新型コロナウイルス

緊急事態宣言解除

 

 新型コロナ第4波は、ひとまず落ち着いた。
延長に延長を重ねた緊急事態宣言も、これ以上延長できないので
一旦解除ということになった。

.

 ただ、大阪も東京も、直近一週間では下げ止まり、というか
むしろ再上昇の兆しを見せつつある。
2度目の緊急事態宣言のときは、リバウンドを防ぐために
色々考えられた結果の上で解除したけれども、
アルファ株(イギリス変異株)の感染力に前に、
あっという間に緊急事態宣言に追い込まれた。

 今回も、デルタ株がスタンバイしている。
しかも、緊急事態宣言自体が長くなりすぎているので、
そもそも緊張感がなくなっている。
 続けていても効果が薄れているし、
といってマンボウに落としたらさらに緩むし。
やっぱり手詰まり。祈るしかない。

.

 ワクチンの接種スピードが鬼のように上がっている。
高齢者にはかなり進んだから、次の波では重症者の減少が期待される。
ワクチン接種がいきわたるのが先か、デルタ株が爆発するのが先か。
そういったレースになりそうだ。

 ただ、全体としては「第5波待ったなし」だと思う。

これは、よい面と悪い面がある。
前回の緊急事態宣言解除時は、
「まさかすぐに第4波が来るとは予想していなかった」
というスピードで、次の波がやってきた。

 今回は、もうわかっているよね?
この状況で、第5波が来ないほうがおかしいよ。
来るのわかってれば、医療側も対応しやすいでしょ。
準備がしやすいのが、よい面。

.

 悪い面は、逆で、
「第5波がくるのわかってるから、
 行けるうちに行きたいとこ行こう!」
 となってしまい、かえって人出が増えることだ。

 だって、これだけコロナ勉強して、
感染力もしっかりわかっている私でも外出したいんだよ?
こんなん、一般の人は我慢できるとは思えんよ??

.

 高齢者のワクチン接種が進んでいるのが間に合うか。
高齢者施設でのクラスターが出なければ、
医療体制もそれほど逼迫しないんじゃないかな。
デルタ株が若者の間でどれだけ重症化するかによるけど、
重症患者が減ってくれば、医療はなんとかもつかも。

.

 ワクチンに関しては、例によって陰謀論者がわめいてる。
もう、相手にするのも面倒くさい。

 一つだけ気になるのは、
彼らが気にしている「長期での安全性」って、
彼らはどの程度を想定しているんだろうか??

.

 50億人にワクチン接種したとして、そのあと10年で、
世界中でどれくらいの人が死んでると思う?
ってアンケートとってみたい。

1)10億人
2)1億人
3)1000万人
4)100万人

 どれが一番近いと思いますか?

.

1)が一番怖いけど、これは絶対にありえないと断言できるレベル。
このレベルの副反応があるなら、もうとっくにわかってる。

2))はどうだろう?かなり怖いよね。50人に1人なんだから。
でも、実はこれくらいの人数は「普通に」死ぬ。

世界の一日の死亡者数は15万人くらい。10万人としても、
10年で3億6500万人が亡くなる計算。

となると、3)とか4)って、少なすぎて話にならんのよ。
3)でも、500人に1人くらいの割合なんだけどね。
長期となると、これが検出できるかどうかが微妙なところ。

.

 絶対に安全、と言っている訳ではないよ。
でも、私の感覚だとね、万一長期の安全性に問題があったとしても、

「1万人に1人くらいの割合で、何かあるかも知れない」

 くらいの相場なんだわ。
で、これって、統計的に有意差が出るかどうかは怪しいのよ。
タミフルによる異常行動と似たようなもんかな。

.

 たとえば、受動喫煙に発ガン性があるのは分かってる。
でも、認められるのにかなりのデータ必要だった。
発ガン率3倍とかなら、すぐわかるんだけど、
発ガン率1.1倍とかだと、なかなか難しい。

 1万人に1人の割合でなんかあったとして、わかるかな?

