薬剤師Kittenの雑記帳、終了宣言。

 
 突然ですが、私のブログ、薬剤師Kittenの雑記帳は、
2017年11月9日、本日をもって、終了とさせていただきます。
 実は、ずっと前からそろそろ潮時かな、と考えてました。
もうブログの時代は終わったかな、と。
そして、新たなSNSに進めない私は、もう時代遅れなのだろうと。
 
.
 
 最近読んだ本で、終了を考えさせるきっかけになった本があります。
詳しくは書きませんが、私の人生を変えるきっかけになるかも知れません。
今後の、新たな活動、展開を考えた時、むしろブログにかけている
時間がもったいないな、そろそろやめるかな、と。
 
 自分の中では、キリのいいところまで続ける気でいました。
年末、あるいは年度末まで書いた後、
まる12年でいったん休止、としよう、と。
 
.
 
 ところが、本日、2017年11月9日(木)
おそらく、私の人生で過去最大級の困難に直面しました。
ちょっと、ブログ書いているどころではないな、と。
そもそも、書ける気もしませんし。
(この困難については、今後も一切書く気はありません)
 
 そこで、本日をもって、終了とさせていただきます。
ご愛読、ありがとうございました。
作者の次回作にご期待ください。(違う)
 
.
 
 今後の展開ですが、
おそらく、何もないままフェードアウトする可能性が高いです。
 
 万一、新たな活動などで進展があったとすれば、
もう一度、このブログ上で告知を行います。
その際は、おそらく新サイトを立ち上げることになるでしょう。
 
.
 
 なお、読書メーターというサイトで、ひたすら読んだ本の感想上げてます。
そちらで生存確認は可能です。(読書メーターのアカウント必要かも知れませんが)
 
 
.
 
 と、ここまで書いておいてなんですが、
たぶん、今後も記事を追加することはあると思います。w
 
 確定拠出年金の記録とかは残しておきたいですし、
本の感想なんかも、書かねばならないものもありますし……。
 
 何より、オリンピックシーズン、フィギュアの記事を書かないなんて
そんな選択ありえないです!
(年度末まで続ける予定だった一番の理由がソレです。)
 
.
 
 ただ、医薬品や、保険調剤に関する話題は、もう書かないと思います。
それに対する議論も、おそらくはしないです。
 
 とはいっても、その分野の記事は、すでに休業状態に近いです。
自分が残しておきたい記録や記事はこれからも書くかも知れません。
他の人に伝えたいような記事は、おそらく書くことはありません。
 
.
 
 じゃぁ、結局今までと何が違うのか。
 それは、
 
 本日をもって、「終了宣言」することです。

このページは、今後、ほぼ永久的にトップページにおきます。
(新しいサイト立ち上げる時まで。)
と思ってみてみたら、スマホだとトップページに表示されてません。(苦笑)
12年近く経っても、いまだにcocolog使いこなせてないです。w
 
 仕方ないので、通常記事の方にもあげておきます。
これでしばらく更新しなければ、みんなに伝わるよね。
(ああ、最後までビシっとできないブログだ。これも私らしい)
.
 
 いつの日か、今日のことを笑って振り返るときがくると信じて。
大丈夫、私たちならできる。
 
We can do it!
 これは、現在の私から、未来の私へのエールです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紀平梨花がグランプリファイナル初制覇

 フィギュアスケートの話題より。
 
先週末、カナダのバンクーバーで行われていたグランプリファイナル。
男子は宇野昌磨が銀メダルだったが、
女子は、今シーズンシニアデビューしたばかりの紀平梨花が、
平昌五輪金メダルのザギトワを抑えて初優勝を飾った。
 
 シニアデビュー年でのファイナル制覇は、浅田真央以来となる。
 
.
 
 紀平の武器は、何といってもトリプルアクセル(3A)である。
グランプリシリーズのデビュー戦となったNHK杯のFSでは、
冒頭に3A-3Tのコンビネーションを決める。もちろん女子では初。
続く単独の3Aも成功させて、フリーで3A2本成功。
ショート5位からの逆転優勝となった。
 
 今回のファイナルは、ザギトワとの直接対決。
ザギトワは、やや硬さはあったかも知れないが、
オリンピック金メダリストにふさわしい演技をしている。
自己ベストに届かなかったとはいえ、SP77.93、FS148.60は、立派な点数。
単に、紀平がそれを上回っただけだ。
 
.
 
