« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

ウクライナ開戦後一ヶ月


 ロシアがウクライナに侵攻を始めて、1ヶ月が経った。
戦いはまだ続いている。

.

 ロシアは、短期決戦のもくろみがはずれた。
当初、キエフ陥落は時間の問題と思われていたが、
全然そんなことはなく、泥沼の長期戦になりそう。

 でも、ハリコフはマウリポリでは市街戦が続いており、
民間人の死者も積みあがっているらしい。

.

 当然、軍人の死者は両軍ともにもっと多いだろう。
人の命が簡単に消えていくことは、ただただ悲しい。

.

 ロシアが簡単に勝てそうにないことはほぼ確実。
あとは、化学兵器や核兵器などの、非人道的兵器を
ロシアが使うのかどうか。

 もう、誰も幸せにならない戦争はやめて欲しい。

.

 どうすれば、ロシアを撤退させることができるか。
みんなで真剣に考えて欲しい。
お題目だけでは、プーチンは動かない。

 ウクライナは、中立化に関しては譲歩の動きを見せているが、
ロシア側が譲歩する気配が見えない。
だれも、プーチンに対して「もう勝てないから撤退しようよ」って
言えないんだろうな。

 過去の歴史から考えると、こういうときの解決方法って、
革命か暗殺だと思うんだけど。。
どちらにしても、ロシア国内の動きが必要。

 つまり、ロシア国内での情報戦が大事になってくる、ということだ。
実際の戦闘はウクライナで行われているが、
情報戦の主戦場はロシア国内。こっちの方が大事かも知れない。

.

 ウクライナのゼレンスキー大統領が、
日本の国会で(オンラインで)演説した。
演説の内容自体は、正直たいしたことはなかったけど、
そもそも日本にできることはほとんどない訳で。

 いくばくかのお金を出して、あとは祈るのみ、かな。

 早く、この無意味な戦争が終わりますように。

 

| | コメント (0)

まんぼう解除


 新型コロナによる、マンボウ。
まん延防止等重点措置が、解除になった。

 最近は、ウクライナ関連のニュースばかりで
コロナに関するニュースは減っているが、
感染者も徐々に減ってきている。

 とはいえ、まだまだ油断できる状況ではない。
卒業式から、新年度、と人が動くタイミングでの解除は、
感染対策の上では好ましくないのは間違いない。

 でも、経済面でみる限りでは、
これ以上まんぼうを続けることは難しい、
という判断なのかもしれない。

.

 感染者の減少傾向が続いていることのほか、
高齢者への3回目接種が進みつつあることも、
マンボウ解除につながっているんだろう。

 まだまだ感染者数が多いので、
リバウンドすると元の木阿弥なんだけどな。

.

 一応、第六波は緊急事態宣言なしで乗り切った、
と言えるのかもしれない。ギリギリだったけど。

 次にどんな変異がくるのか、が問題かな。
これで終わると考えてる人は誰もいないだろう。

 ワクチンの4回目接種、という話もでてきているが、
それは、私でも「もう勘弁してほしいな」と思うレベル。

 せめて、年1回くらいにしてくれないかな。

 

| | コメント (0)

読書記録 2022.2

 2022年2月の読書記録。

2022.2の読書まとめ(読書メーター)

.

 2月は34冊読了。

小説(新規)17冊、小説(再読)5冊。
学術/ビジネス 10冊、エッセイ/その他 2冊。

 年始に予約したコロナ関連本がまとめて来たので、
コロナに関する本が多かった。
 3冊紹介。フィクションから。

.

 オオルリ流星群(伊予原新)

昨年「八月の銀の雪」が本屋大賞にノミネートされた、伊予原さんの新作。
読書メーターでデジタルプルーフ(発売前に読ませてくれるサンプル)に当選した。

 20年以上前、高校の文化祭でオオルリのタペストリーを作った高校生たちが、
45歳になって、地方の天文台を手作りする。
すでに中年と言ってよい年齢だけど、昔の、高校生の文化祭のノリで
多くの友人たちの手を借りながら天文台を作り上げていく。

 作中に「45歳定年説」というのが出てくる。
セカンドキャリアを考えると、45歳くらいで一度仕事を変えた方がよい、
という話。

 現役で働くのを65歳くらいまで、と考えるなら、
45歳ってちょうど半分くらいになるんだ。

 50歳すぎてしまうと、新しいことを始めるのは勇気がいるし。
また、仕事自体を変えるのではなくて、仕事のやり方を変えるのもいいかも。

 全体としては、青春モノであり、天体モノでもあるんだけれども、
私にはもう一つ興味深いところがあって、

 主人公(の一人)は、地元で薬局をやってる薬剤師。
大手のドラッグストアチェーンが進出してきている中、
どうやって生き残っていくか、という話もあったりする。

 まぁ、実際は天文台にかこつけて、なかなかそっちは進まないんだけれども、
天文台の仕事を手伝ったからこそ、新たに一歩を踏み出せるのかも知れない。

.

 私は、ちょうど45歳になったばかりの薬剤師だったりする。
これ、私のために書かれた本じゃないのかな?ってくらい刺さった。
 今年はちょっとどころではなく忙しいけど、
セカンドキャリアに向けて、何か動き出せればいいな、と思った。

.

 次、学術系。

 保健所の「コロナ戦記」(関なおみ)

 今月はコロナに関する本を色々読んだけど、
今、一番大変なのは保健所じゃないかな、と思った。
この本は、東京の保健所(と、都庁の感染症対策課長)として
第一線で働き続けた関さんの、コロナとの戦いの記録。

 新型コロナ発生から、昨年の9月(第5波)まで。

.