 まぁ、この辺のロジックが分かる人なら
陰謀論にはまることはないと思うんだけど、
なかなか理解できないよね。

 陰謀論者は数字じゃなくて感情に訴えるから。
正論で返してもおそらく効果はないので、
何か対策を考えないといかんね。

| | コメント (0)

緊急事態宣言、延長(当然)


 3回目の緊急事態宣言は、予定通り延長となった。
最初の予定通り終わったことないから、これは予想通り。

 というか、明らかに設定期間短すぎたよね。
あれで封じ込めるのなら、もうロックダウンするくらいの
強力な規制かける必要があった。
 でも、そこまでできないのなら、そりゃ延長やむなし。

.

 私は、もう「祈る」しかないよね、と書いていたが、
当然、ウイルスに祈りが届くわけもなく。
大阪では、死亡者数過去最多を更新し続けている。

 できることはないので「祈る」しかない。

.

 3回目の緊急事態宣言に効果はあるのか?
賛否あるだろうけど、私は大いに効果があったと見ている。
GWが入っているから簡単に評価はできないけれども、
大阪は感染者数は減少傾向に入っている。
少なくとも、増加傾向は止まっている。

 死亡者は増えているけれども、
感染者が増えてから死亡者が増えるまではタイムラグがあるので、
それはもう仕方ない。(祈るしかない)

 手遅れだったけれども、変異株を抑え込んでいることは間違いない。

.

 東京にしても同じこと。
緊急事態宣言中も、徐々に増えてきていたけれども、
年末年始のような爆発的な増え方はしていない。
なんとか、1000人/日前後で抑えられるかも知れない。
それで済めば、大阪のような医療崩壊は免れる。

.

 ただ、緊急事態宣言が出ていない地域でエラいことに。
愛知、福岡、北海道が第3波を超えている。
変異株、なめちゃいかんよ。

 ここで何とか抑え込まないと、第三波を超えてしまう。
せっかくワクチン接種が始まったのに。

.

 とりあえず、5月末まで延長になったけど。
これ、どうするよ?
5月末にはおそらく、大阪の減少傾向は見えてきていると思うが。
第三波はそこで少し緩めたところに変異株の攻撃くらったよね。

 出口戦略をしっかりしないといけない。
もう、高齢者にワクチンいきわたるまで
自粛続ける方がいいんじゃないだろうか。

.

 去年の話を思い出す。
このウイルスとは長期戦になる、と。

1回目の緊急事態医宣言を乗り越えたところで、
「これは野球でいうと1回表のウイルスの攻撃は終わっただけだ」

 現在、4回の表という訳か。

 人類のコールド勝ちで終わらせる可能性があるのが、
ワクチン接種。mRNAワクチンの効果は、かなり期待できる。

 私は、今月末に1回目を予約した。
7月上旬には免疫ついてるかな。
今はあちこちで予約騒ぎがおきているけれども、
ワクチンは最終的には余るほど来ることがわかってるので、
そのうち打てる。焦る必要はない。

 アメリカは子供むけの治験を始めてるけど、
あれは、余ってきてるからだよね、と思ってる。(苦笑)

.

 あとは、オリンピック。。
もう、延期は無理だから、中止か決行だと思うんだけど、
無観客でやってしまうのが一番現実的かなぁ。

 医療者としてはそれどころじゃないけどさ、
スポーツファンとしては、オリンピックやって欲しい。
まぁ、私の意見なんて国に影響ある訳ないけどね。

| | コメント (0)

三度目の緊急事態宣言


 大阪は変異株が猛威をふるっており、
重症病床使用率はすでに100%。

 もはや、医療崩壊を起こしている状況である。

.

 こうなることは、2週間くらい前から分かっていたが、
有効な対処はもうほとんど残っていなかった。
できることは、第三波でたいていやってるよ。

 最後は、もうね。

祈る

 しかないような状況だったけど、
当然、ウイルスはそんなのに忖度してくれる訳ないので。

 大阪の新規感染者数は、1000人台の前半で
なんとか止まっているけれども。
もう崩壊してるしな。

.