 くしくも、舞台がバンクーバーなんだよね。
浅田真央が銀メダルを獲得したバンクーバー五輪の地。
その時の記事を見返してみた。
 
「浅田真央、涙の銀メダル」(2010.2.26)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-4d3d.html
 
.
 
 浅田真央は、バンクーバー五輪で、ショート、フリーで3本の3Aを決めている。
これは、前人未到の記録であり、おそらくは不滅の記録となるであろう、と。
 また、キムヨナのフリー150点超も、10年は破られないんじゃないか、と書いた。
 
 オリンピックではないけれども、紀平梨花は、この二つを並び立たせた。
3Aに3回挑み、フリーで150点を超えて、金メダルを獲った。
まだ、10年も経ってないのにね。とんでもない才能だと思う。
 
 もっとも、FSでの150点越えは、紀平よりさきにメドベージェワやザギトワも
出しているし、紀平はまだ、1試合で3本、クリーンな3Aを揃えたことないけどね。
 
.
 
 紀平の強さは、やっぱり何をおいてもトリプルアクセルになる。
ファイナルのフリーのジャンプ構成を、ザギトワと比較してみる。
 
紀平   3A/3A+2T/3Lo/3Lz+3T//3F/3Lz+2T+2Lo/3S
ザギトワ 2A/3Lz+1T/3S/2A//3Lz+3Lo/3F+2T+2Lo/3F
 
 紀平のすごいところ、それは、ダブルアクセル(2A)を跳ばないところだ。
ようは、ザギトワが2回入れている2Aが、紀平はどちらも3Aになってるんだ。
3Aは基礎点8.0点。2Aは3.3点。5点近く違う。
さらに、基礎点の高いジャンプはGOEの上げ幅も大きい。
 
 3AはGOEの評価高ければ、単独でも10点を超えるが、
2Aでは、せいぜい4点にしかならない。ここまでくると6点差。
全部成功すると仮定すると、3Aと2Aの差だけで、技術点10点以上差がつく。
これはとんでもなく大きいよ。
 
.
 
 紀平の強み、二つ目はルッツもフリップも問題なく跳び分けられるところ。
浅田真央は、ルッツジャンプのエッジでマイナス点がつくことが多かった。
今でも、Lz,Fの片方が苦手、という選手はそれなりにいるけど、
紀平にはその弱点がない。連続3回転も問題なく跳べる。
 
 最後に、演技構成点の高さ。シニア一年目の選手で演技構成点70点台って。
ザギトワとほぼ互角だもんなぁ。宮原よりも上ってどういうことだよ。(苦笑)
そりゃ、ジャンプが決まれば負ける訳ないわ。
 
.
 
 ザギトワは、昨シーズンは「すべてのジャンプを演技後半に跳ぶ」という
戦略で、技術点を稼いでいた。演技後半のジャンプは基礎点1.1倍だから。
ただ、今年のルール改正で、基礎点1.1倍は、「後半の3つのジャンプ」に
限定された。これは、ザギトワつぶしのルールと言えなくもない。(苦笑)
 
 それでも、ザギトワは難度の高い3Lz+3Loを後半に持ってくるとかの
工夫はしている。序盤に基礎点の低いジャンプを集めて、後半勝負にしてる。
 
 ただ、それだけでは紀平の3Aに対抗できなかった、という訳だ。
3Aの強さが、暴力的に思えてくる。w
 
.
 
 もっとも、次のオリンピックでどうなってるかはわからない。
二人ともまだ16歳だし、女子は年齢が上がって身体が成長すると、
今まで跳べたジャンプが跳べなくなることが多々あるから。
 
 それに、ロシアのジュニア選手で4回転を跳べる選手も出てきている。
むしろ、そっちの方が脅威になるかも知れないし。
女子選手は、15,16歳のころに一つのピークを迎えるところがあって、
運よくその頃にオリンピックがあれば、って感じがある。
 
 紀平は次のオリンピックまで3年以上もある。
3年以上もトップ選手でい続けるのは、女子では大変じゃないかな。
紀平の才能をもってしても、どうだろうか。
 
.
 
 しかし、今年の全日本選手権、女子は面白そうだ。
紀平が頭一つ抜けているのは確かだけど、選手層はめちゃ厚い。
グランプリファイナルに出場した、紀平、坂本、宮原。
出てないけど、実績も実力もある、三原、樋口。
他に、本田(真凛)、白岩、山下、と若手も多い。
 
最終グループの6人に残るのも大変な争いになりそうだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«10年ごしの実り