薬剤師Kittenの雑記帳、終了宣言。

 
 突然ですが、私のブログ、薬剤師Kittenの雑記帳は、
2017年11月9日、本日をもって、終了とさせていただきます。
 実は、ずっと前からそろそろ潮時かな、と考えてました。
もうブログの時代は終わったかな、と。
そして、新たなSNSに進めない私は、もう時代遅れなのだろうと。
 
.
 
 最近読んだ本で、終了を考えさせるきっかけになった本があります。
詳しくは書きませんが、私の人生を変えるきっかけになるかも知れません。
今後の、新たな活動、展開を考えた時、むしろブログにかけている
時間がもったいないな、そろそろやめるかな、と。
 
 自分の中では、キリのいいところまで続ける気でいました。
年末、あるいは年度末まで書いた後、
まる12年でいったん休止、としよう、と。
 
.
 
 ところが、本日、2017年11月9日(木)
おそらく、私の人生で過去最大級の困難に直面しました。
ちょっと、ブログ書いているどころではないな、と。
そもそも、書ける気もしませんし。
(この困難については、今後も一切書く気はありません)
 
 そこで、本日をもって、終了とさせていただきます。
ご愛読、ありがとうございました。
作者の次回作にご期待ください。(違う)
 
.
 
 今後の展開ですが、
おそらく、何もないままフェードアウトする可能性が高いです。
 
 万一、新たな活動などで進展があったとすれば、
もう一度、このブログ上で告知を行います。
その際は、おそらく新サイトを立ち上げることになるでしょう。
 
.
 
 なお、読書メーターというサイトで、ひたすら読んだ本の感想上げてます。
そちらで生存確認は可能です。(読書メーターのアカウント必要かも知れませんが)
 
 
.
 
 と、ここまで書いておいてなんですが、
たぶん、今後も記事を追加することはあると思います。w
 
 確定拠出年金の記録とかは残しておきたいですし、
本の感想なんかも、書かねばならないものもありますし……。
 
 何より、オリンピックシーズン、フィギュアの記事を書かないなんて
そんな選択ありえないです!
(年度末まで続ける予定だった一番の理由がソレです。)
 
.
 
 ただ、医薬品や、保険調剤に関する話題は、もう書かないと思います。
それに対する議論も、おそらくはしないです。
 
 とはいっても、その分野の記事は、すでに休業状態に近いです。
自分が残しておきたい記録や記事はこれからも書くかも知れません。
他の人に伝えたいような記事は、おそらく書くことはありません。
 
.
 
 じゃぁ、結局今までと何が違うのか。
 それは、
 
 本日をもって、「終了宣言」することです。

このページは、今後、ほぼ永久的にトップページにおきます。
(新しいサイト立ち上げる時まで。)
と思ってみてみたら、スマホだとトップページに表示されてません。(苦笑)
12年近く経っても、いまだにcocolog使いこなせてないです。w
 
 仕方ないので、通常記事の方にもあげておきます。
これでしばらく更新しなければ、みんなに伝わるよね。
(ああ、最後までビシっとできないブログだ。これも私らしい)
.
 
 いつの日か、今日のことを笑って振り返るときがくると信じて。
大丈夫、私たちならできる。
 
We can do it!
 これは、現在の私から、未来の私へのエールです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公明党の凋落

 参議院選挙の結果について

.

 ほぼほぼ、現状維持といった感じの結果で、特筆すべきところはない。
あえて言うなら、投票率が50%を切ったのが衝撃的だったくらいで。
どうやったら投票率を上げることができるのか。これ、本気で取り組むべき課題だ。

.

 3年前の選挙の時に、政党別得票数について記事を書いている。

「政党別得票数の記録」(2016.7.12)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-00dc.html


.

 今回、新政党が出てきたり、民主党が分裂したりして訳わからんことになっているが、
一つ、明らかな兆候が出てきている。それは、公明党の凋落である。

 凋落、っていっても、公明党議席伸ばしてるやん?その通り。
ただそれは、投票率の低下や、選挙区で議席を伸ばしているから。
公明党の比例区得票数は落ちているのである。

公明党比例区得票数の推移

2010年 764万(6議席)
2013年 756万(7)
2016年 757万(7)

2019年 653万(7)

.

 いや、投票率は確かに下がったよ。でも、それ以上に得票率下がってるよね。
公明党の強さは、投票率に関わらず750万程度の得票数を誇っているところだった。
前回の衆議院総選挙から陰りは見えていたけど(700万票に届かず)
今回で、一気に得票数が落ちているのが目に見えてわかる。

.

 創価学会の力が落ちていると推測される。
思うに、学会員も高齢化が進んでいるんじゃないのかなぁ。
新しい世代が入ってきていないか、政治に関心が少ないか。

 公明党はずいぶん長いこと自民党と組んで政権を担っているけど、
本当にそれでいいのかな?
まぁ、安部政治に対する一つのブレーキにはなっていると思うけれども。
参議院では、自民党単独で過半数取れてないしね。

.

 今回、自民と公明の得票率は、合わせて50%に届いていない。
得票率だけなら、与党は過半数に達していない。

 議席で過半数を超えているのは、一人区で大きく勝ち越しているせいだ。
一票の価値の高いところで議席を獲得しているだけで、有権者全体の半分の支持もない。
有権者の半数以上が投票のいってないことも加えると、安倍政権を支持しているのは4分の1に満たない。

 これでも「勝った」って言えるのかな?

.

 あとは、弱小政党、諸派の得票数。

れいわ新選組 228万(2議席)
社民党    107万(1)
NHKから国民を守る党 99万(1)

安楽死制度を考える会 27万(0)
幸福実現党      23万(0)

.

 社民党は、今回は生き延びた。でももう、崖っぷちもいいところだ。
投票率が高かったら今回で議席を失っていた可能性が高い。もう、潮時だと思う。

 れいわ新選組に関しては、ノーコメント。
驚きは、N国党。まさかの議席獲得である。こんなのに国費使っていいのかよ。(苦笑)

幸福実現党は、そろそろ政治から完全に撤退した方がいいと思う。
公称1100万の信者は、いったい何をしているのか?w

 ぽっと出の安楽死制度を考える会にすら負けるなんて。

.

 そういえば、「支持政党なし」という政党はもう消えてしまったのかな?
前回の参院選では65万の票があったのに。
N国党みたいなふざけたのに議席与えるくらいなら、まだ支持なしの方がマシだろうよ。

 しかし、N国党ってネタだと思うんだけどなぁ。w
それくらい、既存の政治に対する不信感が高まっているということ。
政治家には大いに危機感をもってもらいたい。

 

| | コメント (0)

«Lama -ラマー