 原因は二つ。

変異株を甘くみていた。
おそらく、感染力は高いだろうし、
重症化率も高い。

 若者でも重症化して、亡くなるケースがある。
通常の病床よりも、重症病床のほうが先にパンクするのは、
ちょっと想定外だった。

.

 もう1つ。
まん延防止措置の効果が、あまり見られないこと。

 やってる内容は緊急事態宣言と大差ないと思っていたが、
みんなの緊張感が違うんだろう。

緊急事態!

ってのと

マンボウ!

ってのは、言葉の響きからして違うし。

.

 2月末で緊急事態宣言を解除したこと自体は、
そりゃ批判してもしょうがないだろう。
あの状況で解除しない選択は、難しかった。

 リバウンドしないように。
第4波を起こさない対策が必要だったんだけど、
これが甘かったんだろうな。

.

 今晩、首相の会見があるけれども、
緊急事態宣言、たったの2週間でいいのか?
2週間じゃ、効果の判定もできないんだけど。

 ま、過去二回の緊急事態宣言は、
いずれも延長されてるんだから、
最初から延長前提なのかも知れないな。

.

 さて、ワクチン。

 高齢者向けのワクチン接種の案内が始まっているそうだ。
ちなみに、医療従事者も始まってるけど、薬剤師はかなり後ろなので、
おそらく高齢者のほうが早いと思われる。

 薬剤師でも、高齢者のワクチン接種を手伝う薬局には
早めに接種してくれる、という話があるんだけど、、
ワクチン余ったら、ついでに接種してくれないのかな?

 一番ヤバい大阪でワクチンを打ちまくれ、という話もあるが、
そもそも今の大阪の医療機関にワクチン接種する余力があるのか?

 なかなか厳しそうだ。

 とりあえず、「祈る

 

| | コメント (0)

大阪赤信号再び

 

 大阪の感染拡大が止まらない。
すでに、第三波のときの過去最多記録を更新して、
まだ増え続けるかも知れない。

 感染力が高い変異株が入ったせい、だろうか。
緊急事態宣言の解除が早かったんじゃないか?
という意見もあったが、私はそうは思わない。

 あそこまで減ったのなら、解除して当然で、
解除した後にリバウンドをおこさない仕組みが必要、
と言ってきた。

 大阪は三月中旬から再び感染拡大傾向をしめしていたが、
それに対する動きは鈍かったと言わざるを得ない。
だから、リバウンドをおこさないように、と言ったのに。

.

 今現在、大阪は非常に危険な状態であり、
医療崩壊してしまう可能性が高い

 今が一番危険なのに、緊張の度合が緩い。
このまま、大阪だけで1日2000人とか行くかも・

 感染の急拡大に医療体制が追いついていない。
第3波がおさまって一息ついたところで、
制度的にも「一旦休み」と緊張を落としていたところに、
一気に波が襲い掛かった。

 しかも、度重なる自粛要請で、もう自粛が効かない。

 まん延防止措置はとったし、医療緊急事態宣言も出したけれども、
府知事の声が、以前よりも力を失っているように思う。
長のリーダーシップが頼みなんだけどね。

.

 どれだけ変異株がはやったところで、やることは変わりない。
手洗いと三密回避、特に会食を避けることが大事。

 高齢者向けのワクチン接種が終われば、
重症化する人が減るので、かなり楽になると思うんだけど、
そこまでもつかな……。

.

 こんな事言っても仕方ないけど、第3波が収まったときに
「これは季節性だから何もしなくても、
 気温が上がったから感染者が減った」
とか言ってた人たち、ちゃんと弁明してほしいな。
あの人たち、都合が悪くなると消えるからね。

| | コメント (0)

大阪第4波?

 

 緊急事態宣言は解除されたが、
予想以上の速さでリバウンドがきている。
特に、大阪は東京の感染者数を超えていて、
早くも第4波?という状況になっている。

 大阪は、日本で一番変異株が検出されているところでもあり、
変異株の影響があるのかな、と思ってしまう。
緊急事態宣言解除で緩んだのが直接の原因だろうなぁ。
また、しめないと。

 正直、もう一ヶ月くらいは猶予があるかと思ってたんだが。

.

 ワクチン接種の話は来ていない。
医療従事者への接種は都道府県が担当。
高齢者への接種は市町村が担当している。

 薬剤師には、「高齢者への接種のお手伝い」
の要請がきているけれども、
自分たちがいつ接種できるのかは分かってない。

 お手伝いに手を上げれば早めに接種してくれる、
みたいな話もあるらしいけど。こりゃ、来月以降かな。

.

 まずは、大阪で食い止めることが必要。
東京まで飛び火して爆発すると、
またしても緊急事態宣言、になりかねない。

 大阪は、感染者が入ってこないかどうかチェックするより、
感染者が出て行かないようにチェックすべきじゃないかな。

 こりゃ、ゴールデンウィークまでステイホームかなぁ。

| | コメント (0)

緊急事態宣言、再延長


 首都圏では3/7で解除される予定だった緊急事態宣言。
首都圏以外は1週間前に先行解除されていたけれども。

 まさかの、「宣言再延長」となった。
あいたたた、これはキツイなぁ。

.

 数字的には、かなり落ちてきている。
ただ、病床使用率がまだギリギリなのと、
減少傾向が減速していること、
それと変異株の広がりによるリバウンドが懸念されることから、
もう2週間、延長、とのこと。

.

 あとは、「首都圏だから」という理由もあるっぽい。

 もともと、今回の緊急事態宣言自体も、
首都圏が火の車になってそれが全国に飛び火した結果だ。
ここが収まってくれないことには、
全国的にも落ち着かない。

 しかし、2週間後は春休みや年度末。
ここで解除してしまうのも、うーん。
解除したところで、送別会とかはやめといた方がよさそう。

.

 ワクチンの接種は、まだまだ時間がかかりそう。
医療従事者への接種は、とりあえずコロナ対応している
医療機関が優先(そりゃそうだ。)

 薬局まで回ってくるのはだいぶ後だろうな、これ。
たぶん、4月になると思う。

 それも、ちゃんとワクチンが入ってきてくれたら、
という前提条件がつくけれども。

 あとは、東京オリンピックをどうするか、かな。
なんとか開催するにしても、海外からの観客は無理そう。
国内のみにしても、観客減らさないと。。

 これ以上延期はできないし、中止にもできないから、
とにかく「終わらせる」方向に進めるのかな。

 

| | コメント (0)

緊急事態宣言(一部地域)解除


 1月から続いていた緊急事態宣言は、
首都圏を除いて少しだけ早めに解除された。

 新規感染者数は十分下がっているけれども、
病床の使用率がまだ高いことと、
新規感染者数の減少の勢いが鈍っていることを理由に、
首都圏は今のところ3/7までの予定。

 ただ、状況によっては3/7でも解除されないかも知れない。
そんなに楽観できる状況ではないらしい。
変異株がどれくらい広がっているかにもよるし。

.

 ワクチンの先行接種が始まっているが、
今のところ、目立った副反応は出ていないようだ。
痛みはともかく、発熱、頭痛なんかの頻度も知りたいところだけど、
ほとんど報告があがっていないんだよね。
 添付文書上では、かなりの頻度になってるんだけど、
実際のところ、どんなもんなんだろう?

.

 医療従事者への接種も、(一応)始まる予定。
ファイザーのワクチンは、ヨーロッパから輸入されるんだけど、
EUが許可を出してくれれば、3月分は何とかなりそう。
ただ、高齢者への接種完了が遅れそうな感じ。

 私はいつ接種できるんだろうね?
まだ、勤務先には何の連絡もきていないんだけれども。

.

 少し前の情報だと、ファイザーのワクチンは、
重症予防効果、発症予防効果は認められていたが、
感染を予防する効果はまだ未確認だった。

 イスラエルやイギリスの研究で、
どうやら感染伝播を抑える効果もありそうだ、
と分かってきている。

 あと不明なのは、どれくらい効果が持続するか。
こればっかりは、もう少し時間かけないと分からん。
半年で効果切れることはなさそうだけど、
毎年接種する必要があるのかどうか。

 あと、変異株対策の治験として、
変異株に対応した(バージョンアップした)
ワクチンを追加接種するという治験も始まるらしい。

.

 正直なところ、このワクチンがどこまで効くのかまだわからん。
コロナを完封できる可能性もゼロではないけど、
あっさり効かなくなる可能性もあるし。
 私の「相場感」でもちょっと読みにくいところだ。
1年くらいはもつんじゃないかな、と勝手に予想しているくらい。

 ま、もう少しすればもっとわかってくるだろう。

| | コメント (0)

ワクチン接種開始


 ファイザー社が開発した新型コロナのワクチン。
国内で医療従事者への先行接種が始まった。
とりあえず、4万人。

 その後、3月中旬からほかの医療従事者に。
4月から高齢者、と続いていく、予定。

.

 あくまで予定。
私は普通の医療従事者の枠になるけれども、
3月に接種できるかどうかは、まだ分からない。

 大阪府からは「国からの連絡や報道から推測するに」
とか「予定は極めて流動的」とか、
ちょっと笑えるワードが色々と。

 ようするに、誰もわかっちゃいない、と。
こんなんで本当に始められるのか?
すごいな。

.

 さて、ワクチンについて今のところ分かっていること。

1.重症化を抑制する効果はある。
2.発症を抑制する効果はある。

 ここまでは、治験で確認できている。

3.感染を抑制する効果は、あるかどうかわからない。

 まだ、「わからない」であって、
あるともないとも言ってない。

 全体的には「あるんじゃないかなあ?」という感じ。

.

 変異株に対しても、いろいろ言われているが、
「全く効かなくなることは、なさそう」

 変異株の種類にもよるだろうけど。
この辺、実際に変異株が流行しているヨーロッパで
ワクチン接種が進んでいるんだから、
ヨーロッパから情報を出してくれればよいと思う。

 ただ、ワクチン接種と同時期にロックダウンかけてるから、
全体としてワクチンが効いているのかどうかがわかりにくい。
年明けから新規感染者が激減しているのはわかるんだけどね。

.

 私は、新型インフルのワクチンみたいなイメージで見てる。
一回接種しておけば、ベースとなる免疫はできるんじゃないか?
少々変異したところで、全くワクチン打たないよりはいいんじゃないかと。

.

 どれくらい効果が持続するかは、まだ分からない。
そりゃ、できて半年くらいしか経ってないから、
半年以上のデータはない。

 今後、毎年接種が必要になる?なんて話もあるけど、
これも「まだわかっていない。」
接種が必要になるかも知れないし、そうでないかも知れない。
私の相場観でも、ここは50:50くらいで本当にわからない。

.

 長期的な安全性については、当然ながら不明だけど、
現在でわかる情報からは、長期的な副反応はあり得ない、
と断言できる。

 ワクチンの歴史は、ジェンナー以前から始まるが、
最初期は本当に「安全性不明」な状況で突っ走っていた。
今から考えると、よくそんなワクチン打ったな、と。
それだけ、病気が怖かった、とはいえ。

 人類は、さまざまな薬害を体験してきている。
「だから、信用できない」という人もいるだろう。

 でもね、それだけ失敗してきているから、
「同じ失敗をしないように、どんどん洗練されている」
とも言えるんだよ。

 サリドマイド、スモン、ソリブジン、C型肝炎、イレッサ。

 薬害が起こるたびに、
同じことを繰り返さない仕組み」
が整備されてきている。

 もちろん、それでも絶対におきないとは言えない。
(小林化工みたいな、とんでもない例もあるし。)

 あとは、リスクを比較して決めることになる。

 ワクチンを接種するリスクと、
新型コロナに感染するリスク、どっちが怖い?

 私は、人類の叡智を信じるけどなぁ。

世の中には、病気で死ぬのは自然なことだから構わない。
副作用、副反応は絶対にあってはならない、
という世界観の人もいる。

 そんな人は、接種しなくてもよいと思うが、
その世界観を人に押し付けないで欲しいな。

 

| | コメント (0)

出口戦略と、反省を。


 緊急事態宣言が延長された結果、
引き続き新規感染者は減少傾向。
死亡者数がまだまだ高止まりだったが、
こちらも減少傾向が見えてきている。

 何より、重症者数が減ってきている。
緊急事態宣言の引き金となった医療状況のひっ迫も、
ある程度緩和されてきているのではないだろうか。

.

 新規感染者数は全国で1300人程度まで落ちてきた。
これは、第三波入口の11月上旬と同レベル。
今日は月曜日だから、3ヶ月ぶりくらいに
1日1000人を切る数字がみられるかも。

 早ければ、今週中にも緊急事態宣言解除の要請が出ると予想する。
週明け、2/22から解除できるところもあるのでは?

.

 この減少傾向はおそらくもう1週間は続くと思う。
ただ、その後は減少傾向がもっと緩やかになると思う。
2週間くらい前から、感染者数が減ってるのが明らかになり、
緊急事態宣言解除?みたいな話が出てきたから。
もちろん、自粛疲れもあるし、緩んでくると思う。

.

 緊急事態宣言に関係なく、
「感染者数が増える」と、自粛する方向に意識がむくので
感染者は減りやすくなる。
 これは、緊急事態宣言の地域以外でもおこる。

 逆に、「感染者数が減る」と、自粛の意識が緩む。
結果として、感染者は増えやすくなる。

 私は緊急事態宣言の早期解除には反対だったし、
そういう話題が出ること自体も望ましくないと思っていた。
だって、そんな話すればみんな緩むやん?

 1週間前の時点で、2週後(つまり今週)
感染者数も重症者数も減ってるのは予想ができていた。
だから、無理やり解除できないこともなかった。

 そうしなかったのは、そうすると、そのさらに2週後に
再び増加に転じる可能性が高まるから。
もうちょっと下げておかないと、次は本当にもたない。

.

 緊急事態宣言の解除にあたって、
一番重要なのは、「出口戦略」だ。
緊急事態宣言を解除した瞬間から、
新規感染者数がさらに増え始めると、
あっという間に第4波が来るかも知れない。

 季節性がどこまであるのかわからないけど、
日本はまだ寒いぞ?
せめて3月末までおとなしくしてほしい。

 緊急事態宣言を解除するためには、
「実効再生産数が1を大きく超えない」対策が必要。
野放しにすることはできない。

.

 今回で、緊急事態宣言は最後にしたいはずだ。

「なぜ、緊急事態宣言を出さざるをえなかったのか」
という、検証と反省も絶対に必要だ。
 もちろん、Goto事業を継続したのも理由の一つだが、
それだけが全てではない。

 医療体制が全然足りなかったのも明らかになった。
第一波が終わってから、いったい何してたんだ?
確かに、収束する可能性もあったけど、
冬になるともっと大きな波が来る可能性も高いのは
関係者ならわかっていたはずだろう。

 もちろん、何もしていなかったとは思わないが、
対策が足りなかったことも明らかだと思う。

 感染状況が下火になっているうちに、
こういった検証や対策を進めていかなければ、
また同じことの繰り返しになってしまう。

.

 先週末、福島県沖でマグニチュード7を超える地震があった。
最大深度6強というのは、かなりの大地震だ。

 にも関わらず、日本の被害はおそろしく少ないと思う。
「津波さえ来なければ大丈夫」
過信かも知れないが、私もそう思ったし、事実そうだった。

 地震に対する備えは、飛躍的に進歩している。
それは、過去の被害に対する反省があってこそだ。

.

 それは、感染症に対しても同じこと。
何度も失敗して被害を出すかもしれないけれども、
失敗から学び、対応策をブラッシュアップしていけばよい。

日本は、「マグニチュード7程度の地震、恐れるに足らず」
という耐震体制がとれている。

 第4波に対しても、
この程度の感染症なら、制御できる」と言えるだけの
準備をしてほしいと思う。

 

| | コメント (0)

緊急事態宣言延長だが。


 2/7まで、の予定だった緊急事態宣言は、栃木県しか解除できず。
首都圏や関西圏等は、3/7まで延長となった。

ま、予想通りやね。
1ヶ月で終わる訳なかろ。

 ただ、予想以上に感染者が減っているのも確か。
1月中旬での実効再生産数は0.8を下回る。
飲食の時短要請頼み、というピンポイントな
緊急事態宣言だったけど、予想以上に効果をあげている。

 それでも2/7に解除できなかったのは、
スタートが遅すぎたからだろう。
あそこまで増えてしまうと、なかなか減らない。

.

 私の所感を時系列で並べてみる。

.

1/6

 かなり強力な規制をかけたとしても、
2週間で新規感染者半減くらいだろう。
1か月で4分の1になったとしても、
まだ1日400人くらいな訳で。(東京)
これでも医療は厳しいだろ。

.

1/14

 たかだかあれだけの規制では、
とても感染者を減らすことはできないだろう、
という批判もある。

 うん、私もそう思うよ。

 でもね、やるしかないじゃないか。

 逆に、これで感染者数抑え込めたら、
日本の民度、半端ないって」にならんか?
政府の力ではなく、国民の力で抑え込もうよ。

.

1/21

 今、見えてるのは緊急事態宣言発出前後の感染者が多い。
東京は大みそかで初の4桁が出て、緊張感が一気に高まった。
その効果が出てきているともいえる。

 つまり、緊急事態宣言の効果が本格的に見えてくるのはここからだ
ここから、一気に減ってくれれば政府の予定通り2/7の解除もある?
正直、かなり厳しいと思っているが。
希望がない訳ではない。

.

1/27

 感染者数は、明らかに減少傾向になっている。
東京は一番多いときで1日2400人を超えていたが、
ここ数日は1000人前後。

 来週の今頃には、緊急事態宣言の延長が(おそらく)決まるだろう。
でも、ゴールが見えてきた、という感じにもなってると予想する。
もう一息、がんばろう。

.

 こんな感じ。

 本当にゴールが見えてきてる。
日本の民度、マジ半端ないって。

 世界中見まわして、
この程度の規制でここまで感染者減らした国あるのか?
と思う。

 政府にはいろいろ批判あるだろうけど、
これは本当にすごいことだと思うよ?

.

 さて、おそらく2月中には宣言解除されるだろう。
あとは、出口戦略の問題になる。

 解除したとたんに実効再生産数が1を超えたら、
今までの苦労がすべて水の泡だ。

 大阪は、11月から規制がかかり、
徐々に感染者を減らしていったけれども、
年末年始の感染拡大ですべて吹き飛んでしまった。
 同じ失敗を繰り返してはならない。
減らすのは苦労するが、増えるのはアッと言う間。

.

 少なくともGotoトラベルは当面凍結。
会食を抑えることを考えると、Gotoイートも考え直した方が。
それか、「同居家族以外との外食自粛」を強く要請するか。

 春休みは、まだ移動は控えた方がよい。
ゴールデンウィーク目指して、耐える時間だろう。

 もう、緊急事態宣言は嫌でしょう?
これが最後にしようよ。
あとは、ワクチンの効果に期待する。

 ワクチンの接種が始まって一ヶ月以上。
世界的にも新規感染者の数は減ってきている。
もちろん、ワクチンだけの効果ではないだろうけど、
1年間広がり続けてきた新型コロナが、
この1ヶ月で明らかに減少した。
 ようやく、人類が優位に立ったんだ。

 人類の本気。まじぱねぇ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