 わかってはいたけれど、やっぱり大変だった。
「戦記」とあるけれども、保健所は最前線の「戦場」だ。
傷ついて倒れていく仲間もたくさんいた。
 そりゃそうだよ。

 もともと、日本の感染症対策は、
新型コロナのように1日に数万人も感染者が出るような
事態を、全く想定していなかった。

 じゃぁ、どうしたか?
状況に応じて、無理やり組織を運営し続けた。
っつーか、それしか方法がなかった、ともいえる。
「できない」なんて言わせてくれない。
「やるしかない」状況だったから。

.

 読んでて思ったのが、
「保健所は、ひたすら、紙と電話とFAX」
ここを効率化できれば、もっと楽なのに。

 もちろん、それがわからない訳はないが、
口で言うほど簡単な話ではないんだ、これ。

.

 問い合わせをかけてくる市民って、
たぶん、高齢者が多いんじゃないかな、と思った。
それじゃ、デジタル化なんて対応できんよね。

 実は、医療機関もいまだにFAXが現役のところが多い。
医療機関同士のやりとりも、メールよりも電話とFAXなんだよ。
特に、高齢の医師がやっている診療所なんかだと、
デジタルに対応できない人たちが多いのかも。

 つまり、保健所がどうにかして業務をデジタル化したくても、
それについていけない市民や医療機関が山ほどあるんだ。

 で、お役所はそういう人切り捨てちゃいけないよね。

.

 ずっと問題になっている、「2類」「5類」問題。
保健所としては業務を軽減して欲しいから、
そりゃ5類の方が望ましい。

 っつーか、入院調整とか、それって保健所の仕事かよ?
ってのが関さんの言い分。
医療機関側は、入院調整なんか面倒でできっこないから、
保健所にやってもらいたい。だから、2類相当の方がよい。

.

 いつまで感染者数を数え続けるんだろうね?必要?
ここまで増えてしまうと、もはや意味は薄くなっていると思う。
感染状況を確認するだけなら、他の方法も取れるだろうに。

 じゃぁ、なぜ数え続けるのか?
そりゃ、世界中で数え続けているから、としか。
もう、どっかで「みんな、そろそろ数えるのやめません?」って
言ってくれないかな?

 日本が率先してやめたら、
またゾロ、文句言う人がたくさん出てくる訳で。(苦笑)

.

 みんな(市民も病院も政治家も)保健所に頼り過ぎ。
保健所が、本来やらなきゃいけない業務もあるっていうのに。
でも、やらないという選択肢はないから、
バタバタ倒れてもやらざるを得ない。
 本気で、負担軽減を考えた方がよいよね。
今回の第6波なんか、保健所は完全に沈黙した(壊滅した)し。
落ち着いたら、熱さを忘れる前に本気で考えようよ。

.

 最後、その他。

日本人のための議論と対話の教科書」(倉本圭造)

.

 インターネット上では、色々な議論があるけれども、
議論のための議論になっているものがほとんど。
いかにして、相手を論破するか、罵倒するか、
しか考えていないものが多い。

 いや、それって議論する意味あるの??

対立した意見の中から、互いにより高位に上がる。
高め合っていくのが、よい議論なんじゃないの?

 お互いに隙を見せないように罵り合っていたら、
本来、到達できたであろう妥協点よりも、
かなり低いところまでしか届かない。

 それは、お互いのためにならないよね?
もっと丁寧に対話しましょうよ、という話。

.

 別に、目新しい説じゃないよ。
私は、これ読んでヘーゲルの弁証法やん、って思った。

「テーゼ」に「アンチテーゼ」をぶつけて、
より高位な「ジンテーゼ」を導く。

 相手を叩き潰すんじゃなくてさ、
お互いの譲れないところ、いいところを取って、
もっといいものを作ろうよ。

.

 この本の素晴らしいところは、そういう昔からある対話法を、
非常に説得力のある凡例を用いて説明しているところ。
すごい、わかりやすいんだ。

 たぶん、「そうそう、これを言って欲しかった!」って、
両方の陣営が声を上げる、そういう話だと思う。

.

 21世紀に入ってから、世界の分断が進んでいる。
特に、ネットの世界では、「ネトウヨ」と「パヨク」の争い?

 倉本さんは、そういう現実的でない極論を言う人は、
「放置」しようよ、と。

 で、どちらの陣営にも「極論にはついていけねー」って人は
大勢いるから、そういう人たちだけで丁寧に対話して、
いいものを作っていこうよ、と言っているようだ。

.

 まぁ、岸田総理の扱い方とかは、「ほんまかいな?」って
ところがあるけど、流れとしてわからなくはない。

 あと、個人的にはこの人もほぼ同年代なので、
「ジョジョ」のネタだったり、「スラムダンク」のネタが出てくると、
「ああ、同世代なんだな」と思ってにやけてしまう。w

 40代半ば。

そろそろ、頭の固い高齢者には奥に引っ込んでいただいてさ、
うちら世代が丁寧に対話して、よりよい世界を作っていけたらいいんじゃない?
って感じかな。

 欧米諸国に比べれば、日本の分断はまだマシな方だし。
分断を防いで、対話でいい社会を作っていく実績ができれば、
国際社会における、日本の地位も向上するんじゃないのかな。

.

 倉本さんは、twitterでもフォローしてるけど、
ウクライナ情勢に関して言えば、

「西側だけの言い分だけでなく、ロシアの事情も理解しなければいけない」

とは言いながら、

「つっても、軍事侵攻はダメ。ダメなものはダメと言わないと」

.

 この、二つの意見を両方同時にもたないといけないんだけど
ネットみてても、片方しか理解できない人が多いような気がするな。

 

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »