« ノーベル文学賞にカズオイシグロ氏 | トップページ | レッツコギコギ、KCSC »

世界体操、ほか

 スポーツの話題より。
 
カナダ、モントリオールで体操の世界選手権が開かれていた。
日本が誇る絶対王者、内村は、、まさかの負傷による棄権
 
 内村の個人総合連覇記録は、6でストップした。
オリンピックまで含めると、内村の敗戦は2008年の北京五輪以来。
9年間負けなし。強すぎる。
 
 でも、そんな内村も少し陰りが見えてきたのか、
国内の日本選手権、NHK杯も勝ちはしたものの、
かなりきわどい勝負になっていた。
 
.
 
 内村不在の日本を引っ張ったのは、「ひねり王子」の白井健三。
 
 個人総合で、銅メダルに輝いた。いや、強くなってるわ。マジで。
白井はゆか、跳馬のスペシャリストで、ほかはそんなにうまくなかったんだけど、
ほかの種目でも人並にできるようになってきている。
 
 動画で鉄棒の演技を見たけれども、以前とは全然違う。
以前は離れ技をほとんどやらなかったのに、普通にコバチ入れてるし。
 
 内村のように、全ての種目でトップクラスという訳ではないけど、
白井の場合、ゆかで非常に大きなアドバンテージがあるので、
他が「人並」にできるようになれば、十分金メダル争いに加われるんだ。
 
.
 
 さらに、種目別。「ゆか」で金メダル。これはもう盤石だ。
ってか、リオ五輪で勝てなかった意味がわからない。(苦笑)
 
 2位に1点差以上の大差をつけて勝利。
体操の種目別でこれは、ありえない点差だ。
全盛時の内村の個人総合、あるいはそれ以上。
「絶対に誰も勝てるわけがない」くらいの人外っぷり。
.
 
 こちらも動画で見たけれども、伸身の後方2回宙返り3回ひねり。
これ、まともに成功させたの去年だよね?「シライ3
なんでこんなに完璧に決まるの?めっちゃ安定してる

ほかに誰もできないような超大技を、あんなに普通にできるなんて。
もう、人外認定でいいんじゃないかな。w

.

 最後に、跳馬でも金メダル獲得。

こちらは、一本目を大技のシライ2ではなくて、シライ/キムヒフンで。
少し難度を落としたとはいえ、演技の実施は完璧。
0.001点差という、最小点差で金メダルになった。

 内村不在の大会を、最高に盛り上げてくれた。

.

 実は、ほかにも注目の選手がいた。
跳馬では安里が、誰よりも難度の高い「リセガン」を成功させた。
(シライ2と同レベルかな)
2本目にミスがでて表彰台には登れなかったけど。

 鉄棒でも、宮地が新技「ミヤチ」を成功させた。
伸身コバチ2回ひねり。そんなことできるのか。w
これも、なかなか考えられない技で、難度はI.Hの次。
 
 今回は、ミヤチを成功させた後で落下したのでメダルはなかったが、
D難度は誰よりも高い。ミスがなければ金メダルもあった。
 
.
 
 実は、次の東京五輪から、オリンピックの代表の人数が「4」になる。
いや、減らしすぎやろ。5でも厳しいのに4て。
団体を考えたとき、オールラウンダーがそろっていないと厳しい。
 安里とか宮地はスペシャリストっぽいから、オリンピックは厳しい?
 
.
 
 さて、女子。
女子でも久しぶりに世界体操のメダルが出た。
種目別のゆかで、村上が金メダルを獲得した。
 
村上は、個人総合でも4位に入っている。
実は、予選では1位だったんだけれども、ミスがでてしまい4位。
 
女子の体操選手でメダル獲得って、鶴見さん以来になるのか。
今まで、男子の方がすごい選手が多かったけれども、
女子にもようやく世界のトップで戦える選手がでてきた。
 
 21歳という年齢は、、なんとなく、ちょっとお姉さんな感じ。
体操競技って、ちびっ子有利なところがあるから。w
 
 でも、もう成長を終えている年齢だから、
こっから苦しむこともない?のかな。
 
 東京五輪まで、となるとちょっと長いかも知れないが、
頑張ってほしい。
 
.
 
 最後にテニス。
 日本で、ATP500の大会、楽天ジャパンオープンが開かれていた。
 
 錦織はもちろん欠場。(苦笑)
錦織不在で盛り上がらない?いやいやそんなことはない。杉田がいる。
 
 ここのところ好調な杉田は、2戦連続で相手棄権による勝利。
まぁ、ついてただけと言えないこともないけど。
それでも、ちゃんとベスト8まで残ったのは評価できる。
 
 これで、世界ランキングは30位台に入ってきた。
グランドスラムのシード権(上位32人)まで、あと少し。
 
.
 
 でも、最後に盛り上げたのは、内山とマクラクランのダブルスペアだ。
マクラクランは、主にダブルスを主戦場にするプレーヤー。
実は、日本国籍にしたのはつい最近。(母親が日本人らしい)
 内山は、シングルスもダブルスも両方やるよね。
デビスカップではダブルスでしか出てこないのでダブルスプレーヤーのイメージだけど。
コンビ結成は、こないだのデビスカップが最初。
 
 あれよあれよという間に、優勝してしまった。
 
.
 
 デビスカップから一か月しかたってないんだけどなぁ。
調子がよいのか、相性がよいのか。
 
 今回の楽天ジャパンオープンは主催者推薦で出場。
初戦はともかく、2戦目で第1シードのペアを破った。
ダブルス世界ランク、9位と10位のペアだ。
 
 決勝でも、第2シード。ランク11位と12位のペア相手にまさかの勝利。
マジか。。デビスカップでは負けたとはいえ、善戦していた。
そっか、相手が強すぎたんだ。(3位と12位のペアだった。)
 世界トップクラスと十分、渡り合えるってことかよ。。
 
.
 
 ちなみに、ダブルスの世界ランク。
内山は494位。マクラクランは131位だった。
 
今週発表のランキングでは、内山は一気に133位。
マクラクランは80位に上がった。
ってか、内山、361人抜き。ww
 
 これ、しばらく二人でダブルスやってほしいなぁ。
ダブルスで世界と渡り合えるペアがいてくれれば、
デビスカップで非常に心強い。
 

|

« ノーベル文学賞にカズオイシグロ氏 | トップページ | レッツコギコギ、KCSC »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/65897446

この記事へのトラックバック一覧です: 世界体操、ほか:

« ノーベル文学賞にカズオイシグロ氏 | トップページ | レッツコギコギ、KCSC »