mの代表はサニブラウン、多田、ケンブリッジの三人。
ただ、桐生もリレーメンバーとして選ばれそうだ。

 あと、サニブラウンは男子200mも制して二冠。こっちも有望。
なんといっても、まだ18歳だし。まだまだ伸びるだろ。

 ここ数年、桐生一人で背負ってきた「9秒台への壁」は、
昨年のリオ五輪以降、決して桐生一人の話ではなくなった。
おそらく、東京五輪までに、誰かが9秒台を出すだろう。
それも、一人ではなく、複数が。

 もちろん、希望的観測だけど、夢物語ではないはずだ。

 

|

« アセトアミノフェン、中国産で水増し | トップページ | 藤井四段、29連勝の新記録達成 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/65461886

この記事へのトラックバック一覧です: 陸上日本選手権男子100m:

« アセトアミノフェン、中国産で水増し | トップページ | 藤井四段、29連勝の新記録達成 